人生にゲームをプラスするメディア

年明けに「在庫切れ」となった3.8mのロボット「クラタス」、再び入荷 ─ 価格は1億2,000万円、送料は350円

その他 フォトレポート

年明けに「在庫切れ」となった3.8mのロボット「クラタス」、再び入荷 ─ 価格は1億2,000万円、送料は350円
  • 年明けに「在庫切れ」となった3.8mのロボット「クラタス」、再び入荷 ─ 価格は1億2,000万円、送料は350円
  • 年明けに「在庫切れ」となった3.8mのロボット「クラタス」、再び入荷 ─ 価格は1億2,000万円、送料は350円
少年時代に抱いた「ロボットパイロットになる」という夢を叶えてくれるかもしれない「クラタス」が、大手通販サイト「Amazon」に再び入荷しました。

この「クラタス」は、重量約5トン、身長は3.8mに及ぶ人型四脚巨大トイロボットです。ディーゼルエンジンを搭載し、また「安全性・快適性は保障されませんが」との断り書きはあるものの、人間が搭乗するスペースもあり、購入者に操縦する醍醐味を提供してくれます。

カテゴリーとしては“おもちゃ”に分類され、また「スターターキット」となるので両腕はありませんが、それでもこの「クラタス」が秘めている魅力は大きく、1億2,000万円という高額ながらも多くの注目と関心を集めています。

2013年12月にAmazonにて取り扱いを始めた「クラタス スターターキット」、長い間「在庫切れ」でしたが、1月6日に「1点在庫あり」の状態になりました。しかも同日の夜には、再び「在庫切れ」となったため、「もしかして売れたのか?」との話題が持ち上がりました。


存在だけでも大きな興味を引く「クラタス」ですが、このたびAmazonの在庫が再び復活していることを確認しました(1月31日 9時00分 現在)。相変わらず在庫は1点のみですが、1億2,000万円を支払うことが可能ならば誰でも巨大ロボットを購入できるというのは、一部の方々にとっては実に刺激的な状態と言えるでしょう。

現在発売中の「クラタス スターターキット」を、誰かが購入するのか。購入者のレビューは書き込まれるのか。そして、約5トンもの「クラタス」が350円の配送料で届くのか(関東の場合)。どれも気になるばかりです。

(C)SUIDOBASHI HEAVY INDUSTRY
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】ゲームタイトルを関西弁にしてみたら面白かった8選

    【特集】ゲームタイトルを関西弁にしてみたら面白かった8選

  2. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  3. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  4. 【昨日のまとめ】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明監修の「人造人間21号」真の姿とは、「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編、バンダイナムコが動画配信サービスを立ち上げ…など(1/22)

  5. アニメ「レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~」2018年4月放送開始!

  6. 「EVO Japan」にてe-Sportsを語るトークイベント「ゲームセンター文化のゆくえ」を1月27日に開催

  7. 【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

  8. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  9. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

アクセスランキングをもっと見る