人生にゲームをプラスするメディア

リアルに“スパイ体験”できるアトラクション施設「in SPY re」新宿に2月オープン!「顔認証システム」導入、ギミックは40以上

その他 全般

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
「謎解きゲーム」「サバゲー」「お化け屋敷」など、いわゆる“リアル系ゲーム”の常設店が増えてきた近年。最近では「カラーガンサバゲー」や「ゾンビラン」など、期間限定のアトラクション型イベントも数多く開催されています。



そんな中、今度はスパイ体験ができる「in SPY re(インスパイヤ)」というお店が東京にオープンします。場所は新宿歌舞伎町で、営業開始日は2016年2月7日です。

【続報】
【レポート】スパイ体験アトラクション施設「in SPY re」に潜入!想像以上にリアルかつ高難易度だった



「in SPY re」はサンヒルズが手がける“ミッション遂行型タイムアタックアトラクション施設”で、朝5:00まで営業しているカフェスペースも用意。施設には40ものギミックが用意されており、挑戦者は1人から5人までのグループで参加し、次々と出されるヒントを基にストーリーを進めていきます。

また同店では、個人の成績データを記録できる「顔認証システム」を導入。このシステムは専用アプリと連動し、ランキングや成績を自身で参照することができます。もちろんユーザー同士が“スパイ”の才能を競い合うことも可能です。

なお、公式サイトには報酬100万円の謎解きキャンペーンの情報が掲載中。気になる方はそちらもお見逃しなく。



■ストーリ
「in SPY re」は、ニューヨークに本部を置く、謀報機関。世界征服をたくらむ悪の組織「BLACK-MAX」を壊滅に追い込むため、日夜諜報活動を遂行中。ある日、「BLACK-MAX」が新宿・歌舞伎町に秘密のアジトを設立した、という情報をキャッチした「in SPY re」は、優秀な頭脳の持ち主とともに「BLACK-MAX」のアジトへ潜入し、内部からの破滅を策略する……。

■店舗情報
●店名
in SPY re新宿サイト

●所在地
歌舞伎町某所

●営業時間
2016年2月7日11時オープン
11時~翌5時(定休日なし)

●料 金
1回980円(税込)
※IDカード新規発行は100円(税込)
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. アナログゲーム『新幕 桜降る代に決闘を』5月5日・6日に先行販売! デジタル版も『新幕』のシステムに準拠

    アナログゲーム『新幕 桜降る代に決闘を』5月5日・6日に先行販売! デジタル版も『新幕』のシステムに準拠

  2. 『モンスターハンター もふもふわーるど』開催-テトルーやプーギーが可愛く登場♪

    『モンスターハンター もふもふわーるど』開催-テトルーやプーギーが可愛く登場♪

  3. 【昨日のまとめ】Steam版『ニーア オートマタ』半額セール、『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善を予告、『FGO』リリース1000日突破キャンペーンがを4月24日に実施…など(4/23)

    【昨日のまとめ】Steam版『ニーア オートマタ』半額セール、『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善を予告、『FGO』リリース1000日突破キャンペーンがを4月24日に実施…など(4/23)

  4. 【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』無料大型アプデ第2弾に読者の関心が集中! 新古龍「マム・タロト」や重ね着装備など気になる要素が多々

  5. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  6. 『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』サントラが今夏発売―初回限定盤には「ハイカライブ」映像が!

  7. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  8. 【特集】ゲームブックはオワコンなのか ― 「ドルアーガの塔」を電子書籍化した幻想迷宮書店が語る今と未来

  9. DMM.comが合同会社に組織変更、DMM.comラボとの合併も明らかに─意思決定の迅速化と事業推進の効率化を目指す

アクセスランキングをもっと見る