人生にゲームをプラスするメディア

2Dイラストを“描いたまま”動かす「Live2D」新バージョン“Cubism2.1”リリース、マスキング用パーツが不要に

その他 全般

2Dイラストを“描いたまま”動かす「Live2D」新バージョン“Cubism2.1”リリース、マスキング用パーツが不要に
  • 2Dイラストを“描いたまま”動かす「Live2D」新バージョン“Cubism2.1”リリース、マスキング用パーツが不要に
  • 2Dイラストを“描いたまま”動かす「Live2D」新バージョン“Cubism2.1”リリース、マスキング用パーツが不要に
  • 2Dイラストを“描いたまま”動かす「Live2D」新バージョン“Cubism2.1”リリース、マスキング用パーツが不要に
  • 2Dイラストを“描いたまま”動かす「Live2D」新バージョン“Cubism2.1”リリース、マスキング用パーツが不要に
  • 2Dイラストを“描いたまま”動かす「Live2D」新バージョン“Cubism2.1”リリース、マスキング用パーツが不要に
  • 2Dイラストを“描いたまま”動かす「Live2D」新バージョン“Cubism2.1”リリース、マスキング用パーツが不要に
2Dのイラストを元の雰囲気を保ったまま3Dライク動かすソフトLive2Dの新バージョン「Live2D Cubism2.1」が公開されました。

主となる更新は、ユーザーの作業を楽にする「右クリックによく使われる機能を追加」や「ポリゴン頂点を選択してオブジェクトを自由自在に変形する機能」といったものから「変形を簡単にリセットする機能」の他、PSDとの高い連動性によりサイズや配置、オブジェクトの回転を含む変形など画質を劣化させずに再配置が可能に。また、追加したいオブジェクトを描画後に再インポートすることで新しいオブジェクトを追加するといったこともできるようになりました。



その他にも、“まばたき時”には新たに瞬き用のパーツを用意する必要がありましたが、「Live2D Cubism2.1」からはパーツをマスクし、描画領域を指定することで、不必要なパーツを用意することなく、自然な動きを表現できるように。パーツをパレットごとに管理・カスタマイズするといった便利な機能から、回転デフォーマーを数値で管理できるようになったため拡縮などを正確にコントロールし、複数人での開発などを効率化できるようになりました。



現在、WEBサイト上ではすぐにテストできる「無料ダウンロード版」を公開中。それにともない株式会社Live2Dは「Live2D Cubism2.1 リリース記念コンテンスト」を開催し、エントリー賞には「Cubism Editor 2 PRO」が20%OFFになる限定クーポンを提供します。また、オリジナルグッズ賞から上記のすべての景品にプラスし、Cubism Editor 2 PROが贈られるPRO賞があります。応募要項は「Live2D Cubism2.1 リリース記念コンテンスト」の特設ページをどうぞ。
《scarecrow》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. カプコンがコーエーテクモとの特許をめぐる裁判に勝訴―争点となった特許とは

    カプコンがコーエーテクモとの特許をめぐる裁判に勝訴―争点となった特許とは

  2. 【昨日のまとめ】『サイレントヒル2』17年越しに新たな裏技が発見、『FGO』“永久凍土帝国 アナスタシア”満足度は星いくつ?、『Nintendo Direct: E3 2018』で一番嬉しかった発表は…など(7/19)

  3. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  4. 『FGO アーケード』筐体設置予定店舗の一覧が公開―最寄りのゲーセンを今すぐチェック!

  5. サントリー公式Vtuber「燦鳥ノム」(さんとり のむ)8月デビュー決定!デザインはヤスダスズヒト氏

  6. これであなたも勇者に!?『ゼルダの伝説』仕様のNewニンテンドー2DS LLなど、限定グッズが予約受付中

  7. アトラスのイラストレーター・副島成記ドキュメンタリー映像―当初の『キャサリン』はエロティックじゃなかった?

アクセスランキングをもっと見る