人生にゲームをプラスするメディア

漫画「ムシブギョー」に盗用疑惑?新キャラのデザインが変更に

その他 全般

『少女前線』の“モーゼルKar98K”
  • 『少女前線』の“モーゼルKar98K”
  • 「常住戦陣!!ムシブギョー」22巻
  • 漫画「ムシブギョー」に盗用疑惑?新キャラのデザインが変更に
少年サンデー編集部の公式Twitterアカウントにて、同誌で連載中の「常住戦陣!!ムシブギョー」に登場した新キャラクターのデザインを、第9号より変更すると発表されました。

1月18日に、最新刊となる22巻が発売を迎えたばかりの「常住戦陣!!ムシブギョー」。連載も好評を博しており、少年サンデー6・7号に掲載された本編では新キャラクター“壱与”が登場し、今後どのような活躍を遂げるのかとファンを中心に関心が寄せられていました。

ですがこの“壱与”のデザインが、中国のゲームメーカー「Wave-Games」が2016年夏の配信予定しているスマートフォン向けアプリ『少女前線』に登場するキャラクター“モーゼルKar98K”と酷似しているのでは、との声が挙がります。

Wave-Gamesより提供

その発端となったのは、『少女前線』の開発に関わるphantania氏。自身のTwitterアカウントにて“モーゼルKar98K”と“壱与”の比較画像を公開し、両者のデザインが酷似していると指摘していました。


なお“モーゼルKar98K”のデザインは、国内向け『少女前線』公式Twitterにて、2015年10月24日に全身図のお披露目を迎えています。また同年8月6日に公開された画像の中に、“モーゼルKar98K”の姿も。『少女前線』の公式Twitter上だけでも、約五ヶ月ほど前から“モーゼルKar98K”のデザインが存在していたことが確認できます。


そしてこのたび少年サンデー編集部は公式Twitterにて、「海外ゲームのキャラに似ているとの指摘を受け、無用の誤解を与えてるのは本意ではない」とし、第9号よりキャラデザインを変更すると発表しました。この告知の中では具体的なゲーム名に触れていませんが、時期や前後関係からみるに、phantania氏が指摘した件と考えて間違いないでしょう。

大きな問題となる前に回避する動きにより、今回の一件はこのまま収束していく気配を見せています。そのため、偶然の一致という可能性も含めた、このような事態が起きた経緯や原因に関しての解明は、不透明のまま結末を迎えるかもしれません。

なお、少年サンデー編集部がデザイン変更を発表したためか、発端となったphantania氏の呟きは現在削除されています。また、「言いたいことはあるけど、黙っておく」との心情と姿勢を吐露しました。


《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. たつき監督、アニメ「けものフレンズ」から離れることを明らかに―ファンからは離脱を嘆く声

    たつき監督、アニメ「けものフレンズ」から離れることを明らかに―ファンからは離脱を嘆く声

  2. 【TGS2017】コスプレブースを彩ったコスプレイヤーたちを写真100枚でお届け!

    【TGS2017】コスプレブースを彩ったコスプレイヤーたちを写真100枚でお届け!

  3. 【昨日のまとめ】たつき監督がアニメ「けものフレンズ」から離れる、『D×2 真・女神転生 リベレーション』インタビュー、スイッチ/PS4『LOST SPHEAR』体験版が配信…など(9/25)

    【昨日のまとめ】たつき監督がアニメ「けものフレンズ」から離れる、『D×2 真・女神転生 リベレーション』インタビュー、スイッチ/PS4『LOST SPHEAR』体験版が配信…など(9/25)

  4. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  5. 【特集】もうバカにされない「オンラインゲーム英語スラングまとめ」

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 【TGS2017】会場を飾る素敵なコンパニオンさんを紹介!Part1

  8. 「エンターテインメントという薬」予約開始―松山洋氏がゲーム業界の片隅で起きた小さな奇跡を綴るノンフィクション書籍

  9. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

  10. 【週刊インサイド】「あなたが好きな『ファイアーエムブレム』作品は?」の結果に関心集中!『FGO』気になるキャンペーンやスイッチ本体に隠れていた機能も要チェック

アクセスランキングをもっと見る