人生にゲームをプラスするメディア

『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる

モバイル・スマートフォン iPhone

『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
  • 『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
  • 『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
  • 『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
  • 『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
  • 『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
  • 『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
  • 『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
『艦隊これくしょん』のクローンゲームが中国で人気を集めています。

本家『艦これ』を中国からプレイすることは、IPアドレスの制限により基本的にはできませんが、VPNなどを利用して接続する提督も存在しています。しかし日本語の壁などもあり、そのようなユーザーは全体の数からみるとごく少数。かわりに『艦これ』をインスパイアしたゲームが多数リリースされています。中には、あまりに似すぎているため中国の『艦これ』ファンたちが激怒し、サーバーを落とす事件にまで発展した『艦娘世界』なども存在しています。



一方で、Androidアプリとしてリリースされ、現在はiOSでもプレイできる『戦艦少女』では、交流会イベントなどのオフラインイベントもも開かれており、順調にプレイヤー数を伸ばしてきています。この『戦艦少女』も本家『艦これ』を真似ている部分が存在しますが、オリジナルの要素も取り入れており、独自の発展を目指している模様。 試しにインストールしてみたところ、チュートリアルも充実しており、初心者がかなりとっつきやすい作りになっていました。

他の画像も見る

そのほかにも有名どころでは『炮妹』などがあり、こちらもAndroid/iOSに対応。サイトを訪れてみると日本語のテーマソングまで用意されていました。



『艦これ』クローンは今後も続々と登場するとは思われますが、目新しさがなくなってしまった今、独自の展開がない限りユーザー数を伸ばしていくことは難しいと思われます。 しかし、『戦艦少女』のように多くのファンを持ち人気タイトルに発展しつついるものに関しては、それだけの人を引きつける内容を持っているため、もしかしたら将来本家を脅かす存在になるのかもしれません。
《菜種》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『FGO』、「1000万DL記念ピックアップ召喚」とりあえず10連―マーリン!王の話をしてくれ!

    『FGO』、「1000万DL記念ピックアップ召喚」とりあえず10連―マーリン!王の話をしてくれ!

  2. 【京まふ2017】アーケード版『Fate/Grand Order Arcade』の筐体で使用する実物のカードが初お披露目

    【京まふ2017】アーケード版『Fate/Grand Order Arcade』の筐体で使用する実物のカードが初お披露目

  3. 【プレイレポ】謎解きも!『ぷよクエ』×「名探偵コナン」コラボイベントはストーリーから音楽までコナンの世界観に

    【プレイレポ】謎解きも!『ぷよクエ』×「名探偵コナン」コラボイベントはストーリーから音楽までコナンの世界観に

  4. 『歌マクロス』、Fire Bomberの2人がついに参戦-ミレーヌを演じた平野綾さんのコメントも到着!

  5. 『FGO』クラス別ピックアップを7クラス分10連!計70連で☆5サーヴァントは何体?

  6. 【読者アンケート】『FGO』1000万DL突破キャンペーンどの★4サーヴァントをもらう?

  7. スクエニが新作『バトル オブ ブレイド』を発表-事前登録で“ねんがんのアイスソード”をゲット!?

  8. 『ポケモンGO』Niantic川島優志が岩田聡にメッセージ「ようやくここまで来ました」

  9. 『FGO』好きな星4サーヴァントが1騎もらえる!1000万DL記念キャンペーン

  10. 【レポート】ハルト&アオイが目の前に!実在するような臨場感たっぷりの『囚われのパルマ VR面会』を体験

アクセスランキングをもっと見る