人生にゲームをプラスするメディア

次回の「情熱大陸」は日野晃博…『妖怪ウォッチ』新キャラのアフレコから新プロジェクトまで

その他 全般

次回の「情熱大陸」は日野晃博…『妖怪ウォッチ』新キャラのアフレコから新プロジェクトまで
  • 次回の「情熱大陸」は日野晃博…『妖怪ウォッチ』新キャラのアフレコから新プロジェクトまで
次回の「情熱大陸」に、レベルファイブ代表取締役社長でありゲームクリエイターの顔も持つ日野晃博氏が出演します。

『イナズマイレブン』シリーズや『レイトン教授』シリーズなど、数多くの代表作を持つレベルファイブ。近年では特に、ゲームはもちろんアニメやグッズも大ヒットを果たした『妖怪ウォッチ』シリーズの躍進が著しいばかりです。

そんな『妖怪ウォッチ』の企画・シナリオ・原案・プロデュースを務め、また同社を力強く率いる日野氏が、5月31日放送の「情熱大陸」に登場。「子供たちが楽しんでいるのを見るのが、一番やって良かったなと思う瞬間」と語る日野氏の成功の秘密へと迫ります。



番組内では、『妖怪ウォッチ」の新キャラクターによるアフレコ収録に密着するほか、「徹底的に子供たちにアプローチする」と語る巨大プロジェクトに関しても綴られる模様です。同社のプロジェクトと言えば、今年の4月に発表されたクロスメディアプロジェクト「スナックワールド」を思い出す方も多いことでしょう。

番組で触れる巨大プロジェクトに関する詳細は明かされていませんが、「スナックワールド」の現状や続報などが語られる可能性もあります。興味がある方は、5月31日の23時10分からの放送をお見逃しなく。

(C) 1995-2015, Mainichi Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

    【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

  2. 【特集】ゲームタイトルを関西弁にしてみたら面白かった8選

    【特集】ゲームタイトルを関西弁にしてみたら面白かった8選

  3. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  4. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  5. 【昨日のまとめ】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明監修の「人造人間21号」真の姿とは、「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編、バンダイナムコが動画配信サービスを立ち上げ…など(1/22)

  6. 「EVO Japan」にてe-Sportsを語るトークイベント「ゲームセンター文化のゆくえ」を1月27日に開催

  7. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case06「interlude」

  8. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  9. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る