人生にゲームをプラスするメディア

コーエーテクモ、12月10日を“三國志の日”として記念日登録…記念パッケージには「漢剣」が付属!?

コーエーテクモゲームスは、来年30周年を迎える初代『三國志』の発売日にちなみ、12月10日を“歴史シミュレーションゲーム『三國志』の日”として記念日登録したと発表しました。あわせて、Windows PCソフト『「三國志」30周年歴代タイトル全集』発売決定を発表しました。

PCゲーム その他PCゲーム
三國志 30周年記念ロゴ
  • 三國志 30周年記念ロゴ
  • 漢剣 (※写真はイメージです)
  • シブサワ・コウ氏
コーエーテクモゲームスは、来年30周年を迎える初代『三國志』の発売日にちなみ、12月10日を“歴史シミュレーションゲーム『三國志』の日”として記念日登録したと発表しました。あわせて、Windows PCソフト『「三國志」30周年歴代タイトル全集』発売決定を発表しました。


『三國志』は、1985年12月10日発売され、現在もシリーズが継続する人気歴史シミュレーションゲームです。2015年に30周年を迎えるにあたり、その発売日である12月10日を記念日として制定。より広く、多くの人に周知するため、日本記念日協会に記念日登録を申請し“歴史シミュレーションゲーム『三國志』の日”として認定されました。

また、『三國志』シリーズ30年の歩みが凝縮されたWindows PCソフト『「三國志」30周年歴代タイトル全集』の発売も決定。本日より予約が開始されているほか、30周年記念特設サイトのティザー版(http://www.gamecity.ne.jp/sangokushi30th/)もオープンしています。


◆「三國志」30周年歴代タイトル全集


対応機種:Windows PC(Vista/7/8/8.1)
発売日:2015年3月20日(金)
価格:33,333円(税抜)

商品内容:
・『三國志』歴代ゲームソフト(12枚 ピクチャーレーベル仕様)
※『三國志IV』以降の9作品はすべてパワーアップキットを含んだゲーム内容となっています。
・豪華専用ディスク収納ブックレット
・『三國志』歴代サウンドトラックCD(12枚組、専用ケース入り)
・『三國志』ビジュアルアートブック
・『三國志』歴代パッケージデザイン風ポストカード(12枚)

『「三國志」30周年歴代タイトル全集』は、1985年に発売した初代『三國志』から、シリーズ12作目となる『三國志12』までの12作品を収録した記念商品です。シリーズ作品1枚1枚が美麗ピクチャーレーベルに収められているほか、歴代サウンドトラックを収録した12枚組CD、ビジュアルアートブック、歴代パッケージデザイン風ポストカードなど、さまざまな特典をセットにした豪華な内容となっています。更に、コーエーテクモゲームスが運営するGAMECITYでは、「漢剣」のレプリカを同梱した限定セットも同時に発売されるので、こちらもどうぞお見逃しなく。

◆「三國志」30周年歴代タイトル全集 GAMECITY限定セット



対応機種:Windows PC(Vista/7/8/8.1)
発売日:2015年3月20日(金)
価格:33,333円(税抜)

商品内容:
・「三國志」30周年歴代タイトル全集
・「漢剣」レプリカ
※「漢剣」レプリカは、シリアルナンバーの刻印が入ります。
※『三國志』30周年ロゴ入りの専用台座が付属します。
※本製品は観賞用インテリア品です。
※製品仕上げに関しては、多少の個体差がある場合があります。
※掲載写真は「漢剣」の商品イメージです。実際の商品とは仕様が異なる場合があります。


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


シリーズの生みの親、ゼネラルプロデューサーのシブサワ・コウ氏からもメッセージが届いているのでご紹介します。

■シブサワ・コウ氏からのメッセージ

1985年12月10日。
私どもは歴史シミュレーションゲーム『三國志』を発売いたしました。2015年はそこから30年目の節目となります。これに合わせ、このたび12月10日が“歴史シミュレーションゲーム『三國志』の日”と日本記念日協会によって登録されました。

長い間、このシリーズが続いてきたのも、『三國志』シリーズをはじめ、『真・三國無双』シリーズや『100万人の三國志』などのソーシャルゲーム、『真・三國無双 Online』といったオンラインゲームなど、当社の『三國志』コンテンツを応援してくださった皆様のおかげです。

30周年となる2015年には、その記念タイトルとなるシリーズ最新作をリリースする予定で、現在全力で開発を進めております。ほかにも『三國志』30周年に相応しい、数々の取り組みを行ってまいりますので、どうぞご期待ください。

2014年12月10日
シブサワ・コウ


今後も歴史シミュレーションゲーム『三國志』シリーズコンテンツは、そのゲームタイトルも新たな歴史を重ねていきます。30週年を迎える『三國志』の展開に期待です。

(C)1985-2014 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. 「DOOMで打ち合わせお願いします」―話題のツイートにベセスダ公式も反応、実際に『DOOM』でオンラインミーティングをする方法も?

    「DOOMで打ち合わせお願いします」―話題のツイートにベセスダ公式も反応、実際に『DOOM』でオンラインミーティングをする方法も?

  2. PC版『FF7 リメイク』Epic Gamesストア登録情報がデータトラッカーサイトから発見される

    PC版『FF7 リメイク』Epic Gamesストア登録情報がデータトラッカーサイトから発見される

  3. プロチーム「SCARZ」が主催する『Apex Legends』の大会「SCARZ CUP powered by LEGION」の開催が6月20日に決定!

    プロチーム「SCARZ」が主催する『Apex Legends』の大会「SCARZ CUP powered by LEGION」の開催が6月20日に決定!

  4. 『VALORANT』新エージェント「KAY/O(ケイ・オー)」…先行プレイしてわかったその強さを解説!【ファーストインプレッション】

  5. 『Apex Legends』「逃げろ」と言った日本人プレイヤーがプレイ禁止に―人種差別的な言葉「Nワード」とシステムが誤認か

  6. 『VALORANT』の“エピソード3 ACT1”は6月23日開始!新エージェント「KAY/O(ケイ・オー)」を含む新情報が多数公開に

  7. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

  8. 「開発中止はしません!」で始まった『ブルプロ』の情報番組「ブルプロ通信」番外編―新クラス「ヘヴィ スマッシャー」が発表

  9. 大接戦を繰り広げた第5回「CRカップ」の順位結果まとめ!『Apex Legends』インフルエンサーの祭典で栄冠に輝いたのは…?

  10. 『ランス01 光をもとめて』を手掛けたイラストレーター・魚介氏と、ディレクター・いってんちろく氏が「アリスソフト」を退社

アクセスランキングをもっと見る