人生にゲームをプラスするメディア

『シュタインズ・ゲート 0』PS4/PS3/PS Vitaにリリース決定…発売は2015年秋

科学ADVシリーズ最新作となる『STEINS;GATE 0』の対応プラットフォームが明らかとなりました。

ソニー PS4
『シュタインズ・ゲート 0』PS4/PS3/PS Vitaにリリース決定…発売は2015年秋
  • 『シュタインズ・ゲート 0』PS4/PS3/PS Vitaにリリース決定…発売は2015年秋
  • 『シュタインズ・ゲート 0』PS4/PS3/PS Vitaにリリース決定…発売は2015年秋
  • 『シュタインズ・ゲート 0』PS4/PS3/PS Vitaにリリース決定…発売は2015年秋
  • 『シュタインズ・ゲート 0』PS4/PS3/PS Vitaにリリース決定…発売は2015年秋
  • 『シュタインズ・ゲート 0』PS4/PS3/PS Vitaにリリース決定…発売は2015年秋
  • 『シュタインズ・ゲート 0』PS4/PS3/PS Vitaにリリース決定…発売は2015年秋
  • 『シュタインズ・ゲート 0』PS4/PS3/PS Vitaにリリース決定…発売は2015年秋
  • 『シュタインズ・ゲート 0』PS4/PS3/PS Vitaにリリース決定…発売は2015年秋
科学ADVシリーズ最新作となる『STEINS;GATE 0』の対応プラットフォームが明らかとなりました。

今年の3月に放送された「新作発表会 in ツイキャス」にて、「Occultic;Nine」のゲーム化や完全新作ADV『ANONYMOUS;CODE』などと共に発表された『STEINS;GATE 0』は、『STEINS;GATE』シリーズ史上初となる正統な続編として登場します。


本作の舞台は「β世界線」。主人公である岡部倫太郎が「大切な彼女」を救えなかった世界を描きます。失意の底にある岡部と、彼の身を案じる仲間たち。『STEINS;GATE』には登場しなかった新たなキャラクターも織り交ぜ、絶望から始まる新たな幕が上がります。

これまでに展開された小説3部作やドラマCDの内容も、分岐するルートのひとつとして収録予定という刺激的な本作ですが、気になる対応プラットフォームがPS4、PS3、PS Vitaの3ハードと決定しました。

また発売時期は2015年秋を予定。救われなかった「彼女」は、一体どうなったのか。そして岡部は、ここからどのような道を歩み始めるのか。期待を高めつつ続報をお待ちください。



『STEINS;GATE 0』は、2015年秋発売予定。価格は未定です。

(C)2015 MAGES./5pb./Nitroplus/Chiyo st. inc.
(C)2009 MAGES./5pb./Nitroplus
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》
臥待 弦(ふしまち ゆずる)

楽する為に努力する雑食系ライター 臥待 弦(ふしまち ゆずる)

世間のブームとズレた時間差でファミコンにハマり、主だった家庭用ゲーム機を遊び続けてきたフリーライター。ゲームブックやTRPGなどの沼にもどっぷり浸かった。ゲームのシナリオや漫画原作などの文字書き仕事を経て、今はゲーム記事の執筆に邁進中。「隠れた名作を、隠れていない名作に」が、ゲームライターとしての目標。隙あらば、あまり知られていない作品にスポットを当てたがる。仕事は幅広く募集中。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

    PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  2. 『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

    『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

  3. 『バイオハザード RE:2』あるある10選!誰もがアイテムのやりくりに悩みタイラントで遊ぶ!?

    『バイオハザード RE:2』あるある10選!誰もがアイテムのやりくりに悩みタイラントで遊ぶ!?

  4. 『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

  5. 『バイオハザード ヴィレッジ』の隠し武器はトンデモだらけ!これらヤバい武器の魅力を語らせてくれ【ネタバレ注意】【UPDATE】

  6. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  7. 【ビジネス解説】なぜゲオはPS4買取をPS5購入条件にしたのか…

  8. PS5のシェアスクリーン機能について考えてみた―同じゲームをしながら共通の話題で盛り上がるにはいいかも!

  9. 昭和78年に失踪?『SIREN』主人公“SDK”の行方不明写真が怖すぎー今年の夏にもファンイベントを実施

  10. 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

アクセスランキングをもっと見る