人生にゲームをプラスするメディア

子供たちに砂遊びを・・・ナムコ、百貨店に「砂場」を展開

その他 アーケード

「あそびパーク」イメージ
  • 「あそびパーク」イメージ
  • 「データカードダスステーション」イメージ
ナムコは初の業態として、大分県最大の百貨店「トキハ本店」に、砂場施設「あそびパーク」とカードダスの遊び場「データカードダスステーション」(両店を合わせた店名「namcoトキハ本店」)を23日に出店すると発表しました。

「あそびパーク」は、真っ白な砂場を備え、親子のコミュニケーションや想像力と創造性を喚起する遊び場を提供するナムコの新業態で、これまで全国14店舗を展開。百貨店内に出店するのは初の試みです。施設は10分170円の時間課金制。

今回から新しく「砂の造形あそび」を取り入れ、従来の"さらさら"ホワイトサンドに加えて、オーストラリア産のホワイトサンドを加工し、水に浸さなくとも自由な形に固まる砂を用意。子供たちが楽しく砂に触れ合い、様々な形を楽しめるようになっています。誤飲しても大丈夫な配慮がされていて、対象年齢は0才児から。

「データカードダスステーション」は様々な人気「データカードダス」を取り揃えた遊び場。定期的に公式ゲーム大会も開催されます。こちらも百貨店への出店は初となります。
《土本学》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

    【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

  2. 【特集】ゲームタイトルを関西弁にしてみたら面白かった8選

    【特集】ゲームタイトルを関西弁にしてみたら面白かった8選

  3. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  4. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  5. 【昨日のまとめ】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明監修の「人造人間21号」真の姿とは、「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編、バンダイナムコが動画配信サービスを立ち上げ…など(1/22)

  6. 「EVO Japan」にてe-Sportsを語るトークイベント「ゲームセンター文化のゆくえ」を1月27日に開催

  7. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  8. アニメ「レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~」2018年4月放送開始!

  9. バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

アクセスランキングをもっと見る