人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】最強の要塞を作り上げろ!PS Vita『機動戦士ガンダム バトルフォートレス』をプレイ

PS Vitaのタッチパネルをフル活用したゲームプレイを楽しめるリアルタイムシミュレーション『機動戦士ガンダム バトルフォートレス』。プレイヤーは自軍の要塞を強固なものにし、自由に編成したMS部隊を率いて、最強の「バトルフォートレス」を作り上げることを目指します。

ソニー PSV
【レポート】最強の要塞を作り上げろ!PS Vita『機動戦士ガンダム バトルフォートレス』をプレイ
  • 【レポート】最強の要塞を作り上げろ!PS Vita『機動戦士ガンダム バトルフォートレス』をプレイ
  • 【レポート】最強の要塞を作り上げろ!PS Vita『機動戦士ガンダム バトルフォートレス』をプレイ
  • 【レポート】最強の要塞を作り上げろ!PS Vita『機動戦士ガンダム バトルフォートレス』をプレイ
  • 【レポート】最強の要塞を作り上げろ!PS Vita『機動戦士ガンダム バトルフォートレス』をプレイ
  • 【レポート】最強の要塞を作り上げろ!PS Vita『機動戦士ガンダム バトルフォートレス』をプレイ
  • 【レポート】最強の要塞を作り上げろ!PS Vita『機動戦士ガンダム バトルフォートレス』をプレイ
  • 【レポート】最強の要塞を作り上げろ!PS Vita『機動戦士ガンダム バトルフォートレス』をプレイ
  • 【レポート】最強の要塞を作り上げろ!PS Vita『機動戦士ガンダム バトルフォートレス』をプレイ
PS Vitaのタッチパネルをフル活用したゲームプレイを楽しめるリアルタイムシミュレーション『機動戦士ガンダム バトルフォートレス』。プレイヤーは自軍の要塞を強固なものにし、自由に編成したモビルスーツ(以下MS)部隊を率いて、最強の「バトルフォートレス」を作り上げることを目指します。



バンダイナムコエンターテインメントより基本プレイ無料(アイテム課金)タイトルとして7月16日より配信中の本作ですが、7月2日~7月6日にかけて行われたクローズドベータテスト(以下CBT)に参加できたので、そのプレイレポートをお届けします。

ゲーム開始後、すぐさまセイラさんのナビゲーションの元、操作方法やゲーム進行を学ぶことのできる簡単な襲撃ミッションがスタート。

襲撃ミッションは、フィールド上へ配置された敵要塞へ攻め込み司令部を破壊することが目標で、このミッションでは、PS Vitaの画面タップして自軍のMSをフィールド上に展開することや、敵軍との交戦中、エース機による必殺技発動などを体験できるようになっていました。

操作はスマホゲームと同じように、タップ=選択・決定、ピンチイン/アウト=画面の拡大/縮小、ドラッグ=画面のスクロール、フリック=ページ/リストの切り替えと、全ての操作をPS Vitaの画面タッチで行えます。

また、ハードウェアボタンでも一部の操作が行え、○ボタン=選択・決定、×ボタン=キャンセル・戻る、L/Rボタン=ページの切り替え、左スティック・方向キー=画面のスクロール・ページ/リストの切り替えができ、ゲームプレイを快適に楽しめるようになっていました。

司令部を破壊し無事最初のミッションが終了すると名前入力(3文字以上/10文字以内、入力後変更不可)となり、続いて「初代」「SEED」「00」の3種から初期MS部隊を選択。この選択によって後々取得できるMS/パイロットに制限が出るわけではなく、ナビゲーションキャラに違いがでるもようです。そして初期MS部隊の選択が完了すると本格的なゲームプレイ開始です。



本作の基本的なゲームプレイは、自軍の要塞を強化&MS部隊を編成しつつ、対NPC戦の「ミッション」または対人戦の「要塞攻防戦」を攻略、それによって得た報酬でMS・パイロットを追加入手・強化し、自軍の要塞をより強固な物へと育成していくことになります。

なお、「ミッション」は初級・中級・上級にランク分けされていて、初級・中級まではチュートリアル的な内容となっており、中級クリアの段階で「要塞攻防戦」がプレイできるようになっていました。



また、「ミッション」をプレイするには“行動力”(最大保持数「30」)を、「要塞攻防戦」をプレイするには“攻防戦参加権”(最大保持数「3」)を必要とし、それらは消費しても「ミッション」「要塞攻防戦」の報酬か、時間で補充されるようになっていました。

◆課金要素


今回課金クレジット“FC”がCBT限定で10,000FC配布されたのですが、本作での課金要素は下記のようになります。


【FCの利用方法】
・要塞内の施設建設と強化の即時完了
・建設に使う資源(鉱石・エネルギー)の購入
・ゴールドスカウト(MS・パイロット)の利用
・戦闘に敗北した場合の即時コンティニュー




この中の「スカウト」を行うことで、MSやパイロットを入手できます。スカウトの種類は「ゴールドMSスカウト」「ゴールドパイロットスカウト」「シルバースカウト」「ノーマルMSスカウト」「無差別パイロットスカウト」「防衛パイロットスカウト」「MSパイロットスカウト」「司令部パイロットスカウト」「資源パイロットスカウト」とあり、「ゴールド」ランクはFCを使う以外に使用する方法はありません。更に、MS・パイロットには「高 SR>R>N 低」のレア度が設定してあり、各「スカウト」の提供割合は下記のようになっていました。


【提供割合】
・ゴールド:SR 5.0% / R 95.0% / N 0.0%
・シルバー:SR 0.1% / R 99.9% / N 0.0%
・ノーマル:SR 0.0% / R 5.0% / N 95.0%


ちなみに「シルバースカウト」は“シルバーチケット”で、それら以外は“SP”でスカウトすることができ、“シルバーチケット”・“SP”は戦闘報酬や実績報酬で入手できるようになっていました。

◆育成パート


■建設
要塞を強固にするには要となる司令部を守る防衛施設の建設・強化で行うのですが、それには鉱石・エネルギーが必要となり、それらを生産・貯蔵する施設の建設・強化も同時に行わないといけません。CBTの段階では下記の施設が建設可能でした。


・工場
・鉱山施設/鉱石保管庫/エネルギー抽出施設/エネルギータンク
・防壁/電撃トラップ/対MS地雷/ビーム撹乱幕発生装置/射撃ジャマー発生装置
・MS待機スペース/強化パーツ生産施設
・実弾系自動砲台/マイクロミサイル砲台/ビーム系自動砲台/大型ミサイル砲台


最初から全ての施設が建設可能ではなく、司令部のレベルが上がるにつれてアンロックされ、かつ建設可能最大数がアップしていきます。



なお、これらの中で「工場」だけは特殊で、建設はFCを使うことでのみ行え、「工場」の所持数だけ、建設・強化を同時進行で行えるようになっていました。施設のレベル高くなってくると強化に1時間・2時間とかなりの時間がかかるようになるので、同時進行で行える数が少ないとそれだけ効率が悪くなるので、もし課金をするのなら「工場」の建設が最優先と感じました(※正式サービス版では、無課金でも一つまで、工場を建設できるように変更されました)。

ちなみに建設した施設は、完成後も自由に配置場所を変更できるようになっていて、この仕様はとても良いと思いました。

■部隊
要塞の強化にはMS部隊の育成もかかせません。部隊に「エース1機」「エース補佐3機」「部隊機(無差別/防衛/MS/司令部/資源)」毎で設定する必要があり、「無差別/防衛/MS/司令部/資源」の優先ターゲットの設定が重要になります。


【優先ターゲットの種類】
・無差別:優先ターゲットはなく近くにある施設やMSを攻撃
・防衛:砲台施設を優先攻撃
・MS:敵要塞に存在するMSやMS待機スペースを優先攻撃
・司令部:司令部を優先攻撃
・資源:資源施設や貯蔵施設などを優先攻撃




基本的に無人のMSは「無差別」となり、パイロットを乗せることでそのパイロットの優先ターゲットがMSへと反映されるようです。更にMSは、格闘/射撃/高機動/砲撃/重装の5タイプにわかれそれぞれ得手不得手があるので、それらも考慮して部隊を編成する必要があります。なお「エース機」は、防衛ミッション時に司令部が攻撃を受けた際に出動する、最後の切り札となるのでなるべく強力なMS・パイロットを設定することが望ましいです。

勿論、MS・パイロットも強化でき(CBTではパイロット用の強化素材が未導入だったので筆者のプレイ時間ではパイロットの強化は試せませんでした)、戦闘で得た報酬を使って強化、中には単機から小隊へとランクアップするMSもありバリエーションは多そうです。



◆戦闘パート


戦闘は、敵軍の要塞を襲撃する「攻撃ミッション」と、敵軍の攻撃から自軍の要塞を守る「防衛ミッション」に分かれていて、どちらもより速くミッションクリアすることが最優先の条件となっていて、その中でミッションごとに複数設定された目的を達成することで、より多くの報酬が獲得できるようになっています。なお、対NPC戦・対人戦で行う内容に大きな違いは無いようでした。



ちなみに施設・MS・パイロットは、戦闘で破壊・撃破されても失ってしまうことはないので(CBTではペナルティのような物も確認できませんでした)、ガンガンプレイすることができます。

■防衛ミッション
所謂“タワーディフェンス”と類似するゲーム性で、事前に要塞強化で施した防衛対策が万全に機能するかを見守るだけで、プレイ中に行えることは殆どありませんでした。



■攻撃ミッション
「攻撃ミッション」では、最終的に敵司令部を破壊することでミッションクリアになるのですが、それには敵が設置した防衛施設・MSを撃破する必要があります。

「攻撃ミッション」でプレイヤーの行えることは、編成したMS部隊の、「投入ポイントの指定」「投入タイミングの判断」「エース機/エース補佐3機/援軍機(他プレイヤーのMS・パイロット)の必殺技の発動」のみで、一度投入されたMSは設定されている「タイプ・優先ターゲット」にしたがってオートで行動します。



この中で特に重要なのは「投入タイミングの判断」で、例えば「重装・防衛」のMSを最初に投入し敵MS・砲台のターゲットを取り、時間差で「司令部・高機動」のMSを投入、最速ピンポイントで司令部を撃破してミッションクリアと、このような戦略の組み立てが本作の一番の醍醐味と感じました。

◆ガンダム好きにはなかなかにオススメ


短いテスト期間だったので本作の全容を理解したわけではありませんが、画面タッチで誰でも簡単に進めることのできるシステムに育成重視のストラテジー、かつガンダム好きは中々にハマるゲームではないでしょうか。腰を据えてガッツリとプレイするタイプではなく片手間にポチポチと、末永く楽しめるゲームと感じました。



『機動戦士ガンダム バトルフォートレス』はサービス中で、基本無料のアイテム課金制です。

(C) 創通・サンライズ
《編集部》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』ストーリーモードで「鬼龍院 皐月」のオリジナル新衣装「純潔神髄」が登場!

    『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』ストーリーモードで「鬼龍院 皐月」のオリジナル新衣装「純潔神髄」が登場!

  2. 5期団所属の編纂者によって紡がれる『モンハン:ワールド』の世界―書籍「新大陸スケッチ紀行」発売開始!

    5期団所属の編纂者によって紡がれる『モンハン:ワールド』の世界―書籍「新大陸スケッチ紀行」発売開始!

  3. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

    『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  4. 『デビルメイクライ 5』ダンテと一緒に悪魔と踊ろう-元祖スタイリッシュアクションを動画でチェック!

  5. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  6. 「キムタクを動かせる」想像できない未来を実現した『JUDGE EYES』―名越総合監督と細川Pに訊く【TGS2018】

  7. 『JUDGE EYES:死神の遺言』MCU氏が3DCGのキャラクターとして出演決定!主人公の八神とバトルになることも…

  8. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  9. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  10. 雄々しく、そして人間らしく―『信長の野望・大志 with パワーアップキット』の小山プロデューサーが語る理想のAI 【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る