人生にゲームをプラスするメディア

子供や海外の人に分かりやすく…「将棋」に新たなデザインを提案した画像が話題に

日本で古来より親しまれている将棋。双方の大将を取り合うボードゲームとしてはチェスなどもありますが、相手の駒を取った後に自分の駒として使用できる「持ち駒」などの独自性が特徴的で、プロからアマチュアまで今も多くの方が楽しんでいます。

その他 玩具
子供や海外の人に分かりやすく…「将棋」に新たなデザインを提案した画像が話題に
  • 子供や海外の人に分かりやすく…「将棋」に新たなデザインを提案した画像が話題に
日本で古来より親しまれている将棋。双方の大将を取り合うボードゲームとしてはチェスなどもありますが、相手の駒を取った後に自分の駒として使用できる「持ち駒」などの独自性が特徴的で、プロからアマチュアまで今も多くの方が楽しんでいます。

本格的な駒や盤から、マグネットにより場所を選ばず遊べるポータブルなものまで、その形や在り方も様々あります。しかし盤はともかく、駒の形やデザインなどは概ね近しいものとなっており、デザインに統一感があるため違和感なく遊びやすい土壌が整っている環境と言えるでしょう。

しかし初めて将棋に触れるという子供や、漢字が難しい海外の方にとっては、ややハードルが高いデザインなのかもしれません。その疑問に一石を投じ、新たな将棋のデザインを提案した画像がネットの一部で話題を呼んでいます。



「子供や海外の人に分かりやすく」を目指した新しい将棋のデザインを自身のTwitterアカウントにて発表した「フーワ」さん。そのツイートは大きな反響を呼び、4400を超えるリツイートを達成。この反応に手応えを感じた「フーワ」さんはトリマーとテーブルソーを購入し、製作に向けての本格的な準備へと入りました。



デザインを更にリニューアルした後も、自軍と相手軍で駒の色を変えると持ち駒の関係で問題が生じる点などの指摘を受け止めており、今後も一層の発展を遂げるものと思われます。どのような完成形が見られるのか、実に楽しみですね。気になる方は「フーワ」さんのツイートをチェックしておきましょう。

■「フーワ」さん Twitter
URL:https://twitter.com/fuuuwa
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》
臥待 弦(ふしまち ゆずる)

楽する為に努力する雑食系ライター 臥待 弦(ふしまち ゆずる)

世間のブームとズレた時間差でファミコンにハマり、主だった家庭用ゲーム機を遊び続けてきたフリーライター。ゲームブックやTRPGなどの沼にもどっぷり浸かった。ゲームのシナリオや漫画原作などの文字書き仕事を経て、今はゲーム記事の執筆に邁進中。「隠れた名作を、隠れていない名作に」が、ゲームライターとしての目標。隙あらば、あまり知られていない作品にスポットを当てたがる。仕事は幅広く募集中。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. ガンプラの新ブランド「MGSD」正式発表!第1弾として「フリーダムガンダム」が2023年1月に発売決定

    ガンプラの新ブランド「MGSD」正式発表!第1弾として「フリーダムガンダム」が2023年1月に発売決定

  2. 「少年ジャンプ+」でホロライブ「秘密結社holoX」が漫画化!誕生秘話を描くわちゃカワコメディ

    「少年ジャンプ+」でホロライブ「秘密結社holoX」が漫画化!誕生秘話を描くわちゃカワコメディ

  3. 【コスプレ】『リコリコ』『ラブライブ!』に『みなみけ』も!「acosta!」池袋に集ったアニメ美麗レイヤー6選【写真25枚】

    【コスプレ】『リコリコ』『ラブライブ!』に『みなみけ』も!「acosta!」池袋に集ったアニメ美麗レイヤー6選【写真25枚】

  4. 【コスプレ】「にじさんじ」秋の文化祭「にじフェス」開催!フェスに合わせて「にじさんじ」レイヤーをまとめてお届け!!【写真81枚】

  5. 【コスプレ】新地域スメール実装でますます盛り上がる『原神』がコスプレ界でも熱い!「acosta!」参加の美麗レイヤー5人【写真19枚】

  6. 【コスプレ】もはや本物!「acosta!」に登場したクレーのクオリティの高さに脱帽!!注目レイヤー・夕羽紅鶴【写真9枚】

  7. 【コスプレ】『プロセカ』に『アイマス』、個人VTuberも!バリエーションに富む「acosta!」参加美麗レイヤー3選【写真10枚】

  8. 【コスプレ】ペルソナ5からSAO、エヴァまで集めました!「メガネの日」美女レイヤー5選【写真47枚】

  9. 「桜花賞」出走馬の「メイケイエール」オーナーが『ウマ娘 プリティーダービー』参戦に立候補

  10. 「MG 1/100 ゼータガンダム Ver.Ka」発表!TVシリーズでの姿を追求した、ブランド20周年目の新たな挑戦

アクセスランキングをもっと見る