人生にゲームをプラスするメディア

台湾で過去最大の海賊版販売を摘発…売上高は約8000万円、映画・アニメ・音楽など

その他 全般

 
  •  
2015年11月26日、台湾・台中市において、過去最大級の映画、テレビ番組、音楽などの海賊版製造拠点の摘発が行われた。また海賊版販売サイトを運営していた男女2名を逮捕した。
台湾の内政部警政署保安警察第二総隊刑事警察大隊偵二隊(IPR Police)による家宅捜索では、複製のためのマスターや発送前の在庫、複製前のディスクなどが押収された。DVDやCDは総計5万枚以上にもなった。また製造拠点には、DVDやCDの複製機が108台、パソコン5台、プリンター5台などが置かれていた。
今回の摘発は、日本の一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構(CODA)に要請に基づいてIPRが実施した。また、この取締りは、日本の経済産業省委託事業の一環でもある。

発表によれば逮捕された男女は「優質多媒体影音館」との名称で海賊版販売サイトを運営していた。日本や米国、韓国などの海外の映画やドラマ、アニメ、音楽などを中心に取り扱っていた。
IPR Pの調べによると、逮捕された男女は毎月80万元(約320万円)以上を売り上げていた。また海賊版販売は2年以上にわたり行い、この間に少なくとも2000万元(約8,000万円)以上の売上げがあったとしている。

かつては台湾での海賊版販売は、店舗や露店など直接販売されることが多かった。しかし2011年末頃より、IPRや台湾の機関、日本の一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構(CODA)などが協力して路面での海賊版販売の摘発を積極的に行ってきた。この結果、大規模な海賊販売は市中では見られなくなった。
しかし、他方でインターネットの普及やネット販売の普及が海賊版にも広がった。現在は、オークションやオンラインストレージ、販売サイトを通じた海賊版販売に移行している。逮捕された二人も、海賊版の在庫を持たず、注文を受けてから作成、マンション内で製造し、別の場所で発送するなど、ネットの特性を活かした巧妙なシステムを築いていた。
今回の取り締まりも、こうした新しい状況を反映している。IPRは今後もオンライン上の海賊販売を注視していくとしている。ネットを利用した海賊版販売の摘発は、今後も増えそうだ。

[アニメ!アニメ!ビズ/www.animeanime.bizより転載]

売上高約8000万円 台湾で過去最大の海賊版販売を摘発 映画、アニメ、音楽など

《アニメ!アニメ!ビズ/www.animeanime.biz》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】「歴史に埋もれたカルトなB級FPS」10選

    【特集】「歴史に埋もれたカルトなB級FPS」10選

  2. 【特集】『貧乳ゲームキャラ』15選

    【特集】『貧乳ゲームキャラ』15選

  3. 【昨日のまとめ】『FGO』「下総国ピックアップ2召喚」で40連、『Skyrim VR』発売日決定、『イナズマイレブン アレスの天秤』がスイッチ/PS4/スマホ向けにリリース…など(10/21)

    【昨日のまとめ】『FGO』「下総国ピックアップ2召喚」で40連、『Skyrim VR』発売日決定、『イナズマイレブン アレスの天秤』がスイッチ/PS4/スマホ向けにリリース…など(10/21)

  4. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  5. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  6. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】俺の好きなゲームはクソゲーなんかじゃない!

  7. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  8. 【漫画:ほんにゃかゲーム生活!】第4回 エイム力を上げていこう!コントローラーカスタムパーツ編

  9. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  10. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』シェルタータイプのブキなどの問題を修正、『PUBG』が韓国政界にて言及、今「スーパーマリオ」を全てプレイするにはいくらかかる?…など(10/20)

アクセスランキングをもっと見る