人生にゲームをプラスするメディア

「世界コスプレサミット」と東京国際映画祭がコラボ、22カ国・地域から44人が集結

その他 全般

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
10月26日の第27回東京国際映画祭では、2003年より毎年名古屋で開催されている「世界コスプレサミット(WCS)」とのコラボレーションステージが開催された。
ステージには、フランス、ドイツ、タイ、デンマーク、香港、台湾など世界22の国と地域からトップコスプレイヤー合計44人が集結し、力の入ったパフォーマンスで魅了してくれた。MCはケン・マスイさん、ゲストMCは岸田メルさん。

WCSは、まだ「クールジャパン」という言葉が一般的ではなかった2003年にテレビ愛知によって企画・開催されたのが始まりで、規模は年々拡大。2010年からはゲームのキャラクターでのコスプレもOKとなりさらに参加者は増え、2014年には22カ国・地域から参加者が集まった上、パブリックビューイングも行われるようになった。
この他の国でも参加希望者の多い、世界的人気イベントなのだ。東京国際映画祭とWCSがコラボするのは今回が初。

ステージではまず各国のコスプレイヤーが一堂に会し自作のコスプレを披露。『新世紀エヴァンゲリオン』の使徒、綾波レイや式波・アスカ・ラングレーなどエヴァ人気が高いようだ。『ふしぎの海のナディア』『フリクリ』『シュガシュガルーン』『トップをねらえ2!』のキャラクターに扮したコスプレイヤーもいた。
トークでは、「庵野秀明大好きコスプレイヤー」を集め「なぜその作品を選んだか」「好きなシーン」などの質問が行われそれぞれのアニメ愛を語ってくれた。

2014年に初優勝を飾った「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」コスプレのロシアチームは、ストーリー終盤のゼルダ姫とリンクのソードアクションをコメディアレンジを加えて熱演。インドネシア、イギリス、フィンランドチームなどもパフォーマンスを披露し観客もコスプレイヤーも興奮の中、ステージは幕を閉じた。
[川俣綾加]

世界のトップコスプレイヤーが東京国際映画祭を祝福 22カ国・地域から44人が集結

《川俣綾加》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 人気アニメ「キルラキル」が対戦アクションゲーム化!『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』発表

    人気アニメ「キルラキル」が対戦アクションゲーム化!『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』発表

  2. 【昨日のまとめ】『FGO』コスプレしてみたいサーヴァント結果発表、『ポケモンGO』色違いヨーギラスをゲットできた?、『ZOIDS FIELD OF REBELLION』はどういうゲームだったのか…など(6/16)

  3. 「クレしん」"シロ"がシロの飼い主に!? しんのすけ新声優・小林由美子さんにTwitterの反応は?

  4. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  5. 数々の発表を振り返る!「E3 2018」各社プレスカンファレンスひとまとめのひとまとめ

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 『RAGE 2018 Summer』バーチャルYouTuberのゲーム大会実施!-レギュレーションは後日公開

アクセスランキングをもっと見る