人生にゲームをプラスするメディア

『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる

『艦隊これくしょん』のクローンゲームが中国で人気を集めています。

モバイル・スマートフォン iPhone
『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
  • 『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
  • 『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
  • 『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
  • 『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
  • 『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
  • 『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
  • 『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
『艦隊これくしょん』のクローンゲームが中国で人気を集めています。

本家『艦これ』を中国からプレイすることは、IPアドレスの制限により基本的にはできませんが、VPNなどを利用して接続する提督も存在しています。しかし日本語の壁などもあり、そのようなユーザーは全体の数からみるとごく少数。かわりに『艦これ』をインスパイアしたゲームが多数リリースされています。中には、あまりに似すぎているため中国の『艦これ』ファンたちが激怒し、サーバーを落とす事件にまで発展した『艦娘世界』なども存在しています。



一方で、Androidアプリとしてリリースされ、現在はiOSでもプレイできる『戦艦少女』では、交流会イベントなどのオフラインイベントもも開かれており、順調にプレイヤー数を伸ばしてきています。この『戦艦少女』も本家『艦これ』を真似ている部分が存在しますが、オリジナルの要素も取り入れており、独自の発展を目指している模様。 試しにインストールしてみたところ、チュートリアルも充実しており、初心者がかなりとっつきやすい作りになっていました。

他の画像も見る

そのほかにも有名どころでは『炮妹』などがあり、こちらもAndroid/iOSに対応。サイトを訪れてみると日本語のテーマソングまで用意されていました。



『艦これ』クローンは今後も続々と登場するとは思われますが、目新しさがなくなってしまった今、独自の展開がない限りユーザー数を伸ばしていくことは難しいと思われます。 しかし、『戦艦少女』のように多くのファンを持ち人気タイトルに発展しつついるものに関しては、それだけの人を引きつける内容を持っているため、もしかしたら将来本家を脅かす存在になるのかもしれません。
《菜種》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 【アンケート】『ウマ娘』マチカネのうるさい方、アグネスのやばい方決定戦!

    【アンケート】『ウマ娘』マチカネのうるさい方、アグネスのやばい方決定戦!

  2. 『Arcaea』第5弾メジャーアップデート配信!ストーリー完結編となる「Final Verdict」パック追加

    『Arcaea』第5弾メジャーアップデート配信!ストーリー完結編となる「Final Verdict」パック追加

  3. 普段国内ではゲットできない、激レア色違いも!「6周年イベント」で抑えるべき重要ポイントまとめ【ポケモンGO 秋田局】

    普段国内ではゲットできない、激レア色違いも!「6周年イベント」で抑えるべき重要ポイントまとめ【ポケモンGO 秋田局】

  4. タグ機能を駆使して、アメを効率良くゲット!知らなきゃもったいない「メガ進化ボーナス」を解説【ポケモンGO 秋田局】

  5. 『Arcaea』第5弾メジャーアップデート「Final Verdict」7月7日配信!いよいよ物語が完結へ

  6. モバイル向け最新作『ディビジョン リサージェンス』発表!基本プレイ無料のTPS-RPGで新たなストーリーが展開

  7. 『ウマ娘』のたづなさんって一体何者?「ウマ娘説」「トキノミノル説」の根拠となっているのは…

  8. 7月のイベントも盛りだくさん!特に「ディアルガ」復刻と毎週の「スポットライトアワー」がアツい!【ポケモンGO 秋田局】

  9. 限定技「ぶんまわす」を覚えたサザンドラをMAX強化!噂以上の強さに震えた…【ポケモンGO 秋田局】

  10. 『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る