人生にゲームをプラスするメディア

実写版「テラフォーマーズ」小栗旬演じる“本多晃博士”のメイキングカット公開

その他 映画

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
伊藤英明、武井咲、山下智久、山田孝之、小栗旬ら超豪華キャストで、火星での“ある闘い”を描いた大ヒット漫画を完全映画化する『テラフォーマーズ』。このほど、本作で火星地球化=<テラフォーミング>計画の鍵を握る“本多晃博士”を演じた、小栗さんのメイキングカットが解禁となった。

物語の舞台は、2599年、人口増加により貧富の差が激しくなっている日本。だが、次の移住先として火星を地球化する<テラフォーミング>計画では、まず異常進化してしまった“ある生物”を駆除する必要があった。そこで送り込まれたのが、何も知らない15人の日本人。火星に着いた彼らが遭遇したのは、“ある生物”がヒト型に進化した“テラフォーマー”だった――。

人類と最強最悪の敵との未来をかけた究極の戦いを三池崇史監督のメガホンで描く、アクションエンターテイメントとなる本作。豪華キャストに加え、主題歌を「三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE」が担当することでも話題を呼んでいる。

そんな中、解禁となったのは、小旬さんが演じる本多博士の姿。貧富の差が激しくなり、スラムと化した日本の街で、小町小吉(伊藤英明)ら“バグス2号”の乗組員候補者たちを迎えに行くシーンだという。

人口激増によるエネルギー問題で地球がパンク寸前、という時代に立てられた“火星移住計画”。だが、太陽光を吸収できない火星の平均気温はマイナス58度しかなく、人類が住めるような環境ではなかったため、まず、“火星を温めること”が必要だった。そこで最初に、火星の地表を“黒く染め”大地を温め上げるため、大量のコケと火星の過酷な環境でも生きられる“ある生物”が送り込まれたのだ。その火星地球化<テラフォーミング計画>が行われてから500年後に、本多によって選ばれた者たちが宇宙船“バグス2号”に乗り、火星での宇宙一大掛かりな“害虫駆除”へと向かうことになる。

しかも、本多が行った“バグス2号”の乗組員選抜にはある“危険な選考基準”があり、その選考基準を満たした15人の日本人には本多から“特殊能力”が与えられているという。そもそも、なぜ、特殊能力が必要なのか? 簡単に稼げる仕事だと思い、何も知らされず送り込まれた、小吉をはじめとする個性豊かな15人の運命は!?

先日解禁されたポスタービジュアルでも話題を集めたのが、ホログラムで火星に浮かぶ、やけにおしゃれでカッコいい本多の姿。今回のメイキングカットでも、クールで“怪しげ”な雰囲気が全開だ。15人の運命のみならず、日本の運命を握る、原作とは一風変わった装いの小栗さんが演じる本多のキャラクターに、ぜひ注目してみて。

『テラフォーマーズ』は4月29日(金・祝)より全国にて公開。

小栗旬、“火星地球化”の鍵を握る男のメイキング写真到着!『テラフォーマーズ』

《text:cinemacafe.net》

その他 アクセスランキング

  1. 【TGS2017】“どこかで見たような”汎用ゲームパッドが展示……スイッチにも対応

    【TGS2017】“どこかで見たような”汎用ゲームパッドが展示……スイッチにも対応

  2. 【特集】『時代を先取りしすぎたゲーム』5選

    【特集】『時代を先取りしすぎたゲーム』5選

  3. 【特集】「不気味すぎるゲーム会社ロゴ映像」10選

    【特集】「不気味すぎるゲーム会社ロゴ映像」10選

  4. 【特集】ゲームが100倍楽しくなる「フレンド育成マニュアル」

  5. 【昨日のまとめ】『モンハン:ワールド』キャラクリ要素を紹介したステージレポ、『アイドルマスター ステラステージ』新人アイドル「詩花」、『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』予約開始…など(9/23)

  6. 【TGS2017】『モンスターハンター: ワールド』は長蛇の列!エアガンやVR体験まで幅広いカプコンブースレポート

  7. 【TGS2017】会場を飾る素敵なコンパニオンさんを紹介!Part1

  8. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  9. 【TGS2017】『ラブプラス』『メタルギア』『Z.O.E』など、見どころ満載なコナミブースレポート

  10. 【TGS2017】2次元やVRを超えてしまった!?『ぎゃる☆がん2』ステージイベントでリアル突風がスカートに襲いかかる“現実”

アクセスランキングをもっと見る