人生にゲームをプラスするメディア

大河ドラマ「真田丸」戦況説明シーンには『信長の野望』のCG技術を使用、監修はシブサワ・コウ

コーエーテクモゲームスは、同社のゼネラル・プロデューサーであるシブサワ・コウこと襟川陽一氏が、NHK大河ドラマ「真田丸」において技術提供・監修を行うと発表しました。

その他 全般
“シブサワ・コウ”こと襟川陽一氏
  • “シブサワ・コウ”こと襟川陽一氏
  • 『信長の野望・創造 with パワーアップキット』メインビジュアル
  • 『信長の野望・創造 with パワーアップキット』タイトルロゴ
コーエーテクモゲームスは、同社のゼネラル・プロデューサーであるシブサワ・コウこと襟川陽一氏が、NHK大河ドラマ「真田丸」において技術提供・監修を行うと発表しました。

これまで『信長の野望』シリーズをはじめとする数々の歴史シミュレーションゲームを世に送り出してきたコーエーテクモゲームス。そのキーマンであり、『信長の野望』シリーズの生みの親であるシブサワ・コウこと襟川陽一氏が、2016年1月10日より放送開始となるNHK大河ドラマにおいて、技術提供・監修を行うことが決定しました。


また、『信長の野望』シリーズ30周年記念作品『信長の野望・創造』で使用している戦国時代の日本を表現した「フル3D 全国一枚マップ」のCG技術をNHKに提供。大河ドラマ「真田丸」での戦況説明の映像表現として活用されることもあわせて発表されました。


かねてより戦国時代をテーマにしたゲーム制作に情熱を費やしてきた襟川氏とコーエーテクモゲームスの技術と知識が、大河ドラマで発揮されます。戦国武将が活躍するゲームなどが好きな人は、これをきっかけに、大河ドラマ「真田丸」をご覧になってはいかがでしょうか。
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『バイオハザード RE:2』ステージレポ─手に汗握る実機プレイに会場の視線も釘付け【TGS2018】

    『バイオハザード RE:2』ステージレポ─手に汗握る実機プレイに会場の視線も釘付け【TGS2018】

  2. 『ファイナルファンタジー』などの音楽を手がけた植松伸夫氏が療養のため一時活動休止へ

    『ファイナルファンタジー』などの音楽を手がけた植松伸夫氏が療養のため一時活動休止へ

  3. 『プロジェクトイーブイ』最後の9人目「リーフィア」のオリジナルトレーナーが公開!ミステリアスな王子様系“男装女子”

    『プロジェクトイーブイ』最後の9人目「リーフィア」のオリジナルトレーナーが公開!ミステリアスな王子様系“男装女子”

  4. 【読者の皆さまへ】東京ゲームショウの後に編集部と交流会しようぜ!『ULTRA BLACK SHINE』inumoto先生描き下ろしイラストTシャツがお土産

  5. タイトー、TGSで小型アーケード筐体『ARCADE1UP』を出展─『スペースインベーダー』『パックマン』が当時の姿で復活!

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  7. 【コスプレ】美人レイヤーが夜景バックに魅了! 「ラグコス2018」“夜の部”フォトレポート【写真98枚】

  8. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  9. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

アクセスランキングをもっと見る