人生にゲームをプラスするメディア

【TGS2015】VRを使って“現実のジオラマの中”に没入する試みとは

バーチャルリアリティ関連の出展が熱かった東京ゲームショウ2015。今回はその中でもヘッドマウントディスプレイを使いながらもサイバー空間ではなく、現実空間を生かした出展を2つまとめてご紹介いたします。

その他 全般
【TGS2015】VRを使って“現実のジオラマの中”に没入する試みとは
  • 【TGS2015】VRを使って“現実のジオラマの中”に没入する試みとは
  • 【TGS2015】VRを使って“現実のジオラマの中”に没入する試みとは
  • 【TGS2015】VRを使って“現実のジオラマの中”に没入する試みとは
  • 【TGS2015】VRを使って“現実のジオラマの中”に没入する試みとは
バーチャルリアリティ関連の出展が熱かった東京ゲームショウ2015。今回はその中でもヘッドマウントディスプレイを使いながらもサイバー空間ではなく、現実空間を生かした出展を2つまとめてご紹介いたします。

◆『GULIVER』




まずひとつ目は香港からやってきた『GUILVER(ガリバー)』。360度の映像が撮れるカメラとヘッドマウントディスプレイを組み合わせ、ミニチュアで作られたジオラマの中を探検できるというデバイス。



現実の空間にあるジオラマならではのリアルな質感がデジタルでは味わえない没入感を演出。今回展示されていたジオラマは、カメラが搭載されたボートが怪しい河を進んでいくというもので、環境音の演出もあり、霧を抜けると顔のない大量の人影が見えるというのはホラー的迫力があって楽しかった!

ジオラマを覗き込む人は巨人に見えるだけでなく、振り向けばヘッドマウントディスプレイをつけた自分も見えるし、ある種の幽体離脱感も味わえました。

『GUILVER』は、博物館での展示やビジネスのプレゼンテーションで活用を目的に作られたとのことですが、個人的にはこれを使ってミニチュアゲームを遊んでみたいですね!公式サイトは こちら

◆『くえりんろぼ』




続いて、日本の株式会社ポケット・クエリーズの『くえりんろぼ(Query'n Robot)』。こちらは、カエルっぽい見た目のラジコン・ロボット搭載されたカメラの映像をヘッドマウントディスプレイで見れるというもの。



今回は、ジオラマの街に迫り来る宇宙人を撃ち落とすというゲームを展示。ロボットの走行機能が使えなかったので街を探検する感じは味わえなかったものの、頭の動きに合わせてロボットが首を振るというこの技術を応用してジオラマの中でプレイヤーが操作するロボット同士で戦えたら超楽しいだろうなぁ……!

『くえりんろぼ』は、今回はゲームの展示でしたが、コンサートやスポーツの代理鑑賞、家に居ながらにして会社にバーチャル出社するなどの方向で活用することも考えられているんだとか。公式サイトはこちら
《傭兵ペンギン》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 海外スタントマンが『スマブラSP』キレキレのアクションで大乱闘を再現!

    海外スタントマンが『スマブラSP』キレキレのアクションで大乱闘を再現!

  2. 『MOTHER2』とのコラボも!「ほぼ日」が創刊20周年を記念して、豪華アーティストデザインのハラマキを発表

  3. AbemaTV、大晦日に「Fate/staynight[HF]」第一章“オーディオコメンタリー版”を独占配信

  4. 『FGO アーケード』プレイをサポートする「カルデアWebマイルーム(β版)」のサービスが開始―様々な情報をいつでも確認可能!

  5. コナミ、デジタルコードストアで「年末年始セール」開催中―先着573名のPC『メタルギア福袋』3,000円など

  6. 山崎紘菜、実写『モンスターハンター』でハリウッドデビュー! ミラも「ゲームから飛び出してきたみたい」

アクセスランキングをもっと見る