人生にゲームをプラスするメディア

『白猫プロジェクト』が“Oculus Rift”に対応!スマホをコントローラーにする専用アプリも

コロプラは、Oculus Rift対応アプリ『白猫VRプロジェクト』を本日1月9日より提供開始しました。

モバイル・スマートフォン Android
『白猫プロジェクト』が“Oculus Rift”に対応!スマホをコントローラーにする専用アプリも
  • 『白猫プロジェクト』が“Oculus Rift”に対応!スマホをコントローラーにする専用アプリも
  • 『白猫プロジェクト』が“Oculus Rift”に対応!スマホをコントローラーにする専用アプリも
  • 『白猫プロジェクト』が“Oculus Rift”に対応!スマホをコントローラーにする専用アプリも
  • 『白猫プロジェクト』が“Oculus Rift”に対応!スマホをコントローラーにする専用アプリも
  • 『白猫プロジェクト』が“Oculus Rift”に対応!スマホをコントローラーにする専用アプリも
  • 『白猫プロジェクト』が“Oculus Rift”に対応!スマホをコントローラーにする専用アプリも
  • 『白猫プロジェクト』が“Oculus Rift”に対応!スマホをコントローラーにする専用アプリも
  • 『白猫プロジェクト』が“Oculus Rift”に対応!スマホをコントローラーにする専用アプリも
コロプラは、Oculus Rift対応アプリ『白猫VRプロジェクト』を本日1月9日より提供開始しました。

2014年にリリースされた王道RPG『白猫プロジェクト』を、Oculus Rift対応のVR版として開発した『白猫VRプロジェクト』は、ゲームプレイ中の全てのシーンを360度視点に対応し、敵キャラや超巨大なボスキャラとのバトルをバーチャルリアリティの世界で楽しめるアプリです。

さらにコロプラは、スマートデバイス向けにOculus Riftタイトル専用コントローラーアプリ『colopad』を独自開発。『colopad』を使用することでスマートフォンやタブレットがゲームパッドとなり、Oculus Riftアプリでも移動や攻撃、必殺技などのアクションを指一本で快適な操作が可能になります。『colopad』のAndroid版は本日より提供を開始し、iOS版は近日中に提供予定とのこと。こちらの続報に関してはお待ちください。

◆『白猫VRプロジェクト』概要


【白猫VRプロジェクト】(英語名称:Shironeko VR Project)
■価格:無料
■動作環境
・対応OS : MacOSX 10.8 , 10.9 , 10.10
CPU : Intel Core i5 2.4 GHz 以上
GPU:Intel HD4000 以上、 GeForce GT 650M以上
※MacBookの場合は、MacBook Pro 2012年以降のモデル推奨

・対応OS : Windows7, Windows8
CPU : Intel Core i5 2.4 GHz 以上
GPU : DirectX 11と互換性を持つミドルエンド以上

■ダウンロードURLhttps://share.oculus.com/app/shironeko-vr-project--vr

※『白猫VRプロジェクト』をプレイするためには、Oculus Rift本体(DK2含む)が必要となります。(動作には、Oculus Runtime Version 0.4.4以上が必要となります。)
※スマートデバイス版『白猫プロジェクト』とのデータ連携は行えません。

【colopad】
■価格:無料
■対応OS:Android バージョン 4.0以降
■Google Play URLhttps://play.google.com/store/apps/details?id=jp.colopl.vr.colopad

※iOS版は近日中に配信予定です。
※colopad対応のOculus Riftアプリとcolopadを同じアクセスポイント(Wi-Fi)で接続することで操作が可能となります。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


※コロプラおよびコロプラロゴは、株式会社コロプラの登録商標です。 
※iPhone、iPod touch、iPad、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
※iOS はCisco Systems, Inc. またはその関連会社の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※Android、Google Playは、Google Inc. の商標です。
※MacBookPro、Mac OS Xは米国およびその他の国におけるApple Inc.の登録商標または商標です。
※Windows 7、Windows 8、DirectX 11またはその他のマイクロソフト製品の名称および製品名は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※その他すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『アズールレーン』空母「加賀」がまさかの“SSR戦艦”として登場!?月末の大型イベントで実装決定

    『アズールレーン』空母「加賀」がまさかの“SSR戦艦”として登場!?月末の大型イベントで実装決定

  2. 『アズールレーン』重巡洋艦「ヨーク」に改造実装が決定―進化した力<†フォース†>を感じろ!

    『アズールレーン』重巡洋艦「ヨーク」に改造実装が決定―進化した力<†フォース†>を感じろ!

  3. 『ポケモンGO』対戦機能「トレーナーバトル」実装!利用するにはトレーナーレベル10以上が必要

    『ポケモンGO』対戦機能「トレーナーバトル」実装!利用するにはトレーナーレベル10以上が必要

  4. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  5. 『チェンクロ3』「平成最後の年末年始キャンペーン」開催―ガチャ1年分と好きなキャラクター1体が当たる「絆くじ」など内容盛り沢山!

  6. ルギアをたった4人で倒したる!構成やCPを一挙公開【ポケモンGO 秋田局】

  7. 『ポケモンGO』対戦機能「トレーナーバトル」の詳細情報が公開!重要なのはCPの高さよりも戦略

  8. 『サカつく RTW』“Jリーグモード”に登場する選手リストが公開―「J1」から「J3」まで合計54クラブ!

  9. 『サカつくRTW』金満オーナーが「Jリーグ」に挑戦したら、真逆の経営に面食らうも面白さは倍増!

  10. 『リボハチ』事前登録32万件突破で「鏡の魔女」の配布が決定!新報酬「眠り姫」や「カボチャの魔女」紹介動画も公開

アクセスランキングをもっと見る