人生にゲームをプラスするメディア

「China Joy 2015」は“コンパニオンによる過激な露出”を禁止...違反の場合は高額な罰金も

中国最大のゲーム展示会チャイナジョイの主催団体は、7月に開催予定の「China Joy 2015」において、コンパニオンの過剰露出を禁止する声明を発表しました。

その他 全般
「China Joy 2015」は“コンパニオンによる過激な露出”を禁止...違反の場合は高額な罰金も
  • 「China Joy 2015」は“コンパニオンによる過激な露出”を禁止...違反の場合は高額な罰金も
  • 「China Joy 2015」は“コンパニオンによる過激な露出”を禁止...違反の場合は高額な罰金も
  • 「China Joy 2015」は“コンパニオンによる過激な露出”を禁止...違反の場合は高額な罰金も
  • 「China Joy 2015」は“コンパニオンによる過激な露出”を禁止...違反の場合は高額な罰金も
中国最大のゲーム展示会チャイナジョイの主催団体は、7月に開催予定の「China Joy 2015」において、コンパニオンの過剰露出を禁止する声明を発表しました。

中国の展示会では、肉体ショーとも揶揄されるコンパニオンの過剰露出が問題視されつつあり、4月に上海で行われたモーターショーではコンパニオン禁止令が出るなど、全体的に規制する方向へ動いています。

チャイナジョイ主催者の声明によると、今年の展示会は特定の団体と提携してコンパニオンやショーガールなどの演出や服装について管理するとのこと。 規定に従わない場合は罰則が適応されるようです。

■チャイナジョイ主催者の声明
「2003年から続くチャイナジョイは、ユーザーに質の高いゲーム体験を伝えるために開催されてきましたが、近年は過剰な露出を伴う演出ばかりが強調され、マスコミをにぎわすこととなりました。 このような傾向はチャイナジョイのブランドを貶めることになると感じています。

展示会がスタートした当初は、コンパニオンは純粋にゲームを注目させるための役割を担っていました。 しかし、昨今は外部からの不純な目による心もとない中傷を受けており、これはもともと想定していた”コンパニオン”の本来の意味から完全に脱却していると共に、ゲームメーカーが提供しようとしているより良いゲーム体験をも害することとなっています。

展示会の秩序を守るために検討した結果、我々は新絲路時尚との提携を決定しました。 同団体は展示会期間中ショーガールやショーボーイ、コスプレイヤーなどを管理する唯一の指定団体で、規定に従い厳格に対処する予定です。」


チャイナジョイのコンパニオン服装規定については、「2015年経済公司現場問題処罰標準」なる真偽不明のワード文書が数日前にネット上に流出し、話題になっていました。

その文書には、服装などの細かい規定と罰金が記載されており、たとえばスカートやパンツのウエスト位置の規定としてへそ下が2cm以上開いている場合は5000元。 胸元についても谷間を2cm以上見せると同じく5000元の罰金が科せられます。

また、コンパニオンの性別にかかわらず来場者と親密なポーズで撮影をすることや、セクシーなポスターの展示についても禁じており、こちらはそれぞれ1万元とさらに厳しい処置がとられるようです。

ネットではこの件について、「もともとゲームの展示会なんだからセクシーな女性はいらない。規制はいいことだ」と、この決定を歓迎する書き込みもありますが、「規制するなら行かない」「街中ではもっとすごい服装をしている人がいるけど、それも規制するの?」など、否定的な意見も多くみられました。

なお、上述のモーターショーではコンパニオン禁止となったものの、案内係や販売スタッフなどに名前を替えた美男美女たちが、様々なコスチュームに身をつつみ、会場を華やかに彩ったと伝えられています。
《菜種》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『モンスターハンター:ワールド』生態系の破壊者“恐暴竜”と化したヨッシーが見られるリテクスチャMod!

    『モンスターハンター:ワールド』生態系の破壊者“恐暴竜”と化したヨッシーが見られるリテクスチャMod!

  2. 100人の勇者に贈る!「ロトの剣」と「王者の剣 紅」を抽選でプレゼント─マクドナルド×ドラクエ RTキャンペーン第2弾

    100人の勇者に贈る!「ロトの剣」と「王者の剣 紅」を抽選でプレゼント─マクドナルド×ドラクエ RTキャンペーン第2弾

  3. 【週刊インサイド】『遊戯王デュエルリンクス』「5D'sワールド」開放に読者の関心集まる─『モンハン:ワールド』イベント情報にも注目

    【週刊インサイド】『遊戯王デュエルリンクス』「5D'sワールド」開放に読者の関心集まる─『モンハン:ワールド』イベント情報にも注目

  4. 「日本ゲーム大賞 2018」フューチャー部門の受賞作品が決定! ゲーマー期待の11作品が選出【TGS2018】

  5. ガン闘病中の少年の声に応えたベセスダスタッフ、車で4時間かけて『Fallout 76』とサイン付きグッズを届ける

  6. すでに初回分完売!懐かしのアップライト筐体をお手頃サイズ&価格でご自宅へ―タイトーブース・ARCADE1UP【TGS2018】

  7. インディーゲームコーナーで見かけた日本の懐かしいゲームたちを一挙紹介!【TGS2018】

  8. 【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

  9. 会場を彩った百花繚乱の美女コスプレイヤー&コンパニオンまとめ前編160枚【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る