人生にゲームをプラスするメディア

【フィグライフ!】第8回:愛を知らない男でも楽しめる「アベンジャーズ200%」に行ってきた

その他 フォトレポート
【フィグライフ!】第8回:愛を知らない男でも楽しめる「アベンジャーズ200%」に行ってきた
  • 【フィグライフ!】第8回:愛を知らない男でも楽しめる「アベンジャーズ200%」に行ってきた
  • 【フィグライフ!】第8回:愛を知らない男でも楽しめる「アベンジャーズ200%」に行ってきた
  • 【フィグライフ!】第8回:愛を知らない男でも楽しめる「アベンジャーズ200%」に行ってきた
  • 【フィグライフ!】第8回:愛を知らない男でも楽しめる「アベンジャーズ200%」に行ってきた
  • 【フィグライフ!】第8回:愛を知らない男でも楽しめる「アベンジャーズ200%」に行ってきた
  • 【フィグライフ!】第8回:愛を知らない男でも楽しめる「アベンジャーズ200%」に行ってきた
  • 【フィグライフ!】第8回:愛を知らない男でも楽しめる「アベンジャーズ200%」に行ってきた
  • 【フィグライフ!】第8回:愛を知らない男でも楽しめる「アベンジャーズ200%」に行ってきた


愛を……愛をクレメンス……。一人暮らしに慣れすぎた単独行動のプロ・haruYasy.です。

前回の最後で「キューポッシュ 雷」と横須賀の街をめぐるフィグ撮りをお届けすると予告していましたが、今回は予定を変更しまして……ホビーメーカー・ホットトイズによるアメコミヒーローチーム「アベンジャーズ」のフィギュアが勢揃いし、「アイアンマン」や「ハルク」などのライフサイズ(等身大)スタチューがジオラマとして展示されているイベント「アベンジャーズ200%ホットトイズ」のレポートをお届けします!

会場は東京・六本木にある泉ガーデンギャラリー。2015年7月4日からの映画公開と合わせて、すでにスタートしておりますが、直前に開催されたプレスレビューにご招待いただいたので、イベントに参加できない人にも魅力を伝えるべく、展示の一部をご紹介していきますよ。

◆サイボーグ忍者マンに感激し、MAX渡辺マンに唸り、オリーブオイルぶっかけるマンに納得




国内外の著名人がデザインを考えた「オリジナルアイアンマン」の展示がイベントの目玉企画となっており、今回はタレントの速水もこみちさんや小島瑠璃子さん、音楽プロデューサー・中田ヤスタカさんら14人のアーティストが参加。

マックスファクトリー代表・MAX渡辺さんや、「GANTZ」を手がけた漫画家・奥 浩哉さん、「PS4」のCMでもお馴染みの山田孝之さんなど、過去イベントで披露された作品も再集結していました。



「メタルギア」シリーズで知られるクリエイター・新川洋司さんによるサイボーグ忍者めいたアイアンマンを生で拝見できたことが嬉しすぎて、興奮のあまり「雷電!雷電!」と口走り、「それ雷電ちがう!」とツッコミを受けてしまうというゲームメディアのライターにあるまじき失態をおかしたことを白状し、ここに謝罪いたします。ごめんなさい、許してください。

◆等身大アイアンマンスーツ、3mもの巨大な「ハルクバスター&ハルク」ジオラマ




トニー・スタークの自宅にあるアイアンマンスーツ7タイプが並ぶ「ホール・オブ・アーマー」を再現した展示、迫力満点の「ハルクバスター&ハルク」のジオラマも展示されており、手が届く距離でまじまじと眺めることができました。

ほかには劇中に登場した「キャプテン・アメリカ」の盾を装着したバイク、ソーの相棒・ムジョルニアなども展示されていました。

こちらは実際に触れることができ、高潔な心を持つ者にしか扱えないというムジョルニアを持ち上げてみようというチャレンジ企画も実施されていました。筆者はびくともしなかったですが、持ち上げられた人はいたのでしょうか。

◆歴代アイテムを見てまわるには相応の時間が必要




最初の展示エリアに戻って歴代アイテムを眺めていたのですが、意外にも「えっ、こんなの出てたのか!」となる出会いがあって楽しかったです。情報を全てチェックしているつもりでも、見落としているものは結構あるものですね。

「アベンジャーズ200%ホットトイズ」は、7月20日までの期間限定開催となっており、入場時間は10時30分から17時30分まで。期間中は無休で実施され、嬉しいことに入場料は無料となっていますよ!

それではまた次回の「フィグライフ!」をお楽しみに。今度こそ「キューポッシュ 雷」の外撮りレポをお届けします。
《haruyasy》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

    【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  2. 【週刊インサイド】『あつまれ どうぶつの森』ダイビングや7月からの虫取りなどに関心集まる! 『スマブラSP』カービィの“中華カワイイ”姿も話題に

アクセスランキングをもっと見る