人生にゲームをプラスするメディア

【海外ゲーマーの声】泉水敬氏退任にねぎらいの声、国内ハードビジネスの厳しさも指摘

本日発表が行われた、日本マイクロソフトのインタラクティブ・エンターテイメント・ビジネス ゼネラルマネージャー泉水敬氏退任の報について海外ゲーマーがコメントを寄せています。

マイクロソフト Xbox One
【海外ゲーマーの声】泉水敬氏退任にねぎらいの声、国内ハードビジネスの厳しさも指摘
  • 【海外ゲーマーの声】泉水敬氏退任にねぎらいの声、国内ハードビジネスの厳しさも指摘
  • 【海外ゲーマーの声】泉水敬氏退任にねぎらいの声、国内ハードビジネスの厳しさも指摘
今週発表があった、日本マイクロソフトのインタラクティブ・エンターテイメント・ビジネス ゼネラルマネージャー泉水敬氏の退任。国内Xbox事業におけるアイコン的な存在でもあった同氏の異動は大きな話題を呼びましたが、海外ゲーマーの間からも今回の人事は注目を集めていました。

様々な声が集まるなかで多数見受けられたのは、泉水氏へのねぎらいの言葉。「彼は課された仕事に対し、ベストを尽くしてた」「Xbox 360の頃にサードパーティと良好な関係を築いてきた。ただハードが売れず苦汁を飲むことになったね」と、海外フォーラムでは初代Xbox、Xbox 360の頃にも魅力的な海外/国産コンテンツをユーザーへ提供し続けており、その実績を評価しているゲーマーが散見されました。

なお泉水氏への批判は少ない印象で、「Xbox 360ほども売れていない」「Xbox Oneが何なのかすら知らない人がたくさんいるだろう」などといったハードの不振に対するコメントはいくつかありましたが、「Xbox Oneが日本で売れなかったのは彼のせいではない。日本でのハードビジネス自体が難しい」と泉水氏を責めるのではなく、冷静に日本のゲーム市場の現状を見据えているユーザーも投稿しています。

日本人や日本在住と思しき外国人も同フォーラムへ書き込みを行っており、Xbox Oneのみならず他社製品を含めた全てのゲームハード・ビジネスが、日本では困難であることを理解。「日本では3DSのような、利便性もありカジュアルなゲーム機が流行っている」「先にリリースされた次世代機のPS4ですら、日本で成功しているとは言えない」とのコメントがあり、昨今の国内コンソール業界全体を悲観する声が多くを占めていました。

多くの主要海外サイトも、今後の日本マイクロソフトの人事などを中心に同報をピックアップ。今後泉水氏は、中枢となる米Microsoft本社にて引き続きインタラクティブ・エンターテイメント・ビジネス ゼネラルマネージャーとしてXboxを支えてゆくことになるため、改めて同氏が国内ファンの前にも姿を表す機会が来るかもしれません。
《Game*Spark》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

マイクロソフト アクセスランキング

  1. 【E3 2017】Microsoftが「Xbox One X」を海外向けに発表

    【E3 2017】Microsoftが「Xbox One X」を海外向けに発表

  2. フルHD画質!『ソウルキャリバー』、Xbox LIVEアーケードで今夏復活

    フルHD画質!『ソウルキャリバー』、Xbox LIVEアーケードで今夏復活

  3. マイクロソフトの新型モーションコントローラー「Kinect」、11月20日発売決定

    マイクロソフトの新型モーションコントローラー「Kinect」、11月20日発売決定

  4. Xbox One向け『ニーア オートマタ』発表!発売は6月26日【E3 2018】

  5. 「Xbox 360 感謝祭 in AKIBA」6月17日開催 ― コアな試遊タイトルが目白押し

  6. 【プレイレビュー】3DS版発売を前に前作『カルドセプト サーガ』を予習プレイ ~後編~

  7. 【E3 2010】ハドソン、Kinect for Xbox 360専用ソフト『DECA SPORTS FREEDOM』E3で初披露

  8. 【GDC 2013】Xbox360でもっとセカンドスクリーン体験を!マイクロソフトの技術講演

  9. 稲船敬二新作『ReCore』ゲームプレイトレイラー公開!海外で9月13日発売

アクセスランキングをもっと見る