人生にゲームをプラスするメディア

『戦国無双4 Empires』早くも続報到着! シリーズならではの戦闘から武将ドラマまでお届け

コーエーテクモゲームスは、PS4/PS3/PS Vitaソフト『戦国無双4 Empires』の最新情報を公開しました。

その他 フォトレポート
『戦国無双4 Empires』早くも続報到着! シリーズならではの戦闘から武将ドラマまでお届け
  • 『戦国無双4 Empires』早くも続報到着! シリーズならではの戦闘から武将ドラマまでお届け
  • 『戦国無双4 Empires』早くも続報到着! シリーズならではの戦闘から武将ドラマまでお届け
  • 『戦国無双4 Empires』早くも続報到着! シリーズならではの戦闘から武将ドラマまでお届け
  • 『戦国無双4 Empires』早くも続報到着! シリーズならではの戦闘から武将ドラマまでお届け
  • 『戦国無双4 Empires』早くも続報到着! シリーズならではの戦闘から武将ドラマまでお届け
  • 『戦国無双4 Empires』早くも続報到着! シリーズならではの戦闘から武将ドラマまでお届け
  • 『戦国無双4 Empires』早くも続報到着! シリーズならではの戦闘から武将ドラマまでお届け
  • 『戦国無双4 Empires』早くも続報到着! シリーズならではの戦闘から武将ドラマまでお届け
コーエーテクモゲームスは、PS4/PS3/PS Vitaソフト『戦国無双4 Empires』の最新情報を公開しました。

様々な武将を操作して群がる敵をなぎ倒すという、一騎当千の爽快感が味わえるタクティカルアクションゲーム『戦国無双』シリーズに国取りシミュレーションの戦略性を組み合わせた、『Empires(エンパイアーズ)』の最新作となる『戦国無双4 Empires』が、9月3日に登場します。


前作『戦国無双3 Empires』から数えて約4年ぶりとなる『戦国無双』シリーズの『Empires』最新作となる本作は、それぞれの武将が主役となり、戦国武将達が配置された居城を3Dで表現。適材適所を考えながら人材を使いこなすことが攻略のカギとなり、直感的な政略の実行が可能になっています。

また、好評を博した戦闘システム「兵站線バトル」の復活や、史実に沿った因縁など武将たちの人間関係に焦点を当てた「武将ドラマ」など、戦略性や人間ドラマをたっぷり楽しめる、まさに「究極の、国取り無双」とも呼べる内容になっています。その特徴が早くも明らかとなっているので、どうぞお見逃しなく。

◆『戦国無双4 Empires』の特徴


■1.武将の力を引き出す、直感的・本格内政!

本作の戦略パートは、配下の武将たちを開発や軍備といった「奉行」に任命し、武将ごとに異なるさまざまな「提案」を採用することで進行します。もちろん任意でのコマンド選択も可能です。この政略画面は、居城に配置された武将たちが職務や仲間とのコミュニケーションを行う様子をシリーズで初めて3Dで表現。本格内政を直感的に楽しむことができます。

■2.「兵站線バトル」や全武将への「個別方針設定」が復活!

本作では、『戦国無双2 Empires』で好評だった戦闘システム、兵站ラインで結ばれた拠点を制圧しながら、前線を押し上げていく「兵站線バトル」が復活します。ほかにも、プレイヤーからの要望が多かった全武将への「個別方針設定」が可能に。


これにより、味方の武将全員に戦闘の方針を設定することができ、より戦略性の高いステージ攻略をおこなうことができます。また、戦場に連れて行く武将は、友好度を高めることにより操作が可能になり、戦闘中に最大8人の武将を切り替えながらの共闘感あふれるバトルをお楽しみいただけます。

■3.その手で動き出す武将たちのドラマ!

武将たちの人間関係に焦点を当てた多彩なドラマが展開される本作では、史実や逸話をもとにしたイベントはもちろん、プレイ次第で史実には無い関係にも発展。味方同士の友好関係やライバル関係、さらには敵武将との確執などの「人間ドラマ」が、政略時のイベントや戦闘中のミッションとしてゲームプレイの随所にちりばめられ、プレイヤーの選択やミッションの成否によってゲームの進行に大きな影響を及ぼします。


史実や逸話をもとにしたイベントは、基本的に全無双武将分が用意されており、“明智光秀が「ホトトギス」の歌を詠むなら…”など、武将の個性に応じたバリエーションを用意しています。木下藤吉郎(秀吉)が織田信長の草履を懐で温めた有名なイベントも収録されており、本作では配下が変わると温める武将も変わります。

■4.エディット武将&汎用武将の活躍も大幅にアップ!

武将に焦点を当てる本作では、『Empires』シリーズではおなじみの、プレイヤーが作成する「エディット武将」のほかにも、「汎用武将」のうち、無双武将化していない全国の有名武将などをはじめとした総勢100人以上にも固有の見た目を設定。

さらにシリーズ初の試みとして、戦国時代を彩った華やかな「姫武将」をこちらも総勢100人以上登場。もちろんこれらの武将全てが「武将ドラマ」に登場しますので、仲間集めの面白さが更に強化されます。

◆『Empires』ならではの戦闘


拠点を制圧しながら敵本陣を目指す、『Empires』おなじみのバトルです。ユーザーからの要望に答え、全武将への個別方針設定が復活。戦略性と共闘感を提供します。

■拠点バトル

敵拠点の制圧を目指します。画面上部の「拠点ゲージ」を0にすると、拠点を制圧できます。

■ミニマップ

拠点同士がラインで繋がった戦場です。敵本陣(右下)を目指して攻め上ります。味方拠点同士を結ぶラインは青、敵拠点同士を結ぶラインは赤、味方拠点と敵拠点を結ぶラインは紫です。味方拠点に隣接した敵拠点が主な戦場となり、味方武将と共に徐々に戦線を上げていきます。

■全武将命令

味方武将全員に、方針設定が可能です。また、(!)が表示されている武将は、「武将ドラマ」によってミッションが発生しており、操作キャラ切替が可能です。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『戦国無双4 Empires』は、2015年9月3日発売予定。価格は、PS4/PS3のパッケージ版が6,800円(税抜)、ダウンロード版が6,000円(税抜)、「プレミアムBOX」が10,800円(税抜)。PS Vitaのパッケージ版が5,800円(税抜)、ダウンロード版が5,143円(税抜)、「プレミアムBOX」が9,800円(税抜)です。

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「モンスターボールPlus使ってみてどうだった?」結果発表─雰囲気は最高!でも改善点も…?【読者アンケート】

    「モンスターボールPlus使ってみてどうだった?」結果発表─雰囲気は最高!でも改善点も…?【読者アンケート】

  2. いるはーと VS ???―インサイドちゃんの番組特別企画「VTuberハートフル頂上決戦」が11月22日に配信決定!

    いるはーと VS ???―インサイドちゃんの番組特別企画「VTuberハートフル頂上決戦」が11月22日に配信決定!

  3. 12年に及ぶプロジェクト『FF15』で田畑氏が残したレガシーとは?ーそして『FF16』に求めること【特集】

  4. ミスド、「ピカチュウドーナツ」を販売開始―人気沸騰で一部店舗では品切れ状態

  5. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  6. 実写映画版『名探偵ピカチュウ』予告編第一弾が海外向けに公開!

アクセスランキングをもっと見る