人生にゲームをプラスするメディア

Wii Uバーチャルコンソール11月19日配信タイトル ― 『ナッツ&ミルク』『けっきょく南極大冒険(MSX版)』『ボンバーマン‘94』『ぶらぶらドンキー』の4本

任天堂は、11月19日よりWii Uバーチャルコンソールで配信するラインナップを公開しました。

任天堂 Wii U
ナッツ&ミルク
  • ナッツ&ミルク
  • ファミコン初のサードパーティー製ソフト
  • けっきょく南極大冒険 ANTRACTIC ADVENTURE
  • 南極1周を目指すペンギンくんの冒険
  • ボンバーマン‘94
  • 最大5人対戦!王道のボンバーマン
  • ぶらぶらドンキー
  • LRボタンによる移動が特徴のぶらぶらアクション
任天堂は、11月19日よりWii Uバーチャルコンソールで配信するラインナップを公開しました。

11月19日よりニンテンドーeショップにて配信開始となるWii Uバーチャルコンソールタイトルは、ファミコンソフト『ナッツ&ミルク』、MSXソフト『けっきょく南極大冒険 ANTRACTIC ADVENTURE』、PCエンジンソフト『ボンバーマン‘94』、ゲームボーイアドバンスソフト『ぶらぶらドンキー』の4作品です。

『ナッツ&ミルク』は、ファミコン、ひいては日本の家庭用ゲーム機において初めてサードパーティー(ゲームハードの発売元以外のメーカー)から発売されたゲームソフトです。当時の発売元であるハドソンは、本作の発売3日後に『ロードランナー』を連続リリースし、結果的に『ロードランナー』が大ブレイクして有名になりましたが、そのかわいいキャラクターなど『ナッツ&ミルク』も当時のプレイヤーからは高い支持を得ました。今日の「ビデオゲーム」になくてはならない、日本におけるハードメーカーとサードパーティーの関係を築いた記念すべきタイトルと言えます。

◆ナッツ&ミルク


配信予定日:2014年11月19日
価格:514円(税込)

オリジナル版ハード:ファミコン
オリジナル版発売日:1984年7月28日
発売元:ハドソン(現・KONAMI)
ジャンル:パズルアクション

『ナッツ&ミルク』は、1984年にハドソン(現・KONAMI)よりファミコンソフトとして発売されたパズルアクションゲームです。プレイヤーは、主人公「ミルク」となって、大好きなフルーツを食べながら、恋人「ヨーグル」のもとへ向かいます。

ラウンド内にあるすべてのフルーツを食べると、家の中から「ヨーグル」が出現。家にたどり着けばラウンドクリアとなります。ただし、各ラウンドでは、ライバルの「ナッツ」が「ミルク」の邪魔をしてきます。「ナッツ」の邪魔を振り切ってクリアを目指しましょう。交代制の2人プレイのほか、オリジナルステージを作れる「GAME EDITOR」モードも収録しています。

(C)Konami Digital Entertainment

◆けっきょく南極大冒険 ANTRACTIC ADVENTURE


配信予定日:2014年11月19日
価格:823円(税込)

オリジナル版ハード:MSX
オリジナル版発売日:1983年12月
発売元:KONAMI
ジャンル:アクション

『けっきょく南極大冒険 ANTRACTIC ADVENTURE』は、1983年にKONAMIよりMSXソフトとして発売されたアクションゲームです。「ペギコプター」の有無など、同名のファミコンソフトと一部内容が異なります。MSX規格が発表された1983年に発売された、MSX黎明期のタイトルのひとつです。『夢大陸アドベンチャー』は本作の続編にあたります。

かわいい「ペンギン君」が南極大陸一周に挑戦。行く手を阻む穴やクレバス、アザラシなどをスケーティングテクニックでかわしながら制限時間内にゴールを目指します。奥へと進む画面構成で、加速と減速がステージクリアのポイントとなります。左右の移動やジャンプを上手く使い、障害物や敵をかわして先を急ぎましょう。

(C)Konami Digital Entertainment
(C)2014 D4Enterprise Co.,Ltd.
(C)2014 MSX Licensing Corporation All Rights Reserved.
 'MSX' is a trademark of the MSX Licensing Corporation.
原曲 スケーターズワルツ 作曲 Emile Waldteufel

◆ボンバーマン‘94


配信予定日:2014年11月19日
価格:617円(税込)

オリジナル版ハード:MSX
オリジナル版発売日:1993年12月10日
発売元:ハドソン(現・KONAMI)
ジャンル:アクション

『ボンバーマン‘94』は、1993年にハドソン(現・KONAMI)よりPCエンジンソフトとして発売されたアクションゲームで、『ボンバーマン』シリーズ作品のひとつです。時間内に敵を倒して出口を見つける1人プレイはもちろん、最大5人プレイに対応した白熱の対戦を楽しめるマルチプレイも魅力です。

お助けキャラ「ルーイ」はシリーズ初登場。爆弾で壊したブロックから出現するタマゴに飛び乗れば特徴の異なる5種類の「ルーイ」のいずれかに乗ることができます。パワーアップアイテムや「ルーイ」の特徴を使いこなして、ゲームを有利に進めましょう。

(C)Konami Digital Entertainment

◆ぶらぶらドンキー


配信予定日:2014年11月19日
価格:702円(税込)

オリジナル版ハード:ゲームボーイアドバンス
オリジナル版発売日:2005年5月19日
発売元:任天堂
ジャンル:ぶらぶらアクション

『ぶらぶらドンキー』は、2005年に任天堂よりゲームボーイアドバンスソフトとして発売された「ぶらぶらアクションゲーム」です。開発はパオン。ジャングルのヒーローを決める「ジャングルピック」開催直前、「キングクルール」たちによって、そこで渡されるはずだった「ウイナーメダル」が奪われてしまいます。「ドンキーコング」はメダルを取り戻す冒険に旅立ちます。

LRボタンを使ってぶらぶらと取っ手につかまりながら移動する「ぶらぶらアクション」が最大の特徴。左右の手をうまく使って、取っ手を伝って移動しましょう。ステージにはさまざまな仕掛けが用意されており、パズルアクション的な要素も楽しめます。

(C)2004-2005 Nintendo/Paon
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ』里長フゲンに“姪っ子”の存在が発覚!素手でアオアシラを倒すほどの猛者…一部では「あの大団長」を予想する声も

    『モンハンライズ』里長フゲンに“姪っ子”の存在が発覚!素手でアオアシラを倒すほどの猛者…一部では「あの大団長」を予想する声も

  2. 『モンハン』非売品「マガイマガド」「破滅レウス」の金色amiboが、飾りたくなるほど格好良い!6月24日13時のキャンペーン締切迫る

    『モンハン』非売品「マガイマガド」「破滅レウス」の金色amiboが、飾りたくなるほど格好良い!6月24日13時のキャンペーン締切迫る

  3. 『天穂のサクナヒメ』開発者を爆笑させた“肥溜め保存”の日持ち回復がついに修正ー未使用ボイスの実装、犬と猫の同時抱っこなど嬉しい追加要素も【UPDATE】

    『天穂のサクナヒメ』開発者を爆笑させた“肥溜め保存”の日持ち回復がついに修正ー未使用ボイスの実装、犬と猫の同時抱っこなど嬉しい追加要素も【UPDATE】

  4. 『モンスターハンターライズ』好きな武器を教えて!ベテランからビギナーまで、熱いコメント大募集【読者アンケート】

  5. 『モンハンライズ』“斬裂ライト”こと「王牙弩【野雷】」を使いこなす!3分討伐も夢じゃない瞬間火力には、せっかちハンターもニッコリ

  6. 『モンハンライズ』Ver3.1.0配信開始!アップデートに必要な容量は約0.65GBー新たなイベントクエストやDLC追加、不具合修正が中心

  7. スイッチ『ポケモンユナイト』事前DL開始!容量は999MB、ネットワークテストは6月24日12時から

  8. 『メルブラ:タイプルミナ』翡翠&琥珀参戦から新バトルシステムまで!最新情報満載の「発売日決定トレイラー」公開

  9. 『モンハンライズ』最近話題の「KO抜刀大剣」を解説!シリーズ初期を思わせる懐かしい戦法が、現代ハンターには新鮮に映るかも

  10. ギリシャ神話ローグライト『Hades』スイッチ日本語版リリース―国内PS/Xbox版は2021年秋発売予定

アクセスランキングをもっと見る