人生にゲームをプラスするメディア

『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』参戦キャラ「キリト」「アスナ」「高坂桐乃」「平和島静雄」の開発者コメントが公開

セガは、2D対戦格闘ゲーム『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』の最新情報を公開しました

ソニー PS3
キリト
  • キリト
  • スネークバイト
  • 二刀流
  • アスナ
  • クライマックスアーツ
  • 鉄拳正妻
  • 高坂桐乃
  • 桐乃七変化
セガは、2D対戦格闘ゲーム『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』の最新情報を公開しました

『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX(ファイティング クライマックス)』は、「灼眼のシャナ」の「シャナ」や「ソードアート・オンライン」の「アスナ」など、電撃文庫のキャラクターが作品の枠を越えて対戦する2D対戦格闘ゲームです。

今回は、本作に参戦するキャラクター「キリト」「アスナ」「高坂桐乃」「平和島静雄」の情報が公開されました。原作である電撃文庫作品からどのように格闘ゲームのキャラクターとして制作されたのか、開発者のコメントと共に一挙ご紹介します。

◆キリト


CV:松岡禎丞さん
「ソードアート・オンライン」(著:川原 礫 イラスト:abec)から参戦

■原作設定
≪ソードアート・オンライン≫でも最強と名高い≪黒の剣士≫。エクストラスキル≪二刀流≫を駆使し、≪SAO≫をゲームクリアに導いた。アスナの恋人。直葉という妹がいる。

■開発コメント
「エクストラスキル・二刀流」はキリトの代名詞的な行動なので絶対に技として入れようと決めていましたが、いざ作り始めると、単純に書く枚数が倍なので非常に苦労しました(笑)。またこの技は、技のヒット時にボタン連打で技がつながってゆくという、簡単コンボシステム的特徴もありますが、これはキリトがALOで考案したシステム外スキル「スキルコネクト」を意識してそういった簡単スキルコネクト仕様を入れたものになっています。スネークバイト」は一瞬で2回切る技という設定がありますが、画面では1回斬ったように見えます。ですが、ヒット数はちゃんと「2」になってますし、エフェクトも円のようですが実は左右から2本伸びて敵を攻撃しているという、芸の細かい技になっています。

◆アスナ


CV:戸松 遥さん
『ソードアート・オンライン』(著:川原 礫 イラスト:abec)から参戦

■原作設定
≪アインクラッド≫の中でも最強と名高いギルド『血盟騎士団(KoB)』の副団長。レイピア≪ランベントライト≫を駆使した剣技の速さは凄まじく、≪閃光≫の異名を持つ。キリトの恋人。

■開発コメント
「鉄拳正妻」はキリトくんに「今夜は一緒にいたい」と言われて勘違いしたアスナが出した一撃を再現したもので、技名がひとつのこだわりになっています(笑)。アスナの代表的な行動ではあるのですが、すこしアスナから外れた「ギャグより」な印象もあるものなので、数に制限のある「切り札」とした経緯があります。原作に「右上から五連撃、左上から五連撃、そしてその交点を1突きする神速の技」という記述のあるソードスキルですが、ヒット数を11にしているのに加え、実は、画面に表示される「星のようなヒットエフェクト」が画面正面から見てそうなるようになっており、マザーズロザリオを知っている人であればなるほど、と言ってもらえるような演出をしています。

◆高坂桐乃


CV:竹達彩奈さん
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」(著:伏見つかさ イラスト:かんざきひろ)から参戦

■原作設定
スポーツ万能、成績優秀、容姿端麗と全てが完璧に揃った中学二年生の少女。ただし、「妹もの」のエロゲーが好き、という超特殊な趣味を持つ。兄・京介とは冷戦状態。

■開発コメント
桐乃は「コスプレファイター」というコンセプトだったので、制服をはじめとして、セガの宣伝隊長服や黒猫の服、 メルルや水着のコスプレなど技毎に原作に登場する様々な衣装が登場しますが、実はキャラクター1人分のデータ容量は決まっているので、その中でこれだけの衣装を実現するのは非常に困難でした。最終的には「絶対にこの衣装は出す!」という熱い思いと緻密な計算で可能にしました。そういった制作レベルでのこだわりがあります。桐乃のクライマックスアーツ「きゃとる☆みゅーてぃれーしょん」で出てくるUFOキャッチャーは、実は絵素材、音素材ともにセガのメカ研から本物のキャッチャー素材を入手して作ってまして、まさにこだわり感バツグンの必殺技になっています。

◆平和島静雄


CV:小野大輔さん
「デュラララ!!」(著:成田良悟 イラスト:ヤスダスズヒト)から参戦

■原作設定
いつもバーテン服姿の借金取り立て屋。曲がったことや理不尽なことを嫌い、キレると池袋最強と名高い。池袋で自動販売機や標札が飛ぶのを目撃した場合、彼の仕業であることが多い。

■開発コメント
静雄はカラーバリエーションに凝っていまして、通常はベストを着ているのですが、カラーによっては長そでになったりと、全体的に違った印象が出るようにしています。来神高校の「学生服」カラーも用意していますよ!!←乱舞型のクライマックスアーツは全員発生時に無敵時間を持っているのですが、静雄だけは無敵ではなくアーマー状態になっています。これは静雄の「やられても我慢して突進する」部分を表現したものになっています。実は「うぜええええ!」のEX版もその効果がついていますね。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

また、本作の公式サイトで「ソードアート・オンライン」の担当編集者土屋さんによる本作の見所などについてのインタビューが掲載されているのでこちらもチェックしてみてください。

『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』は、2014年11月13日発売予定。価格は、PS3版が6,980円(税抜)、PS Vita版が6,170円(税抜)です。

(C)SEGA (C)2014 KADOKAWA アスキー・メディアワークス
《ひびき》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』超大型DLC「アイスボーン」や『ウィッチャー3』コラボ、新歴戦王など―新情報をまとめてお届け

    『モンハン:ワールド』超大型DLC「アイスボーン」や『ウィッチャー3』コラボ、新歴戦王など―新情報をまとめてお届け

  2. 『バトルフィールドV』、元1等陸尉がその戦場を歩く-マルチで戦車に乗ってみた編

    『バトルフィールドV』、元1等陸尉がその戦場を歩く-マルチで戦車に乗ってみた編

  3. 『クラッシュ・バンディクー レーシング - ブッとびニトロ!』国内発売決定!―トレイラー公開

    『クラッシュ・バンディクー レーシング - ブッとびニトロ!』国内発売決定!―トレイラー公開

  4. 『モンハン:ワールド』×『ウィッチャー3』コラボ決定、ゲラルトさんが新大陸に!開催は2019年初頭を予定

  5. 『モンハン:ワールド』大型拡張DLC「アイスボーン」発表!「“G”相当の大ボリューム」と明言

  6. 『NieR:Automata Game of the YoRHa Edition』2019年2月21日発売決定!ゲーム本編にDLCや各種特典を追加した特別版

  7. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  8. 『Fate/EXTELLA LINK』シャルルマーニュのカッコ良さに中二病が呼び覚まされる-佃プロデューサーへのプチインタビューも【プレイレポ】

  9. 『キャサリン・フルボディ』新キャラクター「リン」に翻弄される、浮気男たちの運命は…?

  10. 「キムタクを動かせる」想像できない未来を実現した『JUDGE EYES』―名越総合監督と細川Pに訊く【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る