人生にゲームをプラスするメディア

「ガルパン 劇場版」ついに興収10億円の大台へ、「ラブライブ!」は28.4億円

その他 アニメ

「ガルパン 劇場版」ついに興収10億円の大台へ、「ラブライブ!」は28.4億円
  • 「ガルパン 劇場版」ついに興収10億円の大台へ、「ラブライブ!」は28.4億円
2015年11月21日に公開された『ガールズ&パンツァー 劇場版』の興行収入が10億円の大台に達したことが分かった。1月27日に、映画配給の大手4社から構成される日本映画製作者連盟(映連)は、2015年の映画興行の概要を発表した。
毎年恒例となる前年度公開映画で興行収入10億円を超えた作品のリストに『ガールズ&パンツァー 劇場版』がリストアップされた。興行収入は10億円とされ、映画のヒットの目安とされる10億円の大台を超えたことになる。

『ガールズ&パンツァー』は、2012年にオリジナルテレビアニメシリーズとしてテレビ放送された。監督は『SHIROBAKO』や『監獄学園』などのヒットメーカー水島努、脚本は吉田玲子と実力派を起用した。戦車と美少女の取り合わせ、意表を突いた世界観から人気を呼んだ。
映画はテレビシリーズの後日談を完全新作で描いたが、迫力の戦車の表現などからクチコミで人気が広がりヒットにつながった。公開から2ヵ月を超えるが作品は依然ロングランで公開中、2月20日には新たに全国30館で、4DXの上映がスタートする。こうしたなかで本作は最終的に興収10億円を超えることになる。なおショウゲート配給で、映連のリストに挙がったのは『ガールズ&パンツァー 劇場版』だけである。

アニメ映画のヒット作は多いが、深夜アニメ発で興収10億円を超えるものは多くない。2015年度は『ガールズ&パンツァー 劇場版』以外では、6月公開の『ラブライブ!The School Idol Movie』が28億4000万円という大記録を築いている。こちらは2015年度の邦画でランキング8位、松竹配給の映画ではトップとなっている。
また『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のスタッフ再結集した劇場オリジナル『心が叫びたがってるんだ。』は、11.2億円。こちらはアニメ製作会社のアニプレックスが自ら配給しての成績という点でも注目されるだろう。

「ガールズ&パンツァー 劇場版」興収10億円に 「ラブライブ!」は28.4億円

《animeanime》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  2. 【特集】『知られざるカルトホラーゲーム』7選

    【特集】『知られざるカルトホラーゲーム』7選

  3. 【特集】ゲームタイトルを関西弁にしてみたら面白かった8選

    【特集】ゲームタイトルを関西弁にしてみたら面白かった8選

  4. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  5. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームのプロデューサーを呼び捨てして罵倒するという悪意

  6. バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

  7. 「ポプテピピック」ポプ子&ピピ美のねんどろいどが再販決定! あの名シーンも再現可能

  8. USJの『ファイナルファンタジー XRライド』が半端なかったレポ!VR技術でミッドガルに行ってきました編

  9. 【週刊インサイド】『スプラトゥーン2』注目ブキや前作との違いが話題に―PS4『GRANBLUE FANTASY Re: LINK(仮)』プレイ映像にも興味津々

アクセスランキングをもっと見る