人生にゲームをプラスするメディア

アニメイト、池袋本店の『刀剣乱舞』缶バッチ早朝販売に関するお詫びを発表

アニメイトは、池袋本店にて5月10日に実施した早朝販売に関するお詫びを、公式サイトへ掲載しました。

その他 全般
アニメイト、池袋本店の『刀剣乱舞』缶バッチ早朝販売に関するお詫びを発表
  • アニメイト、池袋本店の『刀剣乱舞』缶バッチ早朝販売に関するお詫びを発表
アニメイトは、池袋本店にて5月10日に実施した早朝販売に関するお詫びを、公式サイトへ掲載しました。

池袋本店では、5月10日の7時45分から『刀剣乱舞-ONLINE-』の「ハート缶バッジコレクション四」の早朝販売を開始。女性ユーザーを中心に高い人気を集めているPCブラウザゲーム『刀剣乱舞』のグッズだけに注目度も高く、多くのファンが早朝販売に足を運びました。

しかしこの早朝販売は見込みを上回る反響を見せ、現場の対策不足が浮き彫りとなる結果に。今回の件に関して同社は、「近隣住民の皆様をはじめ、多くの方々にご迷惑をお掛けいたしました」と、公式サイトにて謝罪文を掲載しました。

また今回の対策不足を教訓とし、今後は「近隣住民の皆様やお客様へ、ご迷惑・ご負担をお掛けしない対策を検討、実施させていただきます」ともしており、万全の体勢で店舗運営に努める旨も明かされています。

人気が高まればファンの規模も拡大し、それに伴う諸問題が発生しやすくなるのは避けにくい事態と言えます。『刀剣乱舞』人気により、様々な博物館などで来場者が増加。またゲーム原作の舞台化なども活性化しており、鑑賞マナーの案内などもより重要性を増しています。主催側・参加者ともに、意識の見直しが改めて求められる局面へと差し掛かったのかもしれません。

(C)1997-2011, animate Ltd.
(C)Kazuhiko Shimamoto・MOVIC
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「ビデオゲームの殿堂」2019年候補作品が発表―『スマブラDX』『マリオカート』『ハーフライフ』『モータルコンバット』など

    「ビデオゲームの殿堂」2019年候補作品が発表―『スマブラDX』『マリオカート』『ハーフライフ』『モータルコンバット』など

  2. 日本一ソフトウェアが新作タイトルのカウントダウンサイトを公開! 画面には“赤い”何かが……

    日本一ソフトウェアが新作タイトルのカウントダウンサイトを公開! 画面には“赤い”何かが……

  3. 『ダクソ』3部作『ブラボ』『デモンズソウル』を全て「1度も攻撃を食らわずにクリアする」超人が現れる

  4. 『アズレン』軽空母「セントー」が1/7スケールフィギュアに!Tony氏による美麗イラストを忠実に再現

  5. ポケモンバトル日本一を決める「ポケモンジャパンチャンピオンシップス2019」開催決定!世界大会への出場権も

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. TVアニメ『アズールレーン』最新PV&ティーザービジュアル公開! 立ち並ぶは「エンタープライズ」と「赤城」

アクセスランキングをもっと見る

1