人生にゲームをプラスするメディア

盲目の女主人公が“音で恐怖を感知する”ホラーゲーム『PERCEPTION』Kickstarter達成

PCゲーム その他PCゲーム

盲目の女主人公が“音で恐怖を感知する”ホラーゲーム『PERCEPTION』Kickstarter達成
  • 盲目の女主人公が“音で恐怖を感知する”ホラーゲーム『PERCEPTION』Kickstarter達成
  • 盲目の女主人公が“音で恐怖を感知する”ホラーゲーム『PERCEPTION』Kickstarter達成
  • 盲目の女主人公が“音で恐怖を感知する”ホラーゲーム『PERCEPTION』Kickstarter達成
  • 盲目の女主人公が“音で恐怖を感知する”ホラーゲーム『PERCEPTION』Kickstarter達成
  • 盲目の女主人公が“音で恐怖を感知する”ホラーゲーム『PERCEPTION』Kickstarter達成
  • 盲目の女主人公が“音で恐怖を感知する”ホラーゲーム『PERCEPTION』Kickstarter達成
  • 盲目の女主人公が“音で恐怖を感知する”ホラーゲーム『PERCEPTION』Kickstarter達成
  • 盲目の女主人公が“音で恐怖を感知する”ホラーゲーム『PERCEPTION』Kickstarter達成
盲目の女主人公が不気味な館を探索するホラーアドベンチャーゲーム『PERCEPTION』が、クラウドファンディングサイトKickstarterにて無事プロジェクト成功を収めました。

『PERCEPTION』は、盲目でありながら異常なほど発達した聴覚を持つ女主人公キャシーが悪夢の中で見た怪物の潜む巨大な屋敷が実際にあることを知り、実際にその屋敷を調査するというところから始まる一人称視点のホラーゲームです。



ゲームの特色でもあり、一風変わった設定の“盲目”という属性を持つキャシーがプレイの中で周囲の状況を知る方法ですが、彼女の数少ないアイテムのひとつ“杖”を床に突くことで、音を出し、その反響音を常人離れした聴覚によって捉えることで周りの情報を知るというものになります。



しかし、音を立てるといった行為は同時に屋敷に潜む怪物に自分の位置を知らせるということにもなり、武器を持たないキャシーが怪物から身を守るには、隠れるといった手段か、時計のアラームを利用して見当違いの場所におびき出すといった方法しかありません。



また、ゲームの舞台となる巨大な大邸宅は古くから存在し、放置された家具や物品も数多く残っており、それらをスマートフォンを使用して発見していくことで、その時代にジャンプし、屋敷が時間とともに変化してく過程を探索しながらダイレクトに知るといったこともできるそうです。



先日公開された動画では、盲目の主人公キャシーが広大な屋敷の中を散策中に、すすり泣く声に誘われてクローゼットを開いたところ、先は異界めいた墓地になっており、突如背後から迫り来る“人ならざる存在”から逃げ惑い、息を殺して隠れるまでがフューチャーされています。



『PERCEPTION』を製作中のインディーズスタジオ「The Deep END Games」は、『バイオショックシリーズ』や『デッドスペース』など数々のビッグタイトルを手がけたスタッフが集結したスタジオです。

現在は無事に目標金額に達し、プロジェクト成功となりましたが、ストレッチゴールドでは日本語を含む各国の字幕を追加するといった目標や著名なライターの起用などを掲げており、デフォルトで視覚障害者向けのシステムを導入するなど、同スタジオは意欲的かつ挑戦的な活動を行っています。

既に締め切られたプランもありますが、非常に充実した各プランの内容と、既にプロジェクトを成功させている点は出資する側にとっては嬉しいところ。プロジェクトの締め切りは日本時間で2015年6月25日の午前10時までとなっていますので、気になる方は急ぎ足でどうぞ。
《scarecrow》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. Steam版『ニーア オートマタ』半額セールが開催中!―シリーズ8周年を記念して

    Steam版『ニーア オートマタ』半額セールが開催中!―シリーズ8周年を記念して

  2. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  3. 【特集】『クトゥルフ神話RPG 血塗られた天女伝説』“SAN値直葬”な恐怖に立ち向かえ!ドット絵が想像力と畏怖をかき立てる一作

    【特集】『クトゥルフ神話RPG 血塗られた天女伝説』“SAN値直葬”な恐怖に立ち向かえ!ドット絵が想像力と畏怖をかき立てる一作

  4. 話題の“刀”美男子化SLG『刀剣乱舞 -ONLINE-』登場キャラ20名を一挙紹介

  5. グラフィック・システムあらゆる要素が劇的進化!『FFXV』をPCで改めてプレイすべき理由

  6. PUBG Corp.が『荒野行動』など2作品に「配信/開発の差し止め」訴訟を提起【UPDATE】

  7. 『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善が予告、AR一強に終止符か

  8. PC版『デスティニーチャイルド』の事前登録受付が開始─PC版はちょっぴりセクシーに

  9. 大型アップデートとプラットフォーム統合を控える『ブラウザ三国志』の2015年について訊いた

アクセスランキングをもっと見る