人生にゲームをプラスするメディア

映画「ウォークラフト」2016年日本公開決定!ギネス記録のMMORPGがスクリーンに

その他 漫画

 
  •  
ブリザード・エンターテイメントが創り出した世界的なPCゲームの大ヒット作『ウォークラフト』(原題:Warcraft)が、ハリウッドのメジャースタジオと結びつき空前のビッグムービーとなる。

ユニバーサル・スタジオとレジェンダリー・ピクチャーズは、このゲームを原作にスペクタクル・ファンタジー超大作を製作する。ユニバーサルは2015年に『ワイルド・スピード SKY MISSION』や『ジュラシック・ワールド』など世界的なヒット作を送り出している。2016年は『ウォークラフト』こそが、これと同じ存在となる。

さらにユニバーサルと言えば、『アバター』や『ロード・オブ・ザ・リング』などのファンタジー大作に定評がある。そしてレジェンダリー・ピクチャーズは、『GODZILLA ゴジラ』やダークナイト3部作、『マン・オブ・スティール』『パシフィック・リム』などVFXを活用したスペクタクルな映像に定評がある。まさに『ウォークラフト』にぴったりだ。それだけに作品への期待も高まる。

ブロックバスター映画だけに日本での関心もすでに高くなっている。そうしたなかで2016年の日本公開が決定した。国内配給は東宝東和が担当するそして12月17日には早くも日本語版予告編が公開された。人間とオークのふたつの種族が広大な世界で戦う様子が描かれている。ゲームが生み出した世界観を映画ならではのスケールで実現していることがわかる。



原作となったゲーム「ウォークラフト」シリーズは、3部作で構成されたMMORPGである。PCを介して、多くの人が同時にゲームに参加する。2008年にはプレイヤー数が1000万人を突破、最多登録者数のMMORPGとしてギネス世界記録とされるほどだ。これまでに延べ1億人以上がプレイしたという。その世界には人間、ドワーフ、エルフ、オークといった多くの種族が住んでいる。さらに剣や魔法も登場しファンタジーファンであれば堪らない設定だ。

監督はデビット・ボウイの息子としても知られるダンカン・ジョーンズ。主演はトラヴィス・フィメル、さらにポーラ・パットンやダニエル・ウー、ベン・フォスター、ドミニク・クーパーなどが参加する。レジェンダリー・ピクチャーズのほか、特殊効果にILMなど最先端の映像演出のプロが集結した。映画史新たに名を残す作品が誕生しそうだ。

記事提供元: animeanime
《アニメ!アニメ》

その他 アクセスランキング

  1. 【クイズ】GAMEMANIA!:『FF』特集 ― 『FF III』で初登場したのは?

    【クイズ】GAMEMANIA!:『FF』特集 ― 『FF III』で初登場したのは?

  2. 【週刊インサイド】『PSO2』にルツやアリサが登場! 技術で彩るセイバーコスプレや『BLAZBLUE』『RWBY』『ペルソナ4』などのクロスオーバー格闘ゲーにも注目集まる

    【週刊インサイド】『PSO2』にルツやアリサが登場! 技術で彩るセイバーコスプレや『BLAZBLUE』『RWBY』『ペルソナ4』などのクロスオーバー格闘ゲーにも注目集まる

  3. 『刀剣乱舞』「JINS」とのコラボモデル第2弾の情報を公開、8月3日から予約受付開始!

    『刀剣乱舞』「JINS」とのコラボモデル第2弾の情報を公開、8月3日から予約受付開始!

  4. 『魔界戦記ディスガイア』史上最弱キャラ“プリニー”が「ゆるキャラグランプリ」初参戦!

  5. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  6. 【Inside Of Company】「お洒落すぎる」と話題の株式会社アカツキを見学、受付から想像を超えた世界が……!

  7. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  8. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  9. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームハードの買い時はいつ?

  10. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

アクセスランキングをもっと見る