人生にゲームをプラスするメディア

「ガルパン 劇場版」ついに興収10億円の大台へ、「ラブライブ!」は28.4億円

その他 アニメ

「ガルパン 劇場版」ついに興収10億円の大台へ、「ラブライブ!」は28.4億円
  • 「ガルパン 劇場版」ついに興収10億円の大台へ、「ラブライブ!」は28.4億円
2015年11月21日に公開された『ガールズ&パンツァー 劇場版』の興行収入が10億円の大台に達したことが分かった。1月27日に、映画配給の大手4社から構成される日本映画製作者連盟(映連)は、2015年の映画興行の概要を発表した。
毎年恒例となる前年度公開映画で興行収入10億円を超えた作品のリストに『ガールズ&パンツァー 劇場版』がリストアップされた。興行収入は10億円とされ、映画のヒットの目安とされる10億円の大台を超えたことになる。

『ガールズ&パンツァー』は、2012年にオリジナルテレビアニメシリーズとしてテレビ放送された。監督は『SHIROBAKO』や『監獄学園』などのヒットメーカー水島努、脚本は吉田玲子と実力派を起用した。戦車と美少女の取り合わせ、意表を突いた世界観から人気を呼んだ。
映画はテレビシリーズの後日談を完全新作で描いたが、迫力の戦車の表現などからクチコミで人気が広がりヒットにつながった。公開から2ヵ月を超えるが作品は依然ロングランで公開中、2月20日には新たに全国30館で、4DXの上映がスタートする。こうしたなかで本作は最終的に興収10億円を超えることになる。なおショウゲート配給で、映連のリストに挙がったのは『ガールズ&パンツァー 劇場版』だけである。

アニメ映画のヒット作は多いが、深夜アニメ発で興収10億円を超えるものは多くない。2015年度は『ガールズ&パンツァー 劇場版』以外では、6月公開の『ラブライブ!The School Idol Movie』が28億4000万円という大記録を築いている。こちらは2015年度の邦画でランキング8位、松竹配給の映画ではトップとなっている。
また『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のスタッフ再結集した劇場オリジナル『心が叫びたがってるんだ。』は、11.2億円。こちらはアニメ製作会社のアニプレックスが自ら配給しての成績という点でも注目されるだろう。

「ガールズ&パンツァー 劇場版」興収10億円に 「ラブライブ!」は28.4億円

《animeanime》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』サントラが今夏発売―初回限定盤には「ハイカライブ」映像が!

    『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』サントラが今夏発売―初回限定盤には「ハイカライブ」映像が!

  2. 『モンスターハンター もふもふわーるど』開催-テトルーやプーギーが可愛く登場♪

    『モンスターハンター もふもふわーるど』開催-テトルーやプーギーが可愛く登場♪

  3. 【昨日のまとめ】Steam版『ニーア オートマタ』半額セール、『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善を予告、『FGO』リリース1000日突破キャンペーンがを4月24日に実施…など(4/23)

    【昨日のまとめ】Steam版『ニーア オートマタ』半額セール、『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善を予告、『FGO』リリース1000日突破キャンペーンがを4月24日に実施…など(4/23)

  4. アナログゲーム『新幕 桜降る代に決闘を』5月5日・6日に先行販売! デジタル版も『新幕』のシステムに準拠

  5. 【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』無料大型アプデ第2弾に読者の関心が集中! 新古龍「マム・タロト」や重ね着装備など気になる要素が多々

  6. DMM.comが合同会社に組織変更、DMM.comラボとの合併も明らかに─意思決定の迅速化と事業推進の効率化を目指す

  7. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  8. 『GUILTY GEAR Xrd』ディズィーを海外メーカーKinetiquettesが立体化!独特の雰囲気に注目

  9. 日本のゲーマーは“カジュアル”と“ヘビー”に2極化─プレイ時間やジャンルの傾向などをグローバルに調査

アクセスランキングをもっと見る