人生にゲームをプラスするメディア

【アナログゲーム決死圏】第1回 アナログゲームってなんだ?ボードゲームやTRPGなど、その種類と魅力を解説

その他 全般

【アナログゲーム決死圏】第1回 アナログゲームってなんだ?ボードゲームやTRPGなど、その種類と魅力を解説
  • 【アナログゲーム決死圏】第1回 アナログゲームってなんだ?ボードゲームやTRPGなど、その種類と魅力を解説
  • 【アナログゲーム決死圏】第1回 アナログゲームってなんだ?ボードゲームやTRPGなど、その種類と魅力を解説
  • 【アナログゲーム決死圏】第1回 アナログゲームってなんだ?ボードゲームやTRPGなど、その種類と魅力を解説
  • 【アナログゲーム決死圏】第1回 アナログゲームってなんだ?ボードゲームやTRPGなど、その種類と魅力を解説

◆ミニチュアゲーム




ミニチュアゲームとは、兵士や兵器などのミニチュア(模型)を駒として使い、戦場を再現して対戦するシミュレーションゲームの総称。要するに、デジタルゲームで言うところのターン制ストラテジーを、ジオラマの中で実際に駒を動かしながら遊ぶようなゲームです。

その歴史は古く、19世紀頃から鉛の兵隊を使って遊ばれていましたが、近代のミニチュアゲームは1983年にイギリスで発売されたファンタジー・ミニチュアゲーム『ウォーハンマー』が人気を獲得して以来、欧米を中心に様々なタイトルが登場しています。

先述のTRPGのように各駒に設定された能力値とダイスを使い、様々なゲーム上の判定を行いながら遊んでいきます。駒を動かす際、マス目ではなく、メジャーを使って移動や攻撃の距離を測って遊ぶものが多いのも特徴の1つです。

大戦争を再現するものから、少数精鋭部隊による遭遇戦を再現するものまで戦闘規模も様々。歴史上の戦いを再現するものはもちろん、TRPGと同様にファンタジーやSF系の独自の世界を舞台に対戦するものがたくさんあります。

しかし、なんといっても最大の特徴は、対戦ゲームでもありながらも模型趣味であるというところ。自分で組立や塗装をした駒を使い、自分だけの軍隊を編成し対戦するところが面白いです。上手に塗ってあっても強くなったりするものではありませんが、『ガンダムビルドファイターズ』の先祖みたいな雰囲気のゲームと捉えてくれるとイメージが湧きやすいかもしれません。

他のアナログゲーム同様、デジタルゲーム化もされており、『Warhammer 40,000:Dawn of War』や『Blood Bowl』、『Warmachine:Tactics』はどれもミニチュアゲームが原作。かく言う私も、『Dawn of War』のフィギュアを買う感覚でミニチュアを買いに行ったらゲームにハマっていました。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

初回から長めな説明となりましたが、アナログゲームに興味を持っていただけたでしょうか? 次回からは、3回に分けて今回紹介した3種のゲームのそれぞれの始め方を紹介していきます。それではまた次回!!
《傭兵ペンギン》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『FGO』ジュラルミン製iPhoneケースの限定予約が開始―どんな衝撃からもサーヴァントが守ってくれる!

    『FGO』ジュラルミン製iPhoneケースの限定予約が開始―どんな衝撃からもサーヴァントが守ってくれる!

  2. お値段約100,000円!『仁王』ウィリアムの1/4フィギュア受注スタート

    お値段約100,000円!『仁王』ウィリアムの1/4フィギュア受注スタート

  3. 『カスタムオーダーメイド3D2』にVTuber実現機能「バーチャルアバタースタジオ」追加!―ただし現時点では18歳未満は利用禁止・収益化も不可

  4. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  5. 『ドラクエVR』4月27日稼働開始!アクティビティの予約は本日4月20日からスタート

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  7. 【昨日のまとめ】『モンハン:ワールド』新古龍や“重ね着装備”などの追加を発表、『フォートナイト』誘導ミサイルが削除へ、『Nintendo Labo』試作・開発編インタビュー公開…など(4/18)

アクセスランキングをもっと見る

1