人生にゲームをプラスするメディア

オープンワールドの海底を潜水艦で探検する『Diluvion』12月リリース

先日、見事ゴールを迎えた潜水艦による海底探検ゲーム『Diluvion』をご紹介します。

PCゲーム その他PCゲーム
オープンワールドの海底を潜水艦で探検する『Diluvion』12月リリース
  • オープンワールドの海底を潜水艦で探検する『Diluvion』12月リリース
  • オープンワールドの海底を潜水艦で探検する『Diluvion』12月リリース
  • オープンワールドの海底を潜水艦で探検する『Diluvion』12月リリース
  • オープンワールドの海底を潜水艦で探検する『Diluvion』12月リリース
  • オープンワールドの海底を潜水艦で探検する『Diluvion』12月リリース
  • オープンワールドの海底を潜水艦で探検する『Diluvion』12月リリース
  • オープンワールドの海底を潜水艦で探検する『Diluvion』12月リリース
潜水艦による海底探検ゲーム『Diluvion』のKickstarterプロジェクトが達成しました。

インディーズディベロッパーArachnid Gamesがおくる『Diluvion』は、大洪水によって地上から全ての文明が消え去り、海面は分厚い氷で覆われ、わずかに生き残った人類はその活動の場を海底に移すようになったという独自の世界観をもつゲームです。プレイヤーはその過酷な世界を生き抜く潜水艦のキャプテンとして船を管理しながら、世界の謎に挑戦していくというものになります。



フィールドはオープンワールドで、プレイヤーは暗くエキゾチックな海底を探索する潜水艦をダイレクトに操作する3Dモードと、それぞれ独立した固有能力をもつ乗員を管理したり、ワールドに点在する海底都市を訪れる時に変化する2Dモードを駆使しながらゲームを進めていきます。


その他にも、状況を視認できない深海で敵や地形を“ソナー”によって把握するといった機能や、海底遺跡や海の底に沈んだアイテムを回収する“サルベージ”機能があり、これらを駆使することが冒険を進めていく上で重要なポイントになるそうです。また、当然のことながらゲーム内には潜水艦のアップグレードもあり、ゲームを進めていくことで、新たな機能や多くの乗員を乗せることができる新型に乗り換えることが可能となっています。



また戦闘要素も用意されており、潜水艦では敵をロックオンし、船に搭載された装備で攻撃を加えるといったクラシカルなシステムを採用。それぞれ長所と短所をもつ魚雷や機雷、レールガンといった武器を状況にあわせて使用していくというものになります。



一風変わった点では、潜水艦の各機能にボーナスを与える乗員は独自の判断基準をもっており、戦闘中には自動的に攻撃を行うといった行動や、プレイヤーが予め指示した敵に攻撃を加えるといったこともできるそうです。


リリースは2015年12月頃としており、DLCの第一弾は2016年の6月と12月を予定しています。プラットフォームはSteamないしPCでの展開を行っていくとしており、OSはWindowsとMacに対応しています。
《scarecrow》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. 『World of Warships』と『アズールレーン』が秋葉原をジャック!限定ノベルティがもらえるシールラリー開催決定

    『World of Warships』と『アズールレーン』が秋葉原をジャック!限定ノベルティがもらえるシールラリー開催決定

  2. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

    スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

  3. Steam版『クロノ・トリガー』が配信開始! 不朽の名作がアップグレードされて登場

    Steam版『クロノ・トリガー』が配信開始! 不朽の名作がアップグレードされて登場

  4. 『P.T.』の影響受けた新作サイコホラー『Visage』の早期アクセスが開始!

  5. よく聞く「TD」ってなに?今さら聞けない「タワーディフェンス」…基礎から初心者にお勧めのゲームまで徹底紹介

  6. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  7. ADV『シンフォニック=レイン』がHDリマスター化! Steamにて6月15日より配信

  8. PC『シムシティ 2000』が無料で配布中!クラシックな街作りシミュを今すぐゲット

  9. PC版『GTA V』大幅強化Mod「The Pinnacle of V」最新版配信、実写と見間違えそうなビジュアルに

アクセスランキングをもっと見る