人生にゲームをプラスするメディア

【TGS2015】PS4版『ミクと水没都市』プレイレポ ― 非戦闘系オープンワールドの世界観や如何に

その他 全般

【TGS2015】PS4版『ミクと水没都市』プレイレポ ― 非戦闘系オープンワールドの世界観や如何に
  • 【TGS2015】PS4版『ミクと水没都市』プレイレポ ― 非戦闘系オープンワールドの世界観や如何に
  • 【TGS2015】PS4版『ミクと水没都市』プレイレポ ― 非戦闘系オープンワールドの世界観や如何に
  • 【TGS2015】PS4版『ミクと水没都市』プレイレポ ― 非戦闘系オープンワールドの世界観や如何に
  • 【TGS2015】PS4版『ミクと水没都市』プレイレポ ― 非戦闘系オープンワールドの世界観や如何に
  • 【TGS2015】PS4版『ミクと水没都市』プレイレポ ― 非戦闘系オープンワールドの世界観や如何に
  • 【TGS2015】PS4版『ミクと水没都市』プレイレポ ― 非戦闘系オープンワールドの世界観や如何に
  • 【TGS2015】PS4版『ミクと水没都市』プレイレポ ― 非戦闘系オープンワールドの世界観や如何に
  • 【TGS2015】PS4版『ミクと水没都市』プレイレポ ― 非戦闘系オープンワールドの世界観や如何に
9月17日から9月20日まで開催されている国内最大ゲームイベント「東京ゲームショウ 2015」にて、オーストラリアのインディーデベロッパーUppercut Gamesが開発する水没都市探索アドベンチャー『ミクと水没都市(Submerged)』がプレイアブル出展されています。今回、Game*Spark/インサイドでは、本作のPlayStation 4版をプレイしたので、ゲーム概要とともにファーストインプレッションをお届けします。



『ミクと水没都市』は、水没した街を探索するオープンワールドアドベンチャーゲーム。プレイヤーは少女ミクを操作し、高層ビル群が建ち並ぶ水没都市にエンジンボートで赴き、傷を負った弟のタクのために、必要な物資を探していきます。



ゲームの基本は、高層ビルをクライミングで登りながら、必要物資を見つけたり、隠しアイテムを集めたり、秘密が隠された水没都市を隅々まで探検していきます。マップ画面もわかりやすく表示されているため、ゲームを進めていく上で迷うことはないはずです。特に、筆者が惹かれたのは水没都市の廃墟感で、コンクリートに生い茂る雑草や、腐食した鉄柵などが徹底的に作り込まれていて、「軍艦島」をはじめとした廃墟スポットが好きなマニアにはたまらないのではないでしょうか。



本作は、既にXbox One/Windows PCを対象にリリース(日本語対応済み)されていますが、PlayStation 4版も近日中に配信するとのこと。非戦闘系のオープンワールドゲームが日本国内でも受け入れられるのか、今後の展開に期待したいところです。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

    『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  2. セガサターンパッド復活!公式ライセンス新型パッド正式発表―PC向けも用意

    セガサターンパッド復活!公式ライセンス新型パッド正式発表―PC向けも用意

  3. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

    【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  4. 『HOUSE OF THE DEAD』最新作のプレ・ロケテストの開催が決定!セガが世界に誇るガンシューティング

  5. 【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

  6. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』意外なグッズ8選、ゲーム中に部屋に入られた28歳男性が発砲、『アズールレーン』軽巡洋艦・ホノルルが近日登場…など(1/16)

  7. 海外セガが謎の予告イメージを公開!―『テーマホスピタル』後継作との噂も

  8. ファイナルファンタジー世界への旅行を計画!?『#FF旅企画展@新宿』が開催中

  9. 『FF10』の「雷避け」を“電子工作で自動化”したユーザー現る ─ 使用したコードも公開中

  10. 3Dと実写、見分けつく?『NieR:Automata』2B海外ファンアートが現実レベル

アクセスランキングをもっと見る