人生にゲームをプラスするメディア

「Oculus Rift」価格/仕様についてCEOがコメント ― 金額差などは「考慮されているもの」

ゲームビジネス VR

「Oculus Rift」価格/仕様についてCEOがコメント ― 金額差などは「考慮されているもの」
  • 「Oculus Rift」価格/仕様についてCEOがコメント ― 金額差などは「考慮されているもの」
1月7日未明、いよいよ予約受付がスタートし価格設定や出荷時期が明かされた製品版「Oculus Rift」。世界的な注目を集めるこのデバイスを手掛けたOculus VRのCEOパーマー・ラッキー氏から、製品に関するツイートが投稿されています。

「Oculus Rift」の日本からの購入価格は9万4,600円ほど。各地域のユーザーからは製品の金額差に疑問の声が届けられていましたが、ラッキー氏曰く「万事において考慮している」とのこと。同氏がTwitterで語った「価格設定」や「商品仕様」の詳細は以下の通りです。

■パーマー・ラッキー氏のコメント
・ブログでは触れていませんでしたが、同梱されるコントローラーには無線用アダプターが付属しています。

・「Rift」の各地域価格は、意図的に吊り上げているわけではありません。税金について鑑みる必要がありますし、米国での「売上税」の扱いは異なるものです。

・実際のところ、いくつかの国では米国よりもわずかに安く購入できるし、全体的に考慮されています。私達には州ごとの「売上税」が課されていることを念頭に置いてください。

・「Rift」とPCのバンドルセット価格は1,499ドルから設定されています。これより安い環境を構築することもできるでしょうが、一般的なユーザーには良いオプションです。

・繰り返しますが、私達はお金儲けの為に「Rift」を製造したのではありません。ハイエンドVR機器は高価ですけれど、「Rift」はびっくりするほど安いのです。

・一部のユーザーの間で、不正な予約注文がキャンセルされて出荷日が前倒しになるケースが発生しています。しばらくお待ちください。

・バンドルされたXbox Oneコントローラーのコストは「Rift」製品価格にほとんど加えられていませんし、開発者に一貫した目的を与えています。不要なら売ってしまってください!

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

    「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

  2. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

    【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  3. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

    アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  4. 安価で手軽なスマホVRゴーグル「400-MEDIVR1_2」発売

  5. 2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

  6. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  7. 【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

  8. 任天堂宮本氏「いつか引退する時のために準備は行っている」

  9. レジーが遂に社長に!―君島氏は会長兼CEOに(2)

  10. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

アクセスランキングをもっと見る