人生にゲームをプラスするメディア

【超会議2015】『青鬼』のお化け屋敷を体験レポ…最後の最後まで気を抜けない

その他 フォトレポート

【超会議2015】『青鬼』のお化け屋敷を体験レポ…最後の最後まで気を抜けない
  • 【超会議2015】『青鬼』のお化け屋敷を体験レポ…最後の最後まで気を抜けない
  • 【超会議2015】『青鬼』のお化け屋敷を体験レポ…最後の最後まで気を抜けない
  • 【超会議2015】『青鬼』のお化け屋敷を体験レポ…最後の最後まで気を抜けない
  • 【超会議2015】『青鬼』のお化け屋敷を体験レポ…最後の最後まで気を抜けない
  • 【超会議2015】『青鬼』のお化け屋敷を体験レポ…最後の最後まで気を抜けない
  • 【超会議2015】『青鬼』のお化け屋敷を体験レポ…最後の最後まで気を抜けない
ニコニコ動画の実況配信において、ホラーゲームはもはや外せないジャンルです。そんなホラーゲームの人気作をモチーフにし、お化け屋敷として再現したのが超ホラーゲームお化け屋敷です。

本ブースでは、『青鬼』『魔女の家』『クロエのレクイエム』『月光妖怪』『DeathForest ~森からの脱出~【増殖】』という、実況配信のファンであれば聞いたことがあるであろう自作ホラーゲームが集結し、さまざまな仕掛けでユーザーを驚かせてきます。



規模としては15分程度と短めですが、その分内容が濃く、次から次へと新たな恐怖が襲ってきます。実際に体験してみた筆者としては、遊園地にある昔ながらのお化け屋敷を思い出しました。暗い中を手探りで歩きながら、「絶対何かある…」と分かっていながらもやはり驚いてしまう。そんな純粋な楽しみがあります。

中に入ると、青鬼に代表される各ホラーゲームのキャラクターが登場。仕掛けもひと工夫がされており、時には同行者とともに謎を解かなければ先へ行けないエリアもあります。このあたりは、友達同士で入るのはもちろん、あえて知らない人同士で挑戦しても、また違った楽しみがあるかも?



また、待ち構えているアクターの演技もかなり本格的。さらにもうすぐ出口…というところまで来ても、最後の最後で追い打ちをかけてきます。いや本当に、心臓に悪いのでナメてかかるのは非常に危険です。



そんな超ホラーゲームお化け屋敷ですが、やはり昨今の実況配信の人気を反映してか、イベントの開場直後から多くの人が駆けつけ、1時間もしないうちに規制がかかるほど。実際に楽しめた人は、かなりラッキーかもしれません。
《ユマ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『星のカービィ』とランジェリーブランドがコラボ! 可愛いルームウエアや雑貨など全6型で展開

    『星のカービィ』とランジェリーブランドがコラボ! 可愛いルームウエアや雑貨など全6型で展開

  2. ドラマ「光のお父さん」第1話の制作秘話を原作者が語る―サイト「一撃確殺SS日記」にて連載開始

    ドラマ「光のお父さん」第1話の制作秘話を原作者が語る―サイト「一撃確殺SS日記」にて連載開始

  3. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】若いころはゲームキャラと恋ができたのに…

    【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】若いころはゲームキャラと恋ができたのに…

  4. “操縦できる紙飛行機”が登場! スマホで遠隔操作できる「PowerUp 3.0」が日本に上陸

  5. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  6. 【昨日のまとめ】海外レビューハイスコア『マリオカート8 DX』、『EGGLIA~赤いぼうしの伝説~』英語版が製作、『サカつくシュート!2017』と「GIANT KILLING」がコラボ…など(4/22)

  7. 【昨日のまとめ】「P5D.jp」「P5U.jp」など『ペルソナ5』関連の複数ドメイン見つかる、『スプラトゥーン2』amiibo要素の続報、「一番くじ ゼルダの伝説」5月20日発売…など(4/21)

  8. 東方Project第16弾は『東方天空璋』! リリースは夏コミ─体験版の配布予定も

  9. 【特集】『連休に没頭できるSteamゲーム』10選

  10. 「HONEY∞PARADE GAMES」5月9日設立、高木謙一郎が代表取締役に─『閃乱カグラ』を中心にしつつ次世代IPの創出も

アクセスランキングをもっと見る