人生にゲームをプラスするメディア

『東方見文録』や『アイドル八犬伝』が新規開発される……かも!? ナツメアタリのキャンペーン開始

ゲーム開発を行うナツメは、2013年に経営統合しナツメアタリとして生まれ変わったものの、創業から数えるとまもなく30周年を数える日本ゲーム業界でも有数の老舗企業です。

その他 全般
『東方見文録』や『アイドル八犬伝』が新規開発される……かも!? ナツメアタリのキャンペーン開始
  • 『東方見文録』や『アイドル八犬伝』が新規開発される……かも!? ナツメアタリのキャンペーン開始
ゲーム開発を行うナツメは、2013年に経営統合しナツメアタリとして生まれ変わったものの、創業から数えるとまもなく30周年を数える日本ゲーム業界でも有数の老舗企業です。

累計ゲーム開発タイトル数は250本を突破しており、ファミコン時代には『奇々怪界 謎の黒マント』や『ダンジョン&マジック』などを手がけ、近年では『逆転裁判123 成歩堂セレクション』などにも関わっているナツメアタリ。記録だけでなく、記憶に残るタイトルも数多く生み出しています。


そんなナツメアタリが、長年の御愛顧に対する感謝として実施する「250タイトルへの道」キャンペーンが始まりました。このキャンペーンは、同社が開発を手掛けたタイトルを紹介するとともに、ナツメオリジナルタイトルのアプリ化リクエスト投票を期間限定で受け付けるというもの。投票された中から上位タイトルを、後に新規開発・リリースしたいと考えているとのことです。

また投票した方の中から抽選で合計250名に、本キャンペーンを記念して制作された特製グッズ(非売品)がプレゼントされます。投票したゲームタイトルをTwitterでつぶやいた方にも特製グッズが当たる、Wチャンスキャンペーンとなっています

今回、投票対象にあがったタイトルは、サイケデリックな世界観が強烈な魅力を放つ『東方見文録』や、萌えソングの草分け的存在とも言われている「君はホエホエ娘」を主題歌に持つ(ただし歌声は未収録)伝説級のADV『アイドル八犬伝』など全10作品。今改めて遊びたいナツメオリジナルタイトルがある方はもちろん、グッズが気になる人も、概要をチェックし公式サイトから応募してください。

◆人気上位のタイトルを再ゲーム化?!レアグッズもGET出来る人気投票!


■応募期間(第1期):2015年9月15日(火)~11月30日(月)

※プレゼント賞品は厳正な抽選を行い、当選者へのメールでのご連絡をもって発表にかえさせていただきます。また、当落のお問い合わせにはお答え致しかねますので、あらかじめご了承ください。
※画面はイメージです。プレゼントのデザイン及び内容は、事前の予告なしに変更となる場合があります。

■投票して手に入れろ! ナツメ特製グッズ
●ナツメサウンドヒストリー(仮):200名
ゲーム音楽界の巨人にして、カリスマコンポーザー・岩月博之氏が自らオリジナルタイトルを厳選してアレンジ。ナツメオリジナルタイトルを集約したサントラCDが出るのは、実はこれが初。まさに空前絶後の決定版です。

●特製ナツメTシャツ:25名
ナツメスタッフがデザインした特製Tシャツ。どれが当たるかはお楽しみ。これを着ていれば、あなたも今日からナツメマニアです。

■Wチャンス! ツイッターでつぶやいたいた方が対象となるプレゼント
●特製オリジナルメラミンカップ:25名
ナツメキャラクター群がプリントされた特製カップ。

■対象タイトル
・カルトゲームの金字塔『東方見文録』(1988)
・元祖アイドルゲー『アイドル八犬伝』(1989)
・地獄のインナーウォーズ『アバドッグス』(1989)
・クリア不可能!?の超難易度!『ファイナルミッション』(1990)
・シューティングアクション『ドラゴンファイター』(1990)
・スーパーリアリズムアクション『闇の仕事人 KAGE』(1990)
・面白操作のおさるアクション『ラッキーモンキー』(1991)
・王道RPG『カオスワールド』(1991)
・鋼鉄の義手アクション『シャッターハンド』(1991)
・名作シューティング『ワイルドガンズ』(1994)

■「250タイトルへの道」リクエスト&プレゼントキャンペーンページ
URL:https://www.natsumeatari.co.jp/250titles_campaign/action.php

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

Copyright(C) NATSUME ATARI INC. All right reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『FGO アーケード』「★4(SR)源頼光(ランサー)」実装&3DCGモデルを公開!「ピックアップ召喚」は明日18日から開催

  2. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

アクセスランキングをもっと見る

1