人生にゲームをプラスするメディア

スマホと剣が連動する「コスプレ電飾衣装」とは…LEDや加速度センサーを内蔵し、アプリで調整可能

同人STGを代表する一シリーズとして名を馳せている「東方Project」は、その人気の高さゆえに数多くの二次創作活動が広がっており、同人誌や同人ゲームはもちろんのこと、東方キャラクターになりきるコスプレも盛んに行われています。

その他 全般
スマホと剣が連動する「コスプレ電飾衣装」とは…LEDや加速度センサーを内蔵し、アプリで調整可能
  • スマホと剣が連動する「コスプレ電飾衣装」とは…LEDや加速度センサーを内蔵し、アプリで調整可能
  • スマホと剣が連動する「コスプレ電飾衣装」とは…LEDや加速度センサーを内蔵し、アプリで調整可能
  • スマホと剣が連動する「コスプレ電飾衣装」とは…LEDや加速度センサーを内蔵し、アプリで調整可能
  • スマホと剣が連動する「コスプレ電飾衣装」とは…LEDや加速度センサーを内蔵し、アプリで調整可能
同人STGを代表する一シリーズとして名を馳せている「東方Project」は、その人気の高さゆえに数多くの二次創作活動が広がっており、同人誌や同人ゲームはもちろんのこと、東方キャラクターになりきるコスプレも盛んに行われています。

そんな東方キャラクターのひとり「比那名居天子」のコスプレ衣装を制作したメイキング動画が、2013年に公開されました。しかもただの服飾ではなく、比那名居天子の虹色のスカートを電飾で再現した、電飾コスプレ衣装です。

身にまとったコスプレイヤーも鮮やかに浮かび上がらせるこの電飾コスプレは、歩行を認識すると色が変わるといった機能も搭載しており、再現度だけでなくユニークな特徴にも大きな注目が集まりました。

その動画を公開した「静丘」さんがこのたび、新たな動画を公開しました。電飾した比那名居天子の衣装「電飾天子」をバージョンアップし、さらに「緋想の剣」も制作。38個のフルカラーLEDが衣装と剣を浮かび上がらせる独特な雰囲気を、新たな動画で確認することができます。

しかも緋想の剣は、タッチセンサーで起動させると18個のLEDにより緋色に輝きます。また柄にある回転スイッチを切り替えたり加速度センサーを反応させることで、その色も変化していきます。加えて剣とスカートの色が連動し、ポーズにより色が変化するという機能も備えています。

衣装もいっそうの進化を遂げ、スカートの色を制御するスマホアプリにより、アプリ操作で自在に色やその回転速度などを変更可能に。この見事な完成度は、直接見てもらうことで実感していただくのが一番の近道でしょう。時間に余裕がある方は、直接動画をご覧ください。


URL:http://www.nicovideo.jp/watch/sm25866075

なお「東方オンリーの例大祭向けに写真集+メイキング冊子を鋭意製作中」とのことなので、「電飾天子」の魅力に目覚めた方はそちらの情報も随時チェックしてみましょう。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『ファイナルファンタジー』などの音楽を手がけた植松伸夫氏が療養のため一時活動休止へ

    『ファイナルファンタジー』などの音楽を手がけた植松伸夫氏が療養のため一時活動休止へ

  2. 『バイオハザード RE:2』ステージレポ─手に汗握る実機プレイに会場の視線も釘付け【TGS2018】

    『バイオハザード RE:2』ステージレポ─手に汗握る実機プレイに会場の視線も釘付け【TGS2018】

  3. 『プロジェクトイーブイ』最後の9人目「リーフィア」のオリジナルトレーナーが公開!ミステリアスな王子様系“男装女子”

    『プロジェクトイーブイ』最後の9人目「リーフィア」のオリジナルトレーナーが公開!ミステリアスな王子様系“男装女子”

  4. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  5. タイトー、TGSで小型アーケード筐体『ARCADE1UP』を出展─『スペースインベーダー』『パックマン』が当時の姿で復活!

  6. 【コスプレ】美人レイヤーが夜景バックに魅了! 「ラグコス2018」“夜の部”フォトレポート【写真98枚】

  7. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  8. 『メガドライブ ミニ(仮)』の発売が2019年へ延期―海外ファンからの反響を受けてモデルチェンジを実施

  9. DS版『スマブラ』にスーパーファミコン版『FFXIII』?海外ファンの力作画像

  10. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る