人生にゲームをプラスするメディア

民主主義を宇宙へ!SFシューティング『HELLDIVERS』の入隊PVが怪しすぎる…発売は3月5日

ソニー PS4

民主主義を宇宙へ!SFシューティング『HELLDIVERS』の入隊PVが怪しすぎる…発売は3月5日
  • 民主主義を宇宙へ!SFシューティング『HELLDIVERS』の入隊PVが怪しすぎる…発売は3月5日
  • 民主主義を宇宙へ!SFシューティング『HELLDIVERS』の入隊PVが怪しすぎる…発売は3月5日
  • 民主主義を宇宙へ!SFシューティング『HELLDIVERS』の入隊PVが怪しすぎる…発売は3月5日
  • 民主主義を宇宙へ!SFシューティング『HELLDIVERS』の入隊PVが怪しすぎる…発売は3月5日
  • 民主主義を宇宙へ!SFシューティング『HELLDIVERS』の入隊PVが怪しすぎる…発売は3月5日
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、Arrowhead Game Studios開発のPS4/PS3/PS Vita向けSFシューティング『HELLDIVERS(ヘルダイバー)』を、3月5日に国内発売すると発表しました。価格は2,000円(税別)です。



本作は、「スーパーアース」のエリート特殊部隊「ヘルダイバー」のメンバーとなり襲い来るエイリアンの群れと戦う見下ろし型シューティングゲーム。プレイする度に新たな緊張感を生むランダム生成ミッションと、たった1つのミスが全滅へとつながる高い難易度が特徴です。シビアな弾薬制限あり、フレンドリーファイアありのコアゲーマー向け骨太シューティングはまさに地獄へのダイブ。

攻略の鍵を握るのは弾薬や武器の供給が受けられる「戦略支援」。弾薬補給の唯一の手段でもありますが、要請するためには「L1ボタンを押しながら→←↓↓↑←」といった罰ゲームのようなコマンド入力を要求されます。エイリアンは「サイボーグ」「イルミネイト」「ムシ」の3種類に分かれており、それぞれに合わせた武器の切り替えは必須。くわえて、オフにできないフレンドリーファイアはドMゲーマー仕様で、空中からの支援爆撃や補給物資のコンテナ、味方のグレネードに巻き込まれても即死です。



また、ローカルとオンラインのマルチプレイに対応しており、高難易度ミッションの達成にはプレイヤー同士の協力が必要不可欠。リロードの隙をカバーし合ったり、ダウン状態の仲間を戦闘へ復帰させたりと、ソロプレイでは乗り越えられない壁を結束力で打ち砕けます。そのほか、クロスプラットフォーム・クロスセーブにも対応。別機種でプレイ中の仲間とも一緒に遊べます。

さらに、3月5日から4月29日までの期間限定で、追加ダウンロードコンテンツ「レンジャー装備パック」が付属するリミテッドエディションが通常版と同価格で配信予定。ゲーム内で使えるカスタムユニフォームや武器、戦略支援がセットになっています。なお、期間終了後は有料DLCとして販売されるとのことです。

記事提供元: Game*Spark
《》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

    『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  2. 『モンハン:ワールド』になぜベヒーモス?『FFXIV』コラボの裏側を、辻本良三氏&吉田直樹氏に訊く【E3 2018】

    『モンハン:ワールド』になぜベヒーモス?『FFXIV』コラボの裏側を、辻本良三氏&吉田直樹氏に訊く【E3 2018】

  3. 『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

    『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

  4. 『モンハン:ワールド』次回イベクエで“歴戦王”のヴァルハザクが登場!狩王決定戦のクエストも配信開始

  5. 『エースコンバット7』新画像公開!美麗な天候効果やHUDなどがお披露目

  6. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  7. 「『モンハン:ワールド』で復活してほしいモンスターといえば?」結果発表―ベスト3はやっぱりあの3体!【読者アンケート】

  8. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリに完全勝利した?それともキャンプ送り?」結果発表―ナナの圧倒的強さに脱帽!【読者アンケート】

  9. あの漫画キャラが大暴れ!対戦ACT『JUMP Force』ゲームプレイ映像―3vs3の夢のチーム戦が展開【E3 2018】

  10. 『アサシン クリード オデッセイ』は“サービス”になり、毎週コンテンツが追加予定―海外報道

アクセスランキングをもっと見る