人生にゲームをプラスするメディア

海外の開発者がゲイブ・ニューウェルへ殺害予告、ゲームがSteamから撤去される

海外のとある開発者がValveとのいざこざの中でヘッドであるゲイブ・ニューウェルへと殺害予告をツイートし、ゲームがSteamから撤去されたとのニュースが報じられています。

その他 全般
海外のとある開発者がValveとのいざこざの中でヘッドであるゲイブ・ニューウェルへと殺害予告をツイートし、ゲームがSteamから撤去されたとのニュースが報じられています。

問題の人物はFPS『Paranautical Activity』を開発したMike Mulbeck氏。Mulbeck氏は海外メディアPolygonを通してこの事実を認めており、「自分の人生数年をかけたプロジェクトなんだ、Valveによる失敗にとても苛立っていた」と釈明しています。

Mulbeck氏の報告によれば、『Paranautical Activity』の発売がValve側の都合によりズレ込んだほか、発売開始時に誤って「早期アクセス」にカテゴライズされたとのこと。さらに担当者の対応する姿勢にも苛立っていた模様です。彼はTwitter上にて「クソSteamが俺から金をブン取りやがって。俺のゲームをクソ早期アクセスだと間違えて伝えやがって」などと口汚く罵ったあと、「ゲイブニューウェルを殺してやる。奴は死ぬ」と問題のツイートを発信しました。

この件に関してValveのDoug Lombardi氏は、殺害予告を受けてゲームの販売ページを削除し開発者との関係を打ち切ったとコメントし、今回の騒動があったことを認めています。

海外の開発者がゲイブ・ニューウェルへ殺害予告ツイート、ゲームがSteamから撤去される

《ishigenn》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【週刊インサイド】『ポケモンGO』嬉しい布石が見えたアップデートに関心集まる─手塚キャラの美少女化ゲーム『絵師神の絆』の続報も注目の的

    【週刊インサイド】『ポケモンGO』嬉しい布石が見えたアップデートに関心集まる─手塚キャラの美少女化ゲーム『絵師神の絆』の続報も注目の的

  2. 「コナン」最新刊で

    「コナン」最新刊で"黒ずくめの組織"ボスの正体判明! 灰原哀、TVCMで24年越しの真実語る

  3. 「もっとちこう寄ります?」『FGO』酒呑童子を“現界させた”中国コスプレイヤーw百合欧皇子wインタビュー

    「もっとちこう寄ります?」『FGO』酒呑童子を“現界させた”中国コスプレイヤーw百合欧皇子wインタビュー

  4. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  5. セガサターンとのコラボプレーヤー『CT10 セガサターン』発売決定!初期型カラーと後期型カラー、各色限定500台を用意

  6. 【コスプレ】TGS2018最終日を彩った美女コスプレイヤーまとめ【写真161枚】

  7. ドワンゴのゲームプロジェクト発表番組が10月25日に放送決定!宮崎駿氏が映像出演

アクセスランキングをもっと見る