人生にゲームをプラスするメディア

脅威のリアルタイムモーションキャプチャーで『バーチャ』!舞台「TOKYOHEAD」開幕

ディー・バイ・エル・クリエイションは、東京グローブ座にて、舞台「TOKYOHEAD~トウキョウヘッド~」を開幕しました。

その他 全般
脅威のリアルタイムモーションキャプチャーで『バーチャ』!舞台「TOKYOHEAD」開幕
  • 脅威のリアルタイムモーションキャプチャーで『バーチャ』!舞台「TOKYOHEAD」開幕
  • 脅威のリアルタイムモーションキャプチャーで『バーチャ』!舞台「TOKYOHEAD」開幕
  • 脅威のリアルタイムモーションキャプチャーで『バーチャ』!舞台「TOKYOHEAD」開幕
  • 脅威のリアルタイムモーションキャプチャーで『バーチャ』!舞台「TOKYOHEAD」開幕
  • 脅威のリアルタイムモーションキャプチャーで『バーチャ』!舞台「TOKYOHEAD」開幕
  • 脅威のリアルタイムモーションキャプチャーで『バーチャ』!舞台「TOKYOHEAD」開幕
  • 脅威のリアルタイムモーションキャプチャーで『バーチャ』!舞台「TOKYOHEAD」開幕
  • 脅威のリアルタイムモーションキャプチャーで『バーチャ』!舞台「TOKYOHEAD」開幕
ディー・バイ・エル・クリエイションは、東京グローブ座にて、舞台「TOKYOHEAD~トウキョウヘッド~」を開幕しました。


舞台「TOKYOHEAD~トウキョウヘッド~」は、90年代にゲームセンターで起きた『バーチャファイター』ブームを描いたノンフィクション「TOKYOHEAD RE:MASTERED」を原作としたコメディー作品です。脚本・演出はヨーロッパ企画の上田誠氏。村川絵梨さん、尾上寛之さん、吉沢亮さんら豪華出演者によって舞台化が実現しました。

昨日3月18日(水)より開幕した舞台「TOKYOHEAD~トウキョウヘッド~」。90年代に一大ブームを巻き起こした伝説のビデオゲーム『バーチャファイター』を演劇に取り入れた“ゲームセンターコメディー”である本作ですが、技術的な挑戦とも言える“脅威のテクノロジー”を謳った特殊な演出の全貌も明らかになりました。


◆舞台上に本物の筐体を4台設置!巨大スクリーンに画面投影

舞台上には、対戦仕様の本物のビデオゲーム筐体が4台設置されており、その映像をリアルタイムで投影する巨大スクリーンが組まれています。筐体には『バーチャファイター』および『バーチャファイター2』の基板を搭載。劇中、キャスト同士が実際に対戦を行うといった前代未聞の演出により、物語の時代考証やリアリティを追求しています。巨大なゲームセンターになったかのようなセットと演出によって、観客を圧倒し物語の世界に引き込みます。


◆リアルタイムモーションキャプチャーでキャラを操作

演出には、モーションキャプチャー技術を応用したリアルタイムCG再生システム「DL-EDGE」を導入。劇中、『バーチャファイター』のスーパープレイヤー“鉄人”役の一人としてに登場する吉沢亮さんがモーションキャプチャースーツを着用し、『バーチャファイター』のCGキャラクターをリアルタイムで操作するアクション演技を披露します。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

終演後に行われる「おまけトークショー」には、各界からの多彩な豪華ゲストが参加。また、全キャスト参加による『バーチャファイター』のトーナメント大会を舞台上で開催するなど、本作ならではのミニイベントも実施します。ミニイベントは、3月23日(月)の千穐楽公演以外で実施予定です。


◆舞台「TOKYOHEAD~トウキョウヘッド~」

■日程:2015年3月18日(水)~2015年3月23日(月)
・3月18日(水) 開演19:00
・3月19日(木) 開演19:00
・3月20日(金) 開演14:00 開演19:00(2回公演)
・3月21日(土) 開演13:00 開演18:00(2回公演)
・3月22日(日) 開演13:00
・3月23日(月) 開演13:00
(開場時間は開演時間の30分前です。また未就学児童は入場不可となっています。)
■場所:東京グローブ座
■公式サイト:http://www.tokyohead2015.com/
■公式Twitter:@tokyohead2015

■原作:大塚ギチ「TOKYOHEAD RE:MASTERD」(bootleg! books)
■脚本・演出:上田誠(ヨーロッパ企画)
■出演:
 村川絵梨 尾上寛之 吉沢亮
 石田剛太 酒井善史 諏訪雅 土佐和成 (以上4名はヨーロッパ企画)
 今井隆文(劇団プレステージ) 亀島一徳(ロロ)
 菅原永二 / 石田明(NON STYLE)
■企画・製作・主催:ディー・バイ・エル・クリエイション

■チケット(全席指定):S席6,800円(税込) A席(3F)5,800円(税込)
■チケット取扱い:
・チケットぴあ http://pia.jp/t/
 0570-02-9999(Pコード:441-943)
・ローソンチケット:http://l-tike.com/
 0570-084-003(Lコード:37422)
 0570-000-407(オペレーター 10:00~20:00)
・イープラス http://eplus.jp/
・サンライズオンライン http://sunrisetokyo.com
・コンビニ店頭
 セブン-イレブン、ローソン、ミニストップ、ファミリーマート、サークルKサンクス

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

かつて『バーチャファイター』に熱狂した世代はぜひ劇場に足を運んで、ゲームセンターならではの空気を出演者とともに体感してみてはいかがでしょうか。


写真:引地信彦
(C)GICHI OHTSUKA/DXL CREATION
(C)SEGA
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『エルシャダイ』のフリー素材を配布開始─商用利用も可能でいいの? 「大丈夫だ、問題ない」

    『エルシャダイ』のフリー素材を配布開始─商用利用も可能でいいの? 「大丈夫だ、問題ない」

  2. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case01「異常な博士の愛情」

    【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case01「異常な博士の愛情」

  3. 大和撫子でお嬢様なポケモントレーナー・エリカ!20年以上経っても人気が衰えない理由を『ポケカ』から考察

  4. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case03「恋人までのディスタンス」

  5. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  6. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

アクセスランキングをもっと見る

1