人生にゲームをプラスするメディア

東京ゲームショウに“壁ドン”を出展したボルテージ、今年は「昨年を上回る胸キュン体験をお届けする」と宣言

その他 全般

「TGS2015」ボルテージ バナー
  • 「TGS2015」ボルテージ バナー
  • ステージに登場するゲスト
  • 『天下統一恋の乱 Love Ballad』
  • 「TGS2015」ボルテージブース概要
  • 「TGS2015」概要
  • 「TGS2014」ボルテージブース
  • 「TGS2014」ボルテージブース
  • 「TGS2014」ボルテージブース
ボルテージは、イベント「東京ゲームショウ2015」に出展すると発表しました。

「東京ゲームショウ2015」は、世界中からさまざまなゲームや関連商品が展示されるトレードショウです。今回は、女性向けコンテンツなどを制作するボルテージが出展内容を公開。昨年はアプリの世界観を表現した「壁ドン」ブースが設置され話題になりましたが、今年は「昨年話題となった“壁ドン”を上回る胸キュン体験」なのだとか。

◆ボルテージブース詳細



今回のブースでも、ボルテージを1冊の絵本になぞらえページごとのコンテンツを提供する“飛び出す絵本型ブース”が採用。恋愛ドラマアプリ『恋アプ』の世界観をリアルに体験できるように、胸キュン満載の空間を用意するとのこと。


出展するアプリのタイトルは、『花より男子~F4とファーストキス~』『偽りの君とスキャンダル』『鏡の中のプリンセス Love Palace』の3つ。ブースでは、各アプリの登場キャラクターをイメージしたイケメンモデル8名がユーザーを待っています。

■ボルテージブースの見所

(1)飛び出す絵本型ブースでページごとに胸キュンコンテンツが用意
ボルテージを1冊の本になぞらえた「飛び出す絵本」をイメージしたブースとなっており、各ページに胸キュンストーリーが用意されています。

(2)イケメンモデルと「リアル“恋アプ”体験」
鏡の迷宮やコンサート会場など『恋アプ』の世界観を表現した「リアル“恋アプ”体験」コーナーでは、イケメンなカレとの甘いひとときが楽しめるとのこと。

(3)ARカメラで“F4”と写真撮影
ARカメラ機能で、アプリ『花より男子~F4とファーストキス~』に登場するイケメングループ“F4”と一緒に写真撮影ができます。

(4)“胸キュン”ステージコンテンツ

ステージでは、制作プロデューサーによる新作タイトル紹介などが行われます。また、ステージを盛り上げるゲストMCも登場。9月19日は「サブングル」、20日は「髭男爵」が参加します。

(5)人気タイトルキャラが集結
さらに、『天下統一恋の乱 Love Ballad』の人気キャラ等身大パネルが登場。和をイメージした空間を背景に、イケメン戦国武将との記念撮影ができます。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

「東京ゲームショウ2015」は、幕張メッセにて2015年9月17日 ~ 20日に開催。ボルテージのブースは“6-C11:20小間”となります。

《すしし》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

    【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  2. 『ポケ森』『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付中!―30%オフクーポンも配布

    『ポケ森』『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付中!―30%オフクーポンも配布

  3. 【読者アンケート】「あなたが12月に買う新作タイトルは?」結果発表─1位は脅威の40%超え! 人気シリーズの最新作が上位を占める

    【読者アンケート】「あなたが12月に買う新作タイトルは?」結果発表─1位は脅威の40%超え! 人気シリーズの最新作が上位を占める

  4. 【特集】『貧乳ゲームキャラ』15選

  5. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】過去の名作が復活しても、それは自分にとっては“今のゲーム”という悩み

  6. 【昨日のまとめ】バーチャルコンソール版『ポケモン クリスタルバージョン』配信決定、『スプラトゥーン2』Ver.2.1.0をチェック、『ポケモン US・UM』ウルトラネクロズマを紹介…など(12/15)

  7. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case07「街」

  8. コーエーテクモ、カプコンからの特許権侵害訴訟に一部勝訴―『真・三國無双』シリーズなどに関する訴えが棄却に

  9. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  10. 【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

アクセスランキングをもっと見る