人生にゲームをプラスするメディア

盲目の女主人公が“音で恐怖を感知する”ホラーゲーム『PERCEPTION』Kickstarter達成

PCゲーム その他PCゲーム

盲目の女主人公が“音で恐怖を感知する”ホラーゲーム『PERCEPTION』Kickstarter達成
  • 盲目の女主人公が“音で恐怖を感知する”ホラーゲーム『PERCEPTION』Kickstarter達成
  • 盲目の女主人公が“音で恐怖を感知する”ホラーゲーム『PERCEPTION』Kickstarter達成
  • 盲目の女主人公が“音で恐怖を感知する”ホラーゲーム『PERCEPTION』Kickstarter達成
  • 盲目の女主人公が“音で恐怖を感知する”ホラーゲーム『PERCEPTION』Kickstarter達成
  • 盲目の女主人公が“音で恐怖を感知する”ホラーゲーム『PERCEPTION』Kickstarter達成
  • 盲目の女主人公が“音で恐怖を感知する”ホラーゲーム『PERCEPTION』Kickstarter達成
  • 盲目の女主人公が“音で恐怖を感知する”ホラーゲーム『PERCEPTION』Kickstarter達成
  • 盲目の女主人公が“音で恐怖を感知する”ホラーゲーム『PERCEPTION』Kickstarter達成
盲目の女主人公が不気味な館を探索するホラーアドベンチャーゲーム『PERCEPTION』が、クラウドファンディングサイトKickstarterにて無事プロジェクト成功を収めました。

『PERCEPTION』は、盲目でありながら異常なほど発達した聴覚を持つ女主人公キャシーが悪夢の中で見た怪物の潜む巨大な屋敷が実際にあることを知り、実際にその屋敷を調査するというところから始まる一人称視点のホラーゲームです。



ゲームの特色でもあり、一風変わった設定の“盲目”という属性を持つキャシーがプレイの中で周囲の状況を知る方法ですが、彼女の数少ないアイテムのひとつ“杖”を床に突くことで、音を出し、その反響音を常人離れした聴覚によって捉えることで周りの情報を知るというものになります。



しかし、音を立てるといった行為は同時に屋敷に潜む怪物に自分の位置を知らせるということにもなり、武器を持たないキャシーが怪物から身を守るには、隠れるといった手段か、時計のアラームを利用して見当違いの場所におびき出すといった方法しかありません。



また、ゲームの舞台となる巨大な大邸宅は古くから存在し、放置された家具や物品も数多く残っており、それらをスマートフォンを使用して発見していくことで、その時代にジャンプし、屋敷が時間とともに変化してく過程を探索しながらダイレクトに知るといったこともできるそうです。



先日公開された動画では、盲目の主人公キャシーが広大な屋敷の中を散策中に、すすり泣く声に誘われてクローゼットを開いたところ、先は異界めいた墓地になっており、突如背後から迫り来る“人ならざる存在”から逃げ惑い、息を殺して隠れるまでがフューチャーされています。



『PERCEPTION』を製作中のインディーズスタジオ「The Deep END Games」は、『バイオショックシリーズ』や『デッドスペース』など数々のビッグタイトルを手がけたスタッフが集結したスタジオです。

現在は無事に目標金額に達し、プロジェクト成功となりましたが、ストレッチゴールドでは日本語を含む各国の字幕を追加するといった目標や著名なライターの起用などを掲げており、デフォルトで視覚障害者向けのシステムを導入するなど、同スタジオは意欲的かつ挑戦的な活動を行っています。

既に締め切られたプランもありますが、非常に充実した各プランの内容と、既にプロジェクトを成功させている点は出資する側にとっては嬉しいところ。プロジェクトの締め切りは日本時間で2015年6月25日の午前10時までとなっていますので、気になる方は急ぎ足でどうぞ。
《scarecrow》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. 6周年を迎えた『PSO2』クラウド版の反響や7周年に向けての意気込みは?酒井P&濱﨑Dに訊く

    6周年を迎えた『PSO2』クラウド版の反響や7周年に向けての意気込みは?酒井P&濱﨑Dに訊く

  2. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  3. Steam版所有者にDRMフリー版を提供するGOG.com新サービスが発表

    Steam版所有者にDRMフリー版を提供するGOG.com新サービスが発表

  4. 『ミリ姫大戦』3月22日にサービス終了、軍人や兵器を美少女化したブラウザゲーム

  5. 【年末年始】Steamの名作ビジュアルノベル10選

  6. 台湾産けもの系BLゲーム『家有大猫 Nekojishi』が日本語に対応!

  7. デスク型PCケースが想像以上に机だった

  8. 『艦これ』不正アクセスで「呉鎮守府サーバ」を新サーバ群へ緊急避難、「柱島泊地」再開放は延期の見込み

  9. PC版『夜廻』配信開始! デジタルアートブックやサントラも同時リリース

  10. ユーザー評価を理由に配信停止、ゲーム開発者が胸の内を語る

アクセスランキングをもっと見る