人生にゲームをプラスするメディア

5pb.祭り『ミステリートF~探偵たちのカーテンコール~』ステージレポ…キャスト陣から作品への思いも語られた本作、気になる制作状況は?

MAGES.が3月1日に秋葉原で開催した「5pb.祭り2015」。本稿では、『ミステリートF ~探偵たちのカーテンコール~』ステージイベントの模様を紹介します。

マイクロソフト Xbox One
5pb.祭り『ミステリートF~探偵たちのカーテンコール~』ステージレポ…キャスト陣から作品への思いも語られた本作、気になる制作状況は?
  • 5pb.祭り『ミステリートF~探偵たちのカーテンコール~』ステージレポ…キャスト陣から作品への思いも語られた本作、気になる制作状況は?
  • 5pb.祭り『ミステリートF~探偵たちのカーテンコール~』ステージレポ…キャスト陣から作品への思いも語られた本作、気になる制作状況は?
MAGES.が3月1日に秋葉原で開催した「5pb.祭り2015」。本稿では、『ミステリートF ~探偵たちのカーテンコール~』ステージイベントの模様を紹介します。

本作は、故・菅野ひろゆき氏が制作したミステリーアドベンチャー『ミステリート』シリーズの完結編として開発が進められているタイトル。1作目に当たる『ミステリート~八十神かおるの挑戦!~』の移植版と、その続編となる『ミステリート2~フェアウェル・エンカウンター~』の2本が収録されることが明かされています。

今回のステージイベントには、本作のプロデューサーを務める浅田誠氏、八十神かおる役の緒方恵美さん、東西役の川田神司さんの3名が登壇。収録時のエピソードや、キャラクター、そして作品への思いが語られました。



◆なぜ今『ミステリート』を作るのか


最初の話題として挙がったのは、そもそもなぜ『ミステリート』の新作を作ることになったのか。『ミステリート2』のシナリオは、2011年に逝去した菅野氏がプロットを残されており、これを浅田氏が引き継いだ形で、制作されています。そこには大きなプレッシャーもあったと思いますが、当の浅田氏によると、MAGES.に入社して最初に提案された仕事が『ミステリート2』の制作だったとのこと。当時は、「自分がやるしかない」という使命感に駆られ、引き受けたといいます。

ボイスの収録に関しては、緒方さんは前作の移植版も録り直しているとのこと。そのボリュームは膨大で、緒方さん1人で4万ワードにものぼると話していました。一般的なノベルゲームでは全キャラクターを通して2万ワード程度だというので、その圧倒的なボリュームがよく分かります。浅田氏も「ギネスブックに申請しようかと思います」と冗談交じりに話していました。

緒方さんによると、現在は『ミステリート2』の収録に入った段階とのことで、菅野氏の気持ちをゲーム内に残すため、日々協議をしながら作り続けているそうです。そして浅田氏も「緒方さんは前作から出演しているので、細かい違いにも気付いてくれる。そのおかげで修正も細かくチェックできています」と感謝の言葉を口にしていました。

対して川田さんが演じる東西ですが、前作はそのままのボイスが使用されるそうで、収録は『ミステリート2』だけ。そのため、収録も次回で終了するといいます。川田さんは前作にあった八十神かおると東西の会話による駆け引きを気に入っていたそうで、今回もその魅力を入れていきたいと話していました。

◆新作でキャラクターはどう描かれる?


続いては、八十神かおると東西の人物像をさらに深く掘り下げていくことになります。まず八十神かおるですが、18歳ながらオックスフォード大学を飛び級で卒業している頭脳の持ち主で、凄腕の探偵。また、変装の名人ですがなぜか女性に扮する場面ばかりが目立つキャラクターです。緒方さんによると、頭が切れるが子供っぽい一面があるキャラクターとのことで、その個性を引き出せるよう、収録中も語尾のニュアンスを微妙に変えていくなど、試行錯誤を繰り返したとのこと。結果的に深みが出て、より魅力的な探偵になったとコメントしていました。一方で、ある種の中二病っぽさはしっかりと残っているとも話していました。

そして東西は、お調子者で探偵としての腕はいまいちな人物。ホストのようなルックスで、女癖が非常に悪いのも特徴。また、女装したかおるに手を出したこともあるという、いわく付きのキャラクターです。東西を演じた川田さんによると、「彼の中にはルールがあって、そのルールを守るひたむきな部分もあるんです」と解説。真っ直ぐだけど外しがちなセリフが目立つから、周囲からは滑稽に見られがちなのだとか。また、「こんな友だちがいたら面白そう」と好感を抱いている様子でした。



さらに浅田氏によると、八十神かおるは子供っぽさが垣間見えるときのギャップに魅力を感じていて、収録時から「こんな感じなのか」と、ボイスを聞いて新鮮な驚きを感じているそうです。加えて東西に対しては、「真面目な部分とおちゃらけた部分を切り替える瞬間にグッと来る」とコメントを残していました。

今回は緒方さん、川田さんが演じるキャラクターの話題が中心になっていましたが、それ以外のキャラクターも新しいキャストとなり注目を集めています。緒方さんも新キャスト陣を「凄くいい」と評しており、そのクオリティの高さが伺えました。各キャラクターのボイスは公式サイトでいくつか聞けますが、今後もさらに公開されるそうです。

そして気になる製作状況ですが、浅田氏は「1作目が終わったところなので、50%といったところです」と回答。現在はCARNELIAN氏による新しい原画も、着々と仕上がっているとのこと。さらに「キャストの皆さんと作り上げている最中で、ここまで来たら最後までしっかりやり遂げたいです」と宣言し、会場を後にしました。
《ユマ》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

マイクロソフト アクセスランキング

  1. Xbox360 LIVE アーケードのゲームがセットになった新モデルを発売

    Xbox360 LIVE アーケードのゲームがセットになった新モデルを発売

  2. 約20年間、未発見だった初代Xboxのイースターエッグが明らかに―元開発者が暴露

    約20年間、未発見だった初代Xboxのイースターエッグが明らかに―元開発者が暴露

アクセスランキングをもっと見る