人生にゲームをプラスするメディア

『プリパラ』ユーザー200万人突破、1分間に3人のペースで増加…今後は海外展開を本格化

タカラトミーアーツが展開するアミューズメントゲームである「プリパラ」の登録者数が、2015年10月5日で200万人を突破した。

その他 アーケード
 
  •  
  •  
  •  
  •  
タカラトミーアーツが展開するアミューズメントゲームである「プリパラ」の登録者数が、2015年10月5日で200万人を突破した。プリパラのスタートは2014年7月で、わずか1年3ヵ月で大台を超えたことになる。アミューズメントゲームとして驚異的なペースである。
タカラトミーアーツによれば、このペースは当初目標の倍以上だという。また、登録ユーザーは1分間に3人のペースで増えているとし、予想を上回る大ヒットになった。

「プリパラ」はプレイヤーがアイドルになってプレイするゲームだ。ゲーム内に自分のアイドル「マイキャラ」をつくり、ファッションコーディネントとリズムゲームを楽しむ。またアイドルランクのアップを目指すといった要素も盛り込んだ。プレイは1回100円で楽しめる。女児を中心に人気を博している。
ファッションと音楽という女の子が大好きな要素はもちろん、キャラクターの友達と交換して、アイドルユニットを一緒に作って楽しむコミュニケーションの要素も高い評価を受けている。10月24日には劇場公開、2016年2月にはミュージカル化もされ、その勢いは加速している。

さらに今後は海外も本格的に目指す。「プリティーリズム」を展開する香港、台湾、韓国で「プリパラ」の切り替えを進めている。「プリティーリズム」内に「プリパラ」のの主人公らぁらを登場させるなどの準備をしている。
マーケティングも現地のニーズに合わせる。日本では筐体が販売の中心だが、香港や台湾ではパック式でカード販売をする。店頭に筐体設置して、カードを購入のうえ遊ぶことができる仕組みだ。これを導入した「プリパラ」の筐体は、「プリティーリズム」に比べ設置台数が120%増となった。
さらに9月に香港で開催された「Whompoa Fashion World Mall」で、お披露目イベントを実施、グッズ展開の鍵となるテレビアニメの放送も香港と台湾でスタートした。今後も積極的に海外展開を広げる構えだ。

『プリパラ』
(C)T-ARTS / syn Sophia
(C)T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PP2製作委員会

「プリパラ」登録ユーザー数200万人突破 海外展開で世界に人気拡大も

《animeanime》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『Ghost of Tsushima』の舞台・対馬にある大鳥居が台風で倒壊、その再建を目指すクラウドファンディングに全国の「境井仁」たちも参加

  2. 【週刊インサイド】「PS5」抽選倍率、依然高し─『ゼルダ無双 厄災の黙示録』と『BotW』の街並み比較にも関心集まる

  3. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

アクセスランキングをもっと見る