人生にゲームをプラスするメディア

大人の鬼ごっこが楽しめる『Evolve』のシングルモードって?実際にプレイしてみた

先日発表された4人の新ハンターと3体目のボスモンスターのプレイフィールに加えて、4種類のマッチを組み合わせた「脱出モード」をレポートします。

ソニー PS4

◆新モンスター「レイス」




最後に3体目のボス、敏捷性に優れたステルス型のメスモンスター、レイスを初体験。神出鬼没と呼ばれる通り素早いワープ移動が特徴で機動力に優れています。自ら生み出すアリーナ内部で高速で両腕の鎌を振り回す能力「亜空間」を使えば、大型の野生動物も一瞬で狩れます。そのため、優秀な移動力も合わさって比較的短時間で最終形態まで進化できる印象。ハンターとの戦闘では物陰に隠れての待ち伏せ戦法が非常に有効。「神隠し」のスキルを使えば遠距離からハンターを連れ去ることができるので、メディックなどの要注意クラスを孤立させるのに便利です。



「衝撃波」は周囲への範囲攻撃なので囲まれてリンチ状態に陥った際に重宝します。敵を散らしたらワープ移動で一気に距離を稼げます。さらに、今回のプレイで最も重要だと感じたスキルは分身を作り出す「囮」。発動中は敵から本体の姿が見えなくなるため、確実かつ安全に戦闘区域から離脱できます。ハンターたちの目を欺いた後はまた身を潜めて「神隠し」などの不意打ちを狙っていくのがいいでしょう。しかし、多彩な攻撃手段の一方で脆い耐久性が玉に瑕。上述したキャボットのダメージ・アンプのような強力な兵器で一気に畳み掛けられるとあっけなく沈んでしまいます。まさに玄人向けのボスという印象でした。



これまでの体験会やアルファテストを通して全てのキャラクターとモンスターをプレイしてきましたが、強く実感してきた本作最大の特徴はチーム編成やゲームモードの組み合わせによる戦術とプレイスタイルの多様性です。マルチプレイでは対戦相手やチームメイトのキャラクターまでは指定できないので臨機応変な戦略が求められますが、シングルキャンペーンとして遊べる「脱出モード」では全ての組み合わせを自由にカスタマイズできるので、マルチ対戦に向けたトレーニングにもってこい。いろんな編成を実験して自分に最適なプレイスタイルを見つける醍醐味があります。

常に命懸け、大人の鬼ごっこが楽しめるCo-opサバイバルシューター『Evolve』は、2KからPC/PS4/Xbox Oneを対象に、2015年3月5日の国内発売を予定。価格は7,700円(税別)です。さらに1月16日からはXbox One向けにオープンベータテストが、その後PC/PS4向けに対象者限定のクローズドベータテストが実施されます。この春、惑星シーアで全世界が“進化”するでしょう。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『原神』1周年動画で“計8項目のゲーム内データ”公開!ファトゥス「公子」との初戦勝率は…

    『原神』1周年動画で“計8項目のゲーム内データ”公開!ファトゥス「公子」との初戦勝率は…

  2. 「エルシャダイを10年間笑ってた方へ」という開発者のメッセージにホロリ…「悪名は無名に勝る」という言葉が染みる

    「エルシャダイを10年間笑ってた方へ」という開発者のメッセージにホロリ…「悪名は無名に勝る」という言葉が染みる

  3. 『CoD: Vanguard』オープンベータは9月17日午前2時から開始予定!新たなトレイラーも公開

    『CoD: Vanguard』オープンベータは9月17日午前2時から開始予定!新たなトレイラーも公開

  4. 「LOST JUDGEMENT」八神が部活顧問に! ダンス、ロボコン、暴走族…多彩なミニゲーム満載「ユースドラマ」を先行プレイレポ

  5. 「ペルソナ25周年記念」で『P5R』『P5S』などが40%オフ!DLCも一挙にセール

  6. 「PS5」の販売情報まとめ【9月15日】─ソフマップ3店舗が店頭にて抽選受付中

  7. 『テイルズ オブ アライズ』史上最速で100万本突破!その快挙に富澤Pやアルフェン役・佐藤拓也さんも反応

  8. 『原神』ミラーメイデンは“ノーパン”かもしれない…彼女を隅々まで観察し見えてきた、家庭的で拘束好きという可能性

  9. 『原神』新★5キャラ「珊瑚宮心海」の詳細公開!暴風時には「火計にぴったり」とまで呟く、軍師気質の回復役

  10. PS5、スクリーンショット保存時の通知を非表示にする機能が実装!連続撮影もこれで快適

アクセスランキングをもっと見る