人生にゲームをプラスするメディア

【DCE 2014】OculusによるVR綱渡りを体験!仮想空間なのに、恐怖感で足が竦む

その他 フォトレポート

【DCE 2014】OculusによるVR綱渡りを体験!仮想空間なのに、恐怖感で足が竦む
  • 【DCE 2014】OculusによるVR綱渡りを体験!仮想空間なのに、恐怖感で足が竦む
  • 【DCE 2014】OculusによるVR綱渡りを体験!仮想空間なのに、恐怖感で足が竦む
  • 【DCE 2014】OculusによるVR綱渡りを体験!仮想空間なのに、恐怖感で足が竦む
  • 【DCE 2014】OculusによるVR綱渡りを体験!仮想空間なのに、恐怖感で足が竦む
  • 【DCE 2014】OculusによるVR綱渡りを体験!仮想空間なのに、恐怖感で足が竦む
  • 【DCE 2014】OculusによるVR綱渡りを体験!仮想空間なのに、恐怖感で足が竦む
  • 【DCE 2014】OculusによるVR綱渡りを体験!仮想空間なのに、恐怖感で足が竦む
  • 【DCE 2014】OculusによるVR綱渡りを体験!仮想空間なのに、恐怖感で足が竦む
10月23日から26日まで、東京・日本科学未来館にて「DIGITAL CONTENT EXPO」が開催されています。

「DIGITAL CONTENT EXPO」は、コンテンツ技術をテーマとした国際イベント。特に今年は、「Oculus Rift」や「Kinect」を使った作品が多く出展されていました。この記事では、大阪大学の「渡る世間は綱渡り」をお届けします。



「渡る世間は綱渡り」は、「Oculus Rift」を使ったデモです。面白いのは、ベルトコンベアの様に動き、そして揺れる床が設置される点。この床とVRによって不安定な綱の上を歩く感覚を実際に体験することができます。正直な所、体験する前は「いくらVRでも床の幅は以外と広いし楽勝だろ。」と思っていました。が、床に乗る最初の一歩が出来ません。ちゃんと恐怖感があるんです。





「VRに感覚的な要素が加わると、こうもリアリティが増すのか…」などと思いながら数秒後、なんとか一歩を踏み出すも、まったくバランスが取れずグラグラする始末。結局スタッフに支えられながら進むという残念な絵になってしまいました。



《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「私、強いよ」ー『ナルティメットストーム』をやりこむ中国人気コスプレイヤー茶叶小果に聞く中国オタク事情

    「私、強いよ」ー『ナルティメットストーム』をやりこむ中国人気コスプレイヤー茶叶小果に聞く中国オタク事情

  2. 「セガサターン体組成計」発売するも即品切れ状態に―セガの中の人も購入できず

    「セガサターン体組成計」発売するも即品切れ状態に―セガの中の人も購入できず

  3. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』Ver.3.0の注目ブキ10選、iOS/Android『PUBG MOBILE』5月中旬より配信、『アズレン』高難易度クエスト攻略のススメ…など(4/25)

    【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』Ver.3.0の注目ブキ10選、iOS/Android『PUBG MOBILE』5月中旬より配信、『アズレン』高難易度クエスト攻略のススメ…など(4/25)

  4. カプコン、コーエーテクモから提訴されていた審決取消訴訟に勝訴

  5. ローソン新商品「食べマスモッチ 星のカービィ」食レポ―小さいクセに腹持ち良いぞ!

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 「レディ・プレイヤー1」は映画というポップカルチャーを体現した作品だった―CGの向こう側に見えるオタクたちの「オアシス」【レビュー】

  8. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  9. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  10. 12年ぶり完全新作「ゾイドワイルド」発表!2018年6月より展開、スイッチでのゲーム化も予定

アクセスランキングをもっと見る