人生にゲームをプラスするメディア

民主主義を宇宙へ!SFシューティング『HELLDIVERS』の入隊PVが怪しすぎる…発売は3月5日

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、Arrowhead Game Studios開発のPS4/PS3/PS Vita向けSFシューティング『HELLDIVERS(ヘルダイバー)』を、3月5日に国内発売すると発表しました。

ソニー PS4
民主主義を宇宙へ!SFシューティング『HELLDIVERS』の入隊PVが怪しすぎる…発売は3月5日
  • 民主主義を宇宙へ!SFシューティング『HELLDIVERS』の入隊PVが怪しすぎる…発売は3月5日
  • 民主主義を宇宙へ!SFシューティング『HELLDIVERS』の入隊PVが怪しすぎる…発売は3月5日
  • 民主主義を宇宙へ!SFシューティング『HELLDIVERS』の入隊PVが怪しすぎる…発売は3月5日
  • 民主主義を宇宙へ!SFシューティング『HELLDIVERS』の入隊PVが怪しすぎる…発売は3月5日
  • 民主主義を宇宙へ!SFシューティング『HELLDIVERS』の入隊PVが怪しすぎる…発売は3月5日
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、Arrowhead Game Studios開発のPS4/PS3/PS Vita向けSFシューティング『HELLDIVERS(ヘルダイバー)』を、3月5日に国内発売すると発表しました。価格は2,000円(税別)です。



本作は、「スーパーアース」のエリート特殊部隊「ヘルダイバー」のメンバーとなり襲い来るエイリアンの群れと戦う見下ろし型シューティングゲーム。プレイする度に新たな緊張感を生むランダム生成ミッションと、たった1つのミスが全滅へとつながる高い難易度が特徴です。シビアな弾薬制限あり、フレンドリーファイアありのコアゲーマー向け骨太シューティングはまさに地獄へのダイブ。

攻略の鍵を握るのは弾薬や武器の供給が受けられる「戦略支援」。弾薬補給の唯一の手段でもありますが、要請するためには「L1ボタンを押しながら→←↓↓↑←」といった罰ゲームのようなコマンド入力を要求されます。エイリアンは「サイボーグ」「イルミネイト」「ムシ」の3種類に分かれており、それぞれに合わせた武器の切り替えは必須。くわえて、オフにできないフレンドリーファイアはドMゲーマー仕様で、空中からの支援爆撃や補給物資のコンテナ、味方のグレネードに巻き込まれても即死です。



また、ローカルとオンラインのマルチプレイに対応しており、高難易度ミッションの達成にはプレイヤー同士の協力が必要不可欠。リロードの隙をカバーし合ったり、ダウン状態の仲間を戦闘へ復帰させたりと、ソロプレイでは乗り越えられない壁を結束力で打ち砕けます。そのほか、クロスプラットフォーム・クロスセーブにも対応。別機種でプレイ中の仲間とも一緒に遊べます。

さらに、3月5日から4月29日までの期間限定で、追加ダウンロードコンテンツ「レンジャー装備パック」が付属するリミテッドエディションが通常版と同価格で配信予定。ゲーム内で使えるカスタムユニフォームや武器、戦略支援がセットになっています。なお、期間終了後は有料DLCとして販売されるとのことです。

記事提供元: Game*Spark
《》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

    『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  2. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

    『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  3. TGS 2018『デススト』ステージイベント詳細が決定!津田健次郎さん、大塚明夫さんら声優陣も登場

    TGS 2018『デススト』ステージイベント詳細が決定!津田健次郎さん、大塚明夫さんら声優陣も登場

  4. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  5. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  6. PS4『CONCEPTION PLUS 俺の子供を産んでくれ!』発売決定!高画質化や一部演出の強化に加え、マヒルさんの性格もより親しみやすく?

  7. 【吉田輝和の絵日記】アクションADV『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』刮目!ララの腕力(かいなぢから)

  8. 10年の全てを熟成させた『Devil May Cry 5』は「カッコいい」ありき―クリエイター陣が語る「ファンのために作られたDMC」とは

  9. 『シェンムー I&II』“伝説”を愛し続けてくれるファンに感謝を… ローカライズディレクター野口氏インタビュー【TGS2018】

  10. 『EARTH DEFENSE FORCE: IR』手応えのある操作感、没入度の高いグラフィック、処理落ちなしの巨大生物─全ての体験が刺激的だったプレイレポ【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る