人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】「遊戯王」世界大会が開幕!高橋和希、風間俊介、津田健次郎が10年ぶりに顔を合わせる

その他 カードゲーム

 
  •  
日本だけでなく世界中で人気のカードゲーム「遊☆戯☆王」。その世界最高峰のプレイヤーを決める「遊☆戯☆王」オフィシャルカードゲーム世界大会「WORLD CHAMPIONSHI 2015」が、2015年8月16日に京都の国立京都国際会館で開催された。
当日は世界各地から厳しいデュエル勝ち抜いてきたデュエリスト16名が集結した。「遊☆戯☆王」は世界中でプレイされていることもあり、60ヵ国で行われた予選大会の参加者は8万5000人にも及ぶ。この日、京都の会場に現れたのは、まさに世界最高峰のデュエリストたちである。

イベントではこのほかにもファンが楽しめる様々な企画が用意された。なかでも注目を浴びたのが2016年ゴールデンウィークに公開予定の劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』のスペシャルステージである。
本作は7月に米国サンディエゴのコミコンで製作発表された話題の映画だ。原作者の高橋和希が製作総指揮を執り、長編映画として世に放つ。さらに登場するのは、ファンに人気の高い武藤遊戯と海馬瀬人となる。それだけでファンの期待は大きく膨らむに違いない。そして武藤遊戯と海馬瀬人の声優には、かつてふたりを演じた風間俊介と津田健次郎が再登板するのもビッグニュースだ。

ステージでは、この風間俊介と津田健次郎がゲストに招かれた。ふたりが顔を合わせるのも10年ぶりだという。「Vジャンプ」編集部の相川貴彦、映画のプロデューを務める実松照晃も加わりイベントを盛りあげた。さらにここに高橋和希が登壇するサプライズが。映画トークで話を弾ませた。
ステージのクライマックスとなったのが、「デュエル集メル!プロジェクト」の始動除幕式である。このプロジェクトは、これまでに発売さたれたカード約8000枚全て集める計画だ。一体どうやって実行するのかも気になるところだ。そして、この場で初披露となる映像上映もあり、中身たっぷりのイベントとなった。

■ 高橋和希 コメント
「みなさん、お集まりいただき有難うござす!今日は営業としてやってきました!映画をやろうとい話しから2年…いよいよ来年上映されます!支えてくださって有難うございます。」

劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』
2016 年 GW公開

原作・脚本キャラクターデザイン製総指揮: 高橋和希
キャスト: 風間俊介 津田健次郎
原作:高橋和希「遊☆戯☆王」(週刊少年ジャンプ)

サプライズで高橋和希、風間俊介と津田健次郎が10年ぶり顔を合わせた「遊☆戯☆王」世界大会

《animeanime》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

    【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  2. 【特集】「有名人が登場する異色ゲーム」10選…あのお騒がせ政治家も

    【特集】「有名人が登場する異色ゲーム」10選…あのお騒がせ政治家も

  3. 【特集】『時代を先取りしすぎたゲーム』5選

    【特集】『時代を先取りしすぎたゲーム』5選

  4. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  5. 海外発、ちょっとシュールなレトロゲームのGIFアニメ集プロジェクト「BACK TO BITS」をご紹介

  6. 【昨日のまとめ】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”、『ポケランド』「みんなで新αテスト」開催決定、【クイズ】GAMEMANIA!:武器特集…など(10/16)

  7. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

  8. 『DARK SOULS』アストラの上級騎士スタチューの工場製作版ビジュアルが公開!

  9. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  10. 【特集】『連休に没頭できるSteamゲーム』10選

アクセスランキングをもっと見る