人生にゲームをプラスするメディア

リアルに“スパイ体験”できるアトラクション施設「in SPY re」新宿に2月オープン!「顔認証システム」導入、ギミックは40以上

「謎解きゲーム」「サバゲー」「お化け屋敷」など、いわゆる“リアル系ゲーム”の常設店が増えてきた近年。最近では「カラーガンサバゲー」や「ゾンビラン」など、期間限定のアトラクション型イベントも数多く開催されています。

その他 全般
 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
「謎解きゲーム」「サバゲー」「お化け屋敷」など、いわゆる“リアル系ゲーム”の常設店が増えてきた近年。最近では「カラーガンサバゲー」や「ゾンビラン」など、期間限定のアトラクション型イベントも数多く開催されています。



そんな中、今度はスパイ体験ができる「in SPY re(インスパイヤ)」というお店が東京にオープンします。場所は新宿歌舞伎町で、営業開始日は2016年2月7日です。

【続報】
【レポート】スパイ体験アトラクション施設「in SPY re」に潜入!想像以上にリアルかつ高難易度だった



「in SPY re」はサンヒルズが手がける“ミッション遂行型タイムアタックアトラクション施設”で、朝5:00まで営業しているカフェスペースも用意。施設には40ものギミックが用意されており、挑戦者は1人から5人までのグループで参加し、次々と出されるヒントを基にストーリーを進めていきます。

また同店では、個人の成績データを記録できる「顔認証システム」を導入。このシステムは専用アプリと連動し、ランキングや成績を自身で参照することができます。もちろんユーザー同士が“スパイ”の才能を競い合うことも可能です。

なお、公式サイトには報酬100万円の謎解きキャンペーンの情報が掲載中。気になる方はそちらもお見逃しなく。



■ストーリ
「in SPY re」は、ニューヨークに本部を置く、謀報機関。世界征服をたくらむ悪の組織「BLACK-MAX」を壊滅に追い込むため、日夜諜報活動を遂行中。ある日、「BLACK-MAX」が新宿・歌舞伎町に秘密のアジトを設立した、という情報をキャッチした「in SPY re」は、優秀な頭脳の持ち主とともに「BLACK-MAX」のアジトへ潜入し、内部からの破滅を策略する……。

■店舗情報
●店名
in SPY re新宿サイト

●所在地
歌舞伎町某所

●営業時間
2016年2月7日11時オープン
11時~翌5時(定休日なし)

●料 金
1回980円(税込)
※IDカード新規発行は100円(税込)
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『FGO』キャスター/ニトクリスがねんどろいど化!―公式ストア予約特典は「メジェドさま フケイ デアルゾVer.」

    『FGO』キャスター/ニトクリスがねんどろいど化!―公式ストア予約特典は「メジェドさま フケイ デアルゾVer.」

  2. 【コスプレ】マシュや水着ネロ…薄着で頑張るレイヤーさんも!「ホココス2018秋」FGOまとめ【写真57枚】

    【コスプレ】マシュや水着ネロ…薄着で頑張るレイヤーさんも!「ホココス2018秋」FGOまとめ【写真57枚】

  3. ポケモンカード「タッグボルト」12月7日発売!史上最強のピカチュウとイーブイが登場

    ポケモンカード「タッグボルト」12月7日発売!史上最強のピカチュウとイーブイが登場

  4. マクロミル、「eスポーツは日本で浸透するのか?」調査結果を発表─ゲームのプレイ率は75%。種類は「スマホゲーム」がダントツ

  5. アニメ化してほしいゲームは?【家庭用編】3位「ゼルダの伝説」、2位「英伝 閃の軌跡」トップは…

  6. 【今日のゲーム用語】「補正切り」とは ─ 対戦格闘ゲームにおける、上級者向けのテクニック

  7. アメリカ在住の中国コスプレイヤーが魅せる『FGO』マシュの可愛さの破壊力【インタビュー】

  8. 【コスプレ】「ホココス2018秋」美女レイヤーまとめ 人気キャラがホコ天を彩る【写真122枚】

  9. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

アクセスランキングをもっと見る