人生にゲームをプラスするメディア

コミケ87全体レポ…ダウンロード販売時代にこそパッケージの魅力あり?

その他 全般

2014年を締めくくる12月28日から30日、東京国際展示場にてコミックマーケット87が開催されました。

最終日の西ホールでは「同人ソフト」コーナーが設置。多くのゲームが展示・頒布されました。当日は好天に恵まれ、快適にブースを周ることができました。気になるタイトルの詳細は別記事で報告するとして、ここでは全体レポートをお届けします。



オリジナルや二次創作のビデオゲームと共に周辺機器や技術書なども並ぶ「同人ソフト」。今年のサークル参加数は700弱と例年より少なめでした。おそらくBitSummitやデジゲー博といった他のインディーゲームのイベントが国内で増加した結果と思われます。とはいえ、会場の熱気は相変わらずで海外からの一般参加者も目立っていました。



展示されたゲームの傾向としては、シューティングやノベルという定番ジャンルはもちろん、今年はシミュレーションRPGが目立っていた印象があります。他方、Oculus Riftなどを利用したVRコンテンツはほとんど見当たりません。会場が手狭で電源も取れないといった理由によるものと思われますが、結果的にBitSummitやデジゲー博とは異なったラインナップが並びました。





昨今では、Steamなどのダウンロード販売で国内の同人ゲームが世界に配信されることは珍しくはありません。今回の参加サークルも栄えある「世界デビュー」を果たしたサークルもいくつもありました。しかしながら、特にそれらのサークルに人気が集中するということもなく、初参加サークルの作品も完売することも珍しくありません。



またダウンロード販売と異なり、フィジカルな即売会ではパッケージへのこだわりもひとしおです。豪華なプレス盤からお手製のDVD-Rまでパッケージのバリエーションはかなり幅があり、見ているだけでも楽しかったです。さらに『五月雨』、『RefRain』といったSTGで有名なRebRankでは『DOUJIN GAME × PACKAGE DESIGN Vol.02』という同人誌を頒布。同人ゲームのパッケージに特化した内容の同人誌で、印刷会社へのインタビューから有名同人ゲームのパッケージデザインの資料を掲載したマニアックで豪華な一冊となっています。



その他、イラストを基板にプリントした「痛基板」やお手製のUSBモニターなどの周辺機器も頒布。ダウンロード販売が主流になりつつあるPCゲームの世界ですが、オフラインの即売会ではこういった周辺機器やパッケージが魅力的になるのではと改めて感じました。写真は多数掲載しましたので、ぜひとも工夫をこらしたパッケージや展示物にも注目してください。





記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

その他 アクセスランキング

  1. “操縦できる紙飛行機”が登場! スマホで遠隔操作できる「PowerUp 3.0」が日本に上陸

    “操縦できる紙飛行機”が登場! スマホで遠隔操作できる「PowerUp 3.0」が日本に上陸

  2. 『星のカービィ』とランジェリーブランドがコラボ! 可愛いルームウエアや雑貨など全6型で展開

    『星のカービィ』とランジェリーブランドがコラボ! 可愛いルームウエアや雑貨など全6型で展開

  3. シリーズ最新作『ボンバーガール』ロケテスト開催中! 華やかな協力対戦ACTをいち早く体験しよう

    シリーズ最新作『ボンバーガール』ロケテスト開催中! 華やかな協力対戦ACTをいち早く体験しよう

  4. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』シオカラーズのストーリー第一話、『GUILTY GEAR』石渡太輔氏x「楽園追放」水島精二監督対談、New 2DS LL「はぐれメタルエディション」…など(4/28)

  5. 「けものフレンズ」オリジナルクッキー発売決定 熊本市動植物園への寄付金付き

  6. Wピースがかわいすぎ!「ねんどろいど レーシングミク 2017 Ver.」の情報が公開

  7. 『FFXIV』エオルゼアカフェにて「紅蓮のリベレーター」発売記念イベントが開催!侍やラクシュミのコースター追加も

  8. 「けものフレンズ」全国4ヶ所の市営内動物園とコラボ決定!オリジナルグッズを販売

  9. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  10. “ここはジャパリパーク”ポーズも再現できる「ねんどろいど サーバル」彩色原型が公開、「かばんちゃん」のねんどろいど化も決定

アクセスランキングをもっと見る