人生にゲームをプラスするメディア

【DCE 2014】22世紀の未来がきた!?VRで、ドラえもんの「どこでもドア」を疑似体験

その他 フォトレポート

【DCE 2014】22世紀の未来がきた!?VRで、ドラえもんの「どこでもドア」を疑似体験
  • 【DCE 2014】22世紀の未来がきた!?VRで、ドラえもんの「どこでもドア」を疑似体験
  • 【DCE 2014】22世紀の未来がきた!?VRで、ドラえもんの「どこでもドア」を疑似体験
  • 【DCE 2014】22世紀の未来がきた!?VRで、ドラえもんの「どこでもドア」を疑似体験
「ドラえもんのひみつ道具を何か1つ使えるなら」……。一度はそんなことを考えたことはありませんか? そして、そうした話題のときに定番で挙げられる道具といえば、タケコプターやタイムマシン、どこでもドアではないでしょうか。10月23日(木)から26日(日)まで東京・日本科学未来館で開催されている、コンテンツ技術をテーマとした国際イベント「DIGITAL CONTENT EXPO」では、そんなどこでもドアを疑似体験させてくれるブースがありました。

実物大……というにはやや大きい(150cmくらいはありました)ドラえもんがお出迎え

そのブースとはプロノハーツとエクシヴィによるそのままズバリの「どこでもドア」ブース。東京ゲームショウでも出典されていたヘッドマウントディスプレイ「Oculus Lift(オキュラス リフト)」でおなじみのOculus VR社と、Samsung社が共同開発したヘッドマウントディスプレイ「GearVR」がその疑似体験を可能にしてくれました。どこでもドアを模したドアをくぐって専用のスペースに入ると、Samsung製のスマートフォンがセットされた「GearVR」を装着していよいよ体験スタート。

スマートフォンをセットしたHMDを装着して、どこでもドアのように手軽な海外旅行へ!?

美術館やワイキキのビーチなど、複数の場所から好きな場所を選んで瞬時にジャンプ。前後左右から上下にいたるまで、首を動かすことで視点が切り替わる迫力の映像が楽しめます。さらに「ドラえも~ん」と口に出して呼ぶと画面に矢印が出現。そちらの方向をずっと見ていると、遠くからドラえもんがタケコプターで飛んできて挨拶してくれるという遊びも用意されており、気分は完全にのび太くんです。
世界のどこでも呼べばすぐに来てくれる安心感はまさしくドラえもん!?

去る7月にフランスで開催された「Japan Expo」に出典した際には、専用スペース内の壁を覆うシートに体験者が見ているのと同じ映像を投影することで「ドアを開けたらそこは違う場所」という演出をしていたそうですが、今回はハードウェアを新しいものに換装した影響で残念ながら調整が間に合わなかったとのこと。ですが、実際に「GearVR」を着けての体感には何の遜色もありません。来場したなら、ぜひ足を運んでいただきたいブースでした。

(C) 2014 DIGITAL CONTENT EXPO. ALL RIGHTS RESERVED.
《蚩尤》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

    【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  2. 「シュタインズ・ゲート ゼロ」展が全国4会場で同時開催決定!

  3. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  4. 人気アニメ「キルラキル」が対戦アクションゲーム化!『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』発表

  5. 「クレしん」"シロ"がシロの飼い主に!? しんのすけ新声優・小林由美子さんにTwitterの反応は?

  6. 数々の発表を振り返る!「E3 2018」各社プレスカンファレンスひとまとめのひとまとめ

アクセスランキングをもっと見る