人生にゲームをプラスするメディア

Pepperくん、IBMの人工知能「Watson」搭載へ…データの深い意味を把握できるように

その他 全般

Pepperの利用シーン(開発元のAldebaranのサイトより)
  • Pepperの利用シーン(開発元のAldebaranのサイトより)
  • 感情認識パーソナルロボット「Pepper」
  • 「IBM Watson」紹介ページ
 米IBMとソフトバンクロボティクスホールディングス(SBRH)は米国時間6日、人型ロボット「Pepper」向けに「IBM Watson」を新たに開発する計画を発表した。

 「Watson」はIBMが開発している人工知能(コグニティブ・コンピューティング・システム)。質疑応答といった人間とのやりとりを繰り返し、自分で仮説を立て、知識を自己学習するのが特徴だ。これにより、専門家をサポートし、意志決定を支援するといったことも可能としている。IBM内には、医師、研究者、保険会社、保健組織の能力の向上を図る「IBM Watson Health」、90億以上のネットに接続された機器に組み込まれたデータを理解するための「IBM Watson IoT」などのビジネスユニットがある。

 今回、「Pepper」に「Watson」が搭載されることで、ソーシャルメディア、ビデオ、画像およびテキストといったデータの深い意味を、Pepperが把握できるようになるという。IBM Watsonのソフトウェア開発キット(SDK)も提供され、さまざまなカスタマイズも可能。教師アシスタントから看護補助まで、いままで以上にPepperの活用領域が広がることとなる。

 IBM Watsonのマイク・ローディン上級副社長は、「PepperについてSBRHと提携することで、より多くの人がIBM Watsonを体験し利用することが可能になります。コグニティブの機能を搭載したロボットとの実際のやり取りを経験したとき、人々が密接に携わりながら、新しくエキサイティングな価値をこの技術から見出すことを目の当たりにするでしょう」とのコメントを寄せている。

ソフトバンク「Pepper」、IBMの人工知能「Watson」を搭載へ

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『デレマス』城ヶ崎美嘉が60cm大の“スマートドール”で初お披露目!

    『デレマス』城ヶ崎美嘉が60cm大の“スマートドール”で初お披露目!

  2. 「ゾイドワイルド」ついに発売!リアルムービングキットの第1弾をさっそく「復元」してみた【特集】

    「ゾイドワイルド」ついに発売!リアルムービングキットの第1弾をさっそく「復元」してみた【特集】

  3. 60cm大ドール“ドルフィードリーム”で『デレマス』の「高垣楓」が登場!

    60cm大ドール“ドルフィードリーム”で『デレマス』の「高垣楓」が登場!

  4. 「NEOGEO mini」周辺機器をチェック! 専用コントローラーや本体に貼るステッカーなどが同日発売─早くも売り切れ続出

  5. 「NEOGEO mini」7月24日に発売決定! 価格は11,500円(税別)に

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 【昨日のまとめ】「NEOGEO mini」7月24日に発売決定―周辺機器は売り切れ続出、『スマブラSP』約10年ぶりの参戦となる「アイスクライマー」の勇姿を映像で紹介…など(6/22)

  8. 会場で「NEOGEO mini」を発見!気になるサイズや操作性をチェック【E3 2018】

  9. 収録タイトルも判明!「NEOGEO mini」は今夏発売予定―100メガショックを手のひらに

アクセスランキングをもっと見る