人生にゲームをプラスするメディア

大河ドラマ「真田丸」戦況説明シーンには『信長の野望』のCG技術を使用、監修はシブサワ・コウ

その他 全般

“シブサワ・コウ”こと襟川陽一氏
  • “シブサワ・コウ”こと襟川陽一氏
  • 『信長の野望・創造 with パワーアップキット』メインビジュアル
  • 『信長の野望・創造 with パワーアップキット』タイトルロゴ
コーエーテクモゲームスは、同社のゼネラル・プロデューサーであるシブサワ・コウこと襟川陽一氏が、NHK大河ドラマ「真田丸」において技術提供・監修を行うと発表しました。

これまで『信長の野望』シリーズをはじめとする数々の歴史シミュレーションゲームを世に送り出してきたコーエーテクモゲームス。そのキーマンであり、『信長の野望』シリーズの生みの親であるシブサワ・コウこと襟川陽一氏が、2016年1月10日より放送開始となるNHK大河ドラマにおいて、技術提供・監修を行うことが決定しました。


また、『信長の野望』シリーズ30周年記念作品『信長の野望・創造』で使用している戦国時代の日本を表現した「フル3D 全国一枚マップ」のCG技術をNHKに提供。大河ドラマ「真田丸」での戦況説明の映像表現として活用されることもあわせて発表されました。


かねてより戦国時代をテーマにしたゲーム制作に情熱を費やしてきた襟川氏とコーエーテクモゲームスの技術と知識が、大河ドラマで発揮されます。戦国武将が活躍するゲームなどが好きな人は、これをきっかけに、大河ドラマ「真田丸」をご覧になってはいかがでしょうか。
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  2. 【昨日のまとめ】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明監修の「人造人間21号」真の姿とは、「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編、バンダイナムコが動画配信サービスを立ち上げ…など(1/22)

    【昨日のまとめ】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明監修の「人造人間21号」真の姿とは、「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編、バンダイナムコが動画配信サービスを立ち上げ…など(1/22)

  3. バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

    バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

  4. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  5. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームのプロデューサーを呼び捨てして罵倒するという悪意

  6. どのシチュが好み?「#イーブイとデートなうに使っていいよ」が開催中―抽選50名にしっぽクッション、内1名はイーブイが直接手渡し!

  7. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case08「対立」

  8. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case09「奪還・前編」

  9. USJの『ファイナルファンタジー XRライド』が半端なかったレポ!VR技術でミッドガルに行ってきました編

アクセスランキングをもっと見る