人生にゲームをプラスするメディア

「ひぐらしのなく頃に」ドラマ化決定!地上波では実現できない過激な内容に

その他 全般

「ひぐらしのなく頃に」ドラマ化決定 主要キャストはNGT48のメンバーで16年5月スタート
  • 「ひぐらしのなく頃に」ドラマ化決定 主要キャストはNGT48のメンバーで16年5月スタート
竜騎士 07の大ベストセラーサウンドノベル『ひぐらしのなく頃に』が、テレビドラマ化されることが明らかになった。映画やテレビアニメ、マンガなど様々なメディア展開をしてきたシリーズだが、テレビドラマ化は今回が初である。
番組はBSスカパー!オリジナル連続ドラマとなり、2016年5月よりBS スカパー !で放送開始予定。全8話、各話60分枠を予定している。たっぷりとした内容で、傑作ホラーを描きだす。スカパー!によれば、地上波ドラマでは実現できない過激なホラー演出や描写をリアルに再現するという。BSの特徴を活かしたドラマづくりに期待がかかる。

さらに大きな話題を呼びそうなのは、主要キャストをNGT48のメンバーが演じることだろう。しかも、現時点でキャストは決まっておらず、オーディションによって決定する。オーディションは近日開催予定だ。
キャストは決定次第、順次発表としている。こちらもファンに気になるところだろう。NGT48は新潟を拠点に活動するアイドルユニット、2015年にスタートした。1月10日には自身の劇場デビューを飾ったばかり、2016年はスタートから話題が集まり今後の活躍を期待させる。
そして『ひぐらしのなく頃に』人気キャラクターをどのメンバーが演じるのか?今後の情報を待ちたい。

『ひぐらしのなく頃に』はサウンドノベルのホラーゲームとして2002年から2006年に4編が発表された。これが口コミで人気が広がり、大きなムーブメントを巻き起こした。
作品の舞台は昔から伝わる「綿流し」という神事を毎年続ける雛見沢村だ。そこで起こる凄惨な連続怪死・失踪事件の謎解きになっている。主人公の圭一はこれに巻き込まれ、やがて非日常の世界に足を踏み出す。その衝撃的なストーリー、結末も話題を呼んだ。
2015年にはいままでのコンシューマゲーム作品全てを収録した『ひぐらしのなく頃に粋』も発売されている。

BS スカパー ! オリジナル連続ドラマ「 ひぐらしのなく頃に」
放送時期: 2016年5月~(予定) 毎週金曜日21時~
話数: 全8話(各話60分)(予定)
チャンネル: BS スカパー !(BS241/プレミアムサービス585)

原作: 竜騎士 07 「ひぐらしのなく頃に」
演出: 大塚徹 宮岡太郎
脚本: 長谷川徹
製作協力: MMJ (メディアミックス・ジャパン)
製作著作: スカパー !
(C)竜騎士07 / 07th Expansion

「ひぐらしのなく頃に」ドラマ化決定 主要キャストはNGT48のメンバーで16年5月スタート

《animeanime》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『モンスターハンター もふもふわーるど』開催-テトルーやプーギーが可愛く登場♪

    『モンスターハンター もふもふわーるど』開催-テトルーやプーギーが可愛く登場♪

  2. 『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』サントラが今夏発売―初回限定盤には「ハイカライブ」映像が!

    『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』サントラが今夏発売―初回限定盤には「ハイカライブ」映像が!

  3. アナログゲーム『新幕 桜降る代に決闘を』5月5日・6日に先行販売! デジタル版も『新幕』のシステムに準拠

    アナログゲーム『新幕 桜降る代に決闘を』5月5日・6日に先行販売! デジタル版も『新幕』のシステムに準拠

  4. 【昨日のまとめ】Steam版『ニーア オートマタ』半額セール、『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善を予告、『FGO』リリース1000日突破キャンペーンがを4月24日に実施…など(4/23)

  5. 『モンハン:ワールド』「狩王決定戦2018 東京大会」フォトレポ―ハイレベル過ぎる技の数々に会場大興奮!

  6. DMM.comが合同会社に組織変更、DMM.comラボとの合併も明らかに─意思決定の迅速化と事業推進の効率化を目指す

  7. ガンダムシリーズ最新作「NT」発表! 福井晴敏による脚本で「UC」のその先を描く

  8. 【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』無料大型アプデ第2弾に読者の関心が集中! 新古龍「マム・タロト」や重ね着装備など気になる要素が多々

  9. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  10. サバイバルゲームは現代人に飢えを思い出させてくれる ─ そしてその楽しみは“一瞬のきらめき”【コラム】

アクセスランキングをもっと見る