人生にゲームをプラスするメディア

『龍が如く6』先行体験版は1月28日正午ごろ解禁、画面写真も公開

セガゲームス コンシューマ・オンライン カンパニーは、、PS4/PS3『龍が如く 極』に付属する『龍が如く6(仮称)』先行体験版を、2016年1月28日正午ごろから配信すると発表しました。

ソニー PS4
『龍が如く6』先行体験版は1月28日正午ごろ解禁、画面写真も公開
  • 『龍が如く6』先行体験版は1月28日正午ごろ解禁、画面写真も公開
  • 『龍が如く6』先行体験版は1月28日正午ごろ解禁、画面写真も公開
  • 『龍が如く6』先行体験版は1月28日正午ごろ解禁、画面写真も公開
  • 『龍が如く6』先行体験版は1月28日正午ごろ解禁、画面写真も公開
  • 『龍が如く6』先行体験版は1月28日正午ごろ解禁、画面写真も公開
  • 『龍が如く6』先行体験版は1月28日正午ごろ解禁、画面写真も公開
  • 『龍が如く6』先行体験版は1月28日正午ごろ解禁、画面写真も公開
  • 『龍が如く6』先行体験版は1月28日正午ごろ解禁、画面写真も公開
セガゲームス コンシューマ・オンライン カンパニーは、、PS4/PS3『龍が如く 極』に付属する『龍が如く6(仮称)』先行体験版を、2016年1月28日正午ごろから配信すると発表しました。

『龍が如く6(仮称)』先行体験版では、従来の『龍が如く』シリーズから進歩したゲームをいち早くプレイすることが可能。舞台である東京・神室町で展開されるドラマシーンやバトル、そしてアドベンチャーパートは、革新的な進化を遂げているとのこと。


なお、『龍が如く 極』は2016年1月21日発売予定ですが、その時点では先行体験版のプレイは不可能です。1月28日正午ごろからPlayStation Store上に登場し、DLすることが可能になります。

■『龍が如く6(仮称)』先行体験版 画面写真








●【注意事項】
・『龍が如く6(仮称)』先行体験版はPlayStation 4専用ソフトウェアです。

・『龍が如く6(仮称)』先行体験版プロダクトコードを使用するには、インターネットへの接続が必要です。

・『龍が如く6(仮称)』先行体験版プロダクトコードは、『龍が如く 極』PlayStation 4版、PlayStation 3版共に同梱されています。

・2016年1月28日(木)正午頃からPlayStation 4またはWEBのPlayStation Storeより検索の上、ダウンロードが可能です。

・1月21日(木)『龍が如く 極』発売時点では、『龍が如く6(仮称)』先行体験版プロダクトコードを使用して本先行体験版をプレイすることはできません。

・1月21日(木)時点でPlayStation Storeにてプロダクトコードを入力すると、『龍が如く6(仮称)』先行体験版ダウンロードの権利が付与されます。1月28日(木)以降、PlayStation Storeにて検索およびダウンロードをすることで、本先行体験版をプレイすることが可能になります。(1月21日(木)にPlayStationStoreで配信予定のダウンロード版をご購入した場合は、『龍が如く6(仮称)』先行体験版ダウンロードの権利が自動的に付与されています。)

・入手した権利の有無の確認は、PlayStation 4の場合は機能画面にある[設定]→[PlayStation Network/アカウント管理]→[アカウント情報]→[サービスリスト]より、PlayStation 3の場合は、PlayStation Network列の[アカウント管理]→[購入管理]→[サービスリスト]より行えます。(確認できるのは“本先行体験版ダウンロード権利の有無”で、プレイできる機種はPlayStation 4のみです。)

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『龍が如く 極』は2016年1月21日発売予定。価格はパッケージ・DL版ともに6,490円(税別)です。

『龍が如く6(仮称)』は2016年秋発売予定です。

(C)SEGA
《すしし》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

    『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

  2. 『Fall Guys』ガチで勝ちたいあなたにおくる12のテクニック!ショートカットやID表示で差をつけよう

    『Fall Guys』ガチで勝ちたいあなたにおくる12のテクニック!ショートカットやID表示で差をつけよう

  3. 『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

    『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

  4. 『ELDEN RING』「魔術師セレン」の素顔はホントに可憐だったのか?そのヒントが、学院の「討論室」にあった

  5. 『原神』魈のキャラエピから見える“夜叉たち”の悲劇―世界任務「夜叉の願い」が理解できて面白い!

  6. ダンブルドアの登場にも期待!?『ホグワーツ・レガシー』に期待する3つのコト

  7. PS5の“クリエイトボタン”では何ができる?よりスムーズになった機能を体験

  8. 「七つの大罪」はもう古い!?『原神』新キャラたちの元ネタとなった“オタクの新教養”

  9. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  10. 『初音ミク -Project DIVA- X』「愛の詩」「脳内革命ガール」など収録楽曲&モジュールが公開 ─ スキルやエレメントの情報も

アクセスランキングをもっと見る