人生にゲームをプラスするメディア

子供や海外の人に分かりやすく…「将棋」に新たなデザインを提案した画像が話題に

日本で古来より親しまれている将棋。双方の大将を取り合うボードゲームとしてはチェスなどもありますが、相手の駒を取った後に自分の駒として使用できる「持ち駒」などの独自性が特徴的で、プロからアマチュアまで今も多くの方が楽しんでいます。

その他 玩具
子供や海外の人に分かりやすく…「将棋」に新たなデザインを提案した画像が話題に
  • 子供や海外の人に分かりやすく…「将棋」に新たなデザインを提案した画像が話題に
日本で古来より親しまれている将棋。双方の大将を取り合うボードゲームとしてはチェスなどもありますが、相手の駒を取った後に自分の駒として使用できる「持ち駒」などの独自性が特徴的で、プロからアマチュアまで今も多くの方が楽しんでいます。

本格的な駒や盤から、マグネットにより場所を選ばず遊べるポータブルなものまで、その形や在り方も様々あります。しかし盤はともかく、駒の形やデザインなどは概ね近しいものとなっており、デザインに統一感があるため違和感なく遊びやすい土壌が整っている環境と言えるでしょう。

しかし初めて将棋に触れるという子供や、漢字が難しい海外の方にとっては、ややハードルが高いデザインなのかもしれません。その疑問に一石を投じ、新たな将棋のデザインを提案した画像がネットの一部で話題を呼んでいます。



「子供や海外の人に分かりやすく」を目指した新しい将棋のデザインを自身のTwitterアカウントにて発表した「フーワ」さん。そのツイートは大きな反響を呼び、4400を超えるリツイートを達成。この反応に手応えを感じた「フーワ」さんはトリマーとテーブルソーを購入し、製作に向けての本格的な準備へと入りました。



デザインを更にリニューアルした後も、自軍と相手軍で駒の色を変えると持ち駒の関係で問題が生じる点などの指摘を受け止めており、今後も一層の発展を遂げるものと思われます。どのような完成形が見られるのか、実に楽しみですね。気になる方は「フーワ」さんのツイートをチェックしておきましょう。

■「フーワ」さん Twitter
URL:https://twitter.com/fuuuwa
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

    【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  2. なぜ『聖剣伝説3』のリースは20年以上愛されているのか?―その魅力ポイントを解説【特集】

アクセスランキングをもっと見る