人生にゲームをプラスするメディア

『パズドラ』自身が究極進化!?課金率低下を解消する"未体験の遊び"とは

ダウンロード数は3000万を超えてなお増え続け、売り上げランキングでも首位に君臨し続けるスマートフォンアプリ『パズドラ』。ですが、ユーザーの課金率は少しずつ落ちてきてしまっています。それを解消すべく、ガンホーが打つ次の一手とは?

モバイル・スマートフォン iPhone
大成功を収めた3DS『パズドラZ』。公式サイトによれば、その出荷数は150万本を突破したそうです
  • 大成功を収めた3DS『パズドラZ』。公式サイトによれば、その出荷数は150万本を突破したそうです
  • 『パズドラZ』シリーズはカードゲームとしてアーケードにも進出。『パズドラZ テイマーバトル』はマーベラスとの共同開発
  • 『パズドラ バトルトーナメント』もアーケードで展開している『パズドラ』。開発はスクウェア・エニックスです
  • こちらは『パズドラ』ではなくミストウォーカーの『テラバトル』。最近は完結するストーリーがあるスマホアプリも増えてきました
『パズドラ』の課金率が低下している――。スマートフォンアプリの王者『パズル&ドラゴンズ』を擁するガンホー・オンライン・エンターテイメントは、2014年12月期第3四半期決算説明会でそう発表しました。その状況を打破するため、ガンホーはこれからどんな手を打ってくるのか、現状をおさらいしつつ考えてみましょう。

◆課金率が多少落ちても王者の座は揺るがず


まず最初に述べておきたいのは、だからといって「パズドラももう終わりだな」などと言ってしまえるような状況にはまだまだ程遠いということです。課金率が落ちたとしながらも『パズドラ』は今もiPhone、iPadの両部門で売り上げランキング1位に輝いていますし、そのダウンロード数はついに3100万をも超えました。ですが、同作が配信開始となったのは2012年2月のこと。3周年が見えてくるころとなれば、多少は課金率も落ちてくるというものでしょう。

『パズドラ』はこれまでにも、3DSに『パズドラZ』、アーケードに『パズドラZ テイマーバトル』に『パズドラ バトルトーナメント』、スマートフォン用に『パズドラW』とさまざまな展開をしてきました。『パズドラZ』が約150万本の大ヒットとなったように、どれも個々のタイトルとしては成功したのかもしれません。ですが、これらのタイトルは本家『パズドラ』に(長期的な)利益をもたらすにはいたらなかった……とも言うことができます。

◆ライトユーザーをヘビーユーザーに育成?


スマートフォン版を全盛期のように盛り上げるには、スマートフォン版自身にテコ入れをすべきと判断したのか、ガンホーはこの事態を打破する施策をいくつかあげています。

■施策
・まとまった時間のプレイが可能になる「スタミナ回復時間の短縮」
・ゲーム内通貨を活用した「コインダンジョン」の実装
・高レベル帯ユーザーに向けた「チャレンジダンジョン」の実装

この施策を見て「あれ?」と感じた方もいるかもしれません。スタミナの回復時間が短くなったり、ゲーム内通貨で新たな遊びができたり……。そう、これらは見方によっては「今よりもさらに無料でタップリ遊べるようになる」ということでもあるんですね。ですが、ガンホーはこれを課金率を向上させるための手段として挙げています。

もちろん、ユーザーの母数が増えればそれだけ課金をしてくれる人の数も増えますので、そういう意味では無料でよりじっくりと遊べるようにするのも課金率の向上にはつながるかもしれません。ですが、今となってはユーザーの母数を増やすにも限度があります。そうなると、この施策の狙いはユーザー数増加よりも「ライトユーザーをヘビーユーザーへと育て上げる」ことなのかもしれません。

第3四半期決算説明会の資料には「2015年から"未体験の遊び"を提供」すると書かれています。『パズドラ』以外の人気ソーシャルゲームに目を向けてみると、最近は『ドリランド』や『ガールフレンド(仮)』のようにアニメ化されたり、『チェインクロニクル』や『テラバトル』のようにきちんと完結することを前提としたストーリーが用意されたりという変化が目に入ります。

『パズドラ』に登場するモンスターのように、『パズドラ』自身を究極進化させるための素材は一体何になるのでしょうか。年末から2015年にかけて『パズドラ』が拓こうとする新境地がどのようなものになるのかに注目です。

(C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
(C) GungHo Online Entertainment, Inc. / Marvelous Inc.
(C) GungHo Online Entertainment, Inc. / SQUARE ENIX CO., LTD.
(C) MISTWALKER
《蚩尤》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 「グレイドドラゴン」を安定攻略!弱点尽くしの“まとい三閃斬り”が大活躍【ドラクエウォーク 秋田局】

    「グレイドドラゴン」を安定攻略!弱点尽くしの“まとい三閃斬り”が大活躍【ドラクエウォーク 秋田局】

  2. 『ウマ娘』アニメ「うまよん」Blu-ray BOX特典が豪華過ぎる…!★3/SSR確定ガチャチケットを付属

    『ウマ娘』アニメ「うまよん」Blu-ray BOX特典が豪華過ぎる…!★3/SSR確定ガチャチケットを付属

  3. 『ウマ娘』NHK音楽番組「シブヤノオト」に再び出演!ユーザーからは「この勢いで紅白も!」と期待の声

    『ウマ娘』NHK音楽番組「シブヤノオト」に再び出演!ユーザーからは「この勢いで紅白も!」と期待の声

  4. toi8氏が『ウマ娘』樫本代理のイラスト投稿!きなこ棒片手に微笑み…その優しい顔は「いいね」1.9万超え

  5. 『アクション対魔忍』不死身お姉さんも真面目にアクション!新プレイアブルキャラ「八津紫」参戦―箱化なんてするわけないだろ、たぶん…

  6. 無駄遣い厳禁!「2周年こころメダル」の使い道に迷ったら、「性能」or「コレクション」で選べ【ドラクエウォーク 秋田局】

  7. 『プロジェクトセカイ』1周年リアルイベントは、愛があふれたお祭りに! 展示スペース&ステージイベントの熱気を現地からお届け【1日目】

  8. 金のタマゴ10連&継承玉100連した結果が恐ろしい…!我らが向き合う現実を乗り越えていけ【ドラクエウォーク 秋田局】

  9. 『原神』甘雨の髪がなびき、視線が合う…! 導入簡単&無料の壁紙アプリ『N0va Desktop』に新たな一枚が登場

  10. 「仲間モンスター」でパーティを組むコツを伝授!性格・スキル・素質・特性をしっかり理解しよう【ドラクエウォーク 秋田局】

アクセスランキングをもっと見る