人生にゲームをプラスするメディア

大河ドラマ「真田丸」戦況説明シーンには『信長の野望』のCG技術を使用、監修はシブサワ・コウ

コーエーテクモゲームスは、同社のゼネラル・プロデューサーであるシブサワ・コウこと襟川陽一氏が、NHK大河ドラマ「真田丸」において技術提供・監修を行うと発表しました。

その他 全般
“シブサワ・コウ”こと襟川陽一氏
  • “シブサワ・コウ”こと襟川陽一氏
  • 『信長の野望・創造 with パワーアップキット』メインビジュアル
  • 『信長の野望・創造 with パワーアップキット』タイトルロゴ
コーエーテクモゲームスは、同社のゼネラル・プロデューサーであるシブサワ・コウこと襟川陽一氏が、NHK大河ドラマ「真田丸」において技術提供・監修を行うと発表しました。

これまで『信長の野望』シリーズをはじめとする数々の歴史シミュレーションゲームを世に送り出してきたコーエーテクモゲームス。そのキーマンであり、『信長の野望』シリーズの生みの親であるシブサワ・コウこと襟川陽一氏が、2016年1月10日より放送開始となるNHK大河ドラマにおいて、技術提供・監修を行うことが決定しました。


また、『信長の野望』シリーズ30周年記念作品『信長の野望・創造』で使用している戦国時代の日本を表現した「フル3D 全国一枚マップ」のCG技術をNHKに提供。大河ドラマ「真田丸」での戦況説明の映像表現として活用されることもあわせて発表されました。


かねてより戦国時代をテーマにしたゲーム制作に情熱を費やしてきた襟川氏とコーエーテクモゲームスの技術と知識が、大河ドラマで発揮されます。戦国武将が活躍するゲームなどが好きな人は、これをきっかけに、大河ドラマ「真田丸」をご覧になってはいかがでしょうか。
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「こちらコロナ禍での撮影時の現実です」―『ウマ娘』ゴルシちゃんならあり得る“コスプレ撮影”の一幕が話題に

    「こちらコロナ禍での撮影時の現実です」―『ウマ娘』ゴルシちゃんならあり得る“コスプレ撮影”の一幕が話題に

  2. セガネタでおなじみの異世界コメディ「異世界おじさん」アニメ化決定!セガ公式も「これは楽しみ!」と反応

    セガネタでおなじみの異世界コメディ「異世界おじさん」アニメ化決定!セガ公式も「これは楽しみ!」と反応

  3. 『ポケカ』「イーブイヒーローズ」が「しまむら」オンラインストアで販売!“ファッションセンター”からの意外な予告ー6月19日午前9時から限定500点

  4. 『エルシャダイ』の名シーン、実はフリー素材化されていた!使用例として“1番いい使い方”なども紹介

  5. 『Among Us』開発者は大ヒットにより「燃え尽きた」―突如人気になったインディーゲーム開発者が明かす大きな期待を背負う苦労

  6. バーチャルアイドル「東雲めぐ」さんは9月よりフリーとして活動―Gugenkaのバーチャルタレント事業が中止に

  7. アーケードゲームを詰め込んだタイトー「EGRETII mini」収録タイトル追加発表―『奇々怪界』『影の伝説』など10ゲーム

  8. 「かつては私も皮付きだった」―あの“髭剃りシーン”も再現できる『Apex Legends』レヴナントのフィギュアが予約開始

アクセスランキングをもっと見る